So-net無料ブログ作成

アニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」感想:第4話 月の輪*ネタバレあり [ハイキュー!!]

NHK BSプレミアムにて再放送中の
テレビアニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」の感想です。
今回は第4話「月の輪」についてです。
以下の記述にはネタバレを含みます。

原作の漫画については、一部を除き未読です。
アニメ3期については、劇場版総集編「コンセプトの戦い」を視聴しました。
好きなキャラクターは、及川徹くん(青葉城西)です。


関連記事
【アニメ「ハイキュー!!」】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-02-11-4
【ねんどろいど 及川徹(ハイキュー!!)その1】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-05-15

アニメ三期初回と前回の感想記事はこちら。
【アニメ「ハイキュー!!」3期感想:第1話 ごあいさつ*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-06-09-2
【第3話 GUESS・MONSTER*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-06-23-1



この回の放送を視聴する前に、
レンタルで劇場版総集編のDVDを借りました!
【DVD:ハイキュー!! 劇場版総集編】
前編(才能とセンス)・後編(コンセプトの戦い)
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-06-28-3

そのうちの一枚は、ご存知の通りこのアニメ3期の総集編で……
かなり飛ばし気味な作りになっていましたが、
とりあえず大まかな内容を把握することができました。

そしてこの「月の輪」回!!
ツッキーの対牛若ブロック成功シーンは、
この試合の最大の見どころだと思っていましたので、
実を言いますと、先週の次回予告でこのタイトルを耳にした時に、
「え? もうあのシーンが来ちゃうんだ?」と戸惑う部分もありました。
それは試合後半に、ツッキー絡みでもう一山あるからなんですね……。

劇場版総集編「コンセプトの戦い」についての感想は、
まだ書いていないので、
テレビシリーズの放送が回を重ねないうちに、まとめようと思います。



さて……。
この回も、日向・影山の変人速攻コンビがきれいに決まって
何とも言えない爽快感を味わえたとか、
スーパーリベロの西谷さんのレシーブが相変わらずキレッキレだったとか、
色々と注目すべき点や語りたい点が多々あったのですが、
やはりツッキーこと月山くんが迎えた転機が一番でしょう。
彼の冷静で負けず嫌いな性格が丁寧に描かれているこの三期の中でも、
勝利への執念がひときわ強く表れていました。

今回のお話は、原作では単行本第19巻に収録されていて、
ツッキーが単独で表紙を飾っています。
ハイキュー!! 19 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 19 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 古舘 春一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: コミック

この表紙の絵が、
「元根性無し」の山口くんがやはり単独で登場した
単行本第16巻と対になっているのが、とても好きです。
ハイキュー!! 16 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 16 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 古舘 春一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/05/01
  • メディア: コミック

烏野が誇る矛と盾!
二人とも、とてもとても格好良いです。



この決勝戦の試合中、
ツッキーがずっとプレッシャーを掛けていたのは、
白鳥沢のセッターくんにもだったんですね。
私は単純に、牛若くんだけにそうしていたのかと思っていましたので、
「あぁ、そっちか」と驚くと同時に納得していました。
そういえば、かつて影山くんも、自分の攻撃を阻まれるより、
トスを上げたスパイカーが決まらない方が不快みたいなことを
言っていましたもんね。

現在のバレーボールのルールにおいて、
手段における得点の差を持たされていない以上、
選手がどのような形で点を取っても点の価値は等しいです。
華麗なスパイクでブロックをぶち抜いても一点、
ノータッチエースを取っても一点、
そしてどシャットを決めても一点、
まさに「たかが二十五点中の一点」です。
他の点と同様に、スコアの中に埋もれていきます。
ただ、このツッキーが成功したブロックは、
運やまぐれといった不確定要素を元にしたものでなく、
相応の実力(と、そこに繋がる努力の過程)が伺えるので、
本人は勿論のこと、相手チームを含めた周囲に与える影響が
とても大きかったのが、特徴でした。
かつて梟谷の木兎先輩に言われた通り、
あれが「ツッキーがバレーにハマる」瞬間だったのは勿論ですが、
周囲の(特にツッキーをよく知らない)人々が
これから烏野高校バレー部を語る上で、
また、そのMBである月山蛍という選手を語る上で、
賞賛と畏怖を伴って必ず口にする説明になるんだなと思うと、
感慨深かったです。

たとえば、烏野のかつての異名と言えば、
ご存知「落ちた強豪、飛べない烏」で、
今は「コート上の王様がいる・変な速攻を使うチビがいるチーム」です。
それに、「あの牛若のスパイクをどシャットした奴がいる」が
この瞬間に加わったわけですよ……!
白鳥沢の強さを嫌というほど知っている
宮城県内の高校バレーボール関係者なら、
これはきっと誰もが観たいと望むプレイで、
会場で観られた人は
まるで自分の手柄のように興奮しながら鼻息を荒くして語り、
観れなかった人はひどく惜しむ、名場面だったと思います。
しかも、背が高いという恵まれた体格をしていても、
どこにでもいる普通の選手だった彼が、
日々の地道な努力の末に得た最高の一点なわけで……!
天才が決して少なくない「ハイキュー!!」の中で、
あくまで一般人の彼がこうして成果の花を咲かせたこのシーンは、
見事としか言いようがありません。
及川さんといい、ツッキーといい、
天才でない選手ですらこんなに才能を素晴らしく発揮するんですから、
そりゃ作中の天才は努力しますよね。
油断する暇など無いということが、よく分かります。



その及川さんが次週予告に登場していました!!!
しかも眼鏡……!
大好き……!!!
実は「敗退後に眼鏡姿の及川さんが出る」とはネットで知っていて、
いつどこでその彼が登場するのかを楽しみにしていました。
上記の「コンセプトの戦い」で初めて見た時は、
テレビに向かって叫びそうになりました。
キャー ヽ(o・ω・o)ノ 及川さーん!!

そんなわけで、解説組に加わる及川さんが次回の楽しみの一つです!
及川さん、大好き。



今週のおまけは、そんな眼鏡及川さんのねんどろちゃんです。
01oikawa.jpg
どういう状況なのか分からない頃に撮ったので、
とりあえず青城のユニフォームのままで眼鏡だけ加えましたが、
あの様子ですと、単なる変装のための伊達眼鏡か、
普段はコンタクトを使用しているかなのでしょうか。
でも前者ですと、
岩ちゃんが及川さんの眼鏡に反応しないわけがないので
彼が見慣れている感じからして、やっぱり後者ですかね??


続きはこちら。
【アニメ「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」感想】
第5話 個VS数*ネタバレあり
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-08


(7/23追記)及川さんの眼鏡画像の記事を作成しました。
【[ハイキュー!!]眼鏡の及川さん:その1】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-23

宜しければ、合わせてご覧ください。


ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」劇場版総集編 青葉城西高校戦『ハイキュー!! 才能とセンス』(初回生産限定版) [Blu-ray]ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝進化の夏〞 [Blu-ray]ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞 [DVD]




2019-07-01 13:03 
共通テーマ:アニメ