So-net無料ブログ作成

ハイキュー!! ショーセツバン!! [ハイキュー!!]

お試しで「ハイキュー!! ショーセツバン!!」も購入しました。
06HQ_novel.jpg

ハイキュー!! ショーセツバン!! 11 (JUMP j BOOKS)

ハイキュー!! ショーセツバン!! 11 (JUMP j BOOKS)

  • 作者: 星 希代子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: 新書

関連記事
【ねんどろいど 及川徹(ハイキュー!!)その1】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-05-15

【感想@アニメ「ハイキュー!!」劇場版総集編 前編:才能とセンス】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-06-29-1
【感想@アニメ「ハイキュー!!」劇場版総集編 後編:コンセプトの戦い】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-04-2



こちらは集英社から出ている小説本で、
原作者の古舘春一先生がイラストを寄稿されていることから、
公式と呼べる書籍なのですが……私には読むのが辛かったです。


まず、1巻「烏野強化合宿」のプロローグについて。
同人誌やpixivなどでファン小説を読もうとする時は、
ポエム表記があるのをなるべく避けているので、
まさか公式扱いの書籍で出くわすとは思ってもみませんでした。
(プロの作家さんの作品ではまずありません)



そして私が読みづらいと思った最大の問題は、
縦書きの作品なのに、
キャラクターの名前などの固有名詞以外は、
漢数字が使われていない点です。
これが横書きの小説なら分かります。
加えて、漫画でも台詞は縦書きですが、
敢えて数字で表記されている部分がありますので、
もしかしたらこの小説はそれに合わせたのかもしれませんが、
とにかく違和感が強すぎて、私はまともに読めませんでした。
漫画「ハイキュー!!」は週刊少年ジャンプに掲載されており、
小説版の読者もきっと子供が多いだろうから、わざとそうした
……という理由かもしれません。
私としては、最も多い読者が子供かもしれないからこそ、
寧ろこういった手に取りやすい本に頑張ってもらって、
読書の練習に役だってほしいです。


内容は、原作やアニメの補足で、
作中の大きな出来事の裏話や後日談といったものでした。
上記のとおり、古舘先生が表紙や挿絵を描いているので
(挿絵はペン入れがなされていませんが、
これはこれで独特の味があって良かったです)
一見の価値はあります。



ハイキュー!! 38 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 37 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 35 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 34 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 33 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 32 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 31 (ジャンプコミックス)




2019-08-21 17:29 
共通テーマ:コミック