So-net無料ブログ作成

感想「アイドリッシュセブン」第2部 第12章:新しい潮流*ネタバレあり [アイナナ第2部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第2部の感想です。
今回は、第12章「新しい潮流」について記します。
第1話:最高の興奮
第2話:計画通り
第3話:クローバー
第4話:なんでだよ!

以下の記述にはネタバレを含みます。


第2部感想の初回記事はこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第2部 第1章:新しい扉*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09-2
前回の記事はこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第2部 第11章:ナギの戦い*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-13-1

関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/i7
【感想@アイドリッシュセブン 2nd Live「REUNION」20190706*ライビュ】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-07



【第1話:最高の興奮】
特別広報に就任した六弥ナギくんの会見を
ウィザードによってぶち壊されたことにより、
事態が一向に沈静化しないゼロの復活にまつわる問題。
三グループの内、唯一、蚊帳の外だったTRIGGERが
自ら火に飛び込んでいくスタイルを取ったせいで、
本来は動く必要など全く無かった八乙女事務所が
いよいよ彼らの擁護に回りました。

ここで、かつて四葉環くんが九条天くんに放ったたとえが出てくるとは、
想像すらしていませんでした。
01i7.jpg
天くんってば、あの言葉を結構気にしていたんでしょうか。
あの場では特に気に留めず、さらりと流していた印象があったので、
本当に意外です。
そして「単なる刺激、でも最高の興奮」との表現が
ここでとても生かされているなと思いました。



【第2話:計画通り】
他人の言葉を気にしていると言えば、この人も……。
02i7.jpg
肩を叩いて、「大丈夫、気に病むことは無いよ!」と励ましたいです。
一織、可愛い……!!

そして、和泉一織くんの読み通りに動く八乙女社長。
三グループのマネージャーの結束にも繋がって、
結果的にTRIGGERの無謀さが好転のきっかけになったようで、
ホッとしました。



【第3話:クローバー】
八乙女社長は渋い顔をしていましたが、
「NATSUしようぜ!」での盗作騒動の借りを返せたので、
彼にとっても今回の対処法は良かったと思います。

一方、理ちゃんの件で秘密を抱える逢坂壮五くんは、
更に追い込まれているようで……。
W主演ドラマの脚本には、私も悪意を感じましたww


ここの十龍之介くんが、とっても可愛い。
ミーハーだけれど、それは弟たちのため!というのが微笑ましい。
03i7.jpg
けれど、写メを送られてきた弟たちも、
これには困惑するのではないかと思いますww



【第4話:なんでだよ!】
四葉環くんに理ちゃんの件を話そうと決めた矢先、
最悪な形でそれが露呈してしまった壮五くん。
勿論、悩みに悩んだ壮五くんの辛さは分かっているけれど、
ここではとても擁護できません。

でも救いは、その場に龍之介くんがいたことです。
家族思いで、その家族のために(父親の借金返済のために)
アイドルになったという理由を持つ龍之介くんだからこそ、
壮五くんとは違った立場で彼に寄り添えるはず。



今回の感想は以上です。
第二部もいよいよ佳境!
続きの感想も載せられるように頑張ります。

(7/15追記)
【感想「アイドリッシュセブン」第2部 第13章:最高の友達*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-15-2


アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day1アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day2アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン TRIGGER -before The Radiant Glory- (花とゆめCOMICSスペシャル)




2019-07-14 16:37 
共通テーマ:ゲーム