So-net無料ブログ作成

感想「アイドリッシュセブン」第2部 第8章:ありがとう*ネタバレあり [アイナナ第2部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第2部の感想です。
今回は、第8章「ありがとう」について記します。
第1話 私の答え
第2話 伝えたいんです!
第3話 君をみてるよ
第4話 星空のモノローグ

以下の記述にはネタバレを含みます。


第2部感想の初回記事はこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第2部 第1章:新しい扉*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09-2

前回の記事はこちら
【感想「アイドリッシュセブン」第2部 第7章:声*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-03-26-3


関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/i7
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第1章:青空にかかる夢*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27



【第1話:私の答え】

現在、LaLa DXで連載中の
種村有菜先生によるRe:valeの過去漫画の内容もあって、
一際辛かったです。
落書きと百さんの声の件。
普通に話す時は問題なく声を出せるのに、
いざ歌うとなると全く出ないというのが
原因に繋がる鍵でしたね……。
まさに、百さんならではの理由です。
この先の展開を知っていてもしんどい。

それぞれの事情から自信を喪失し、
「それは自分でなくてもいいんじゃないか」と
卑下するようになっているIDOLiSH7。
ここもなぁ……
「みんな、何をいじけてるのww」と
励まし半分で笑って茶化すのは簡単だけれど、
落ち込みの根っこ(原因)が深い分、
気持ちを引き上げるのは難しいと感じました。

だからこその紡ちゃんです!
ここぞという時に頼もしいマネージャーさん!



【第2話:伝えたいんです!】
IDOLiSH7のみんなに「一億のノーに勝つイエス」を伝えた紡ちゃん。
その熱い言葉もそうですが、
凄い気迫に、彼女の真剣さと本気さがよく表れていました。
こんなことを真顔で、しかも近い距離で伝えられたら、
みんな、紡ちゃんのことを好きになっちゃいますね。



【第3話:君をみてるよ】
私はいわゆる「腐女子」なのですが……
どの作品でもそうというわけではなく、
この「アイナナ」でも特に腐萌えはしませんでした。
(腐萌えした時は、頭の妄想を吐き出さないと死にそうになることから
即、二次小説を書き始めるので……)

そんな私でも、ここはさすがにやばかったです。
逢坂壮五くんと四葉環くんのやり取りが、熱く沁みる沁みる。
04IDOLiSH7.jpg
施設育ちという不遇な環境から、
他人に見てもらえなかった環くん。
大企業の社長の御曹司という立場から、
親や周囲の人間に一挙一動を監視されていたらしい壮五くん。
生き方も境遇も全く違うこの二人が、
それぞれを思いあう優しさが台詞に溢れていて、
私も「うわー!!!!!」となりました。
もう、腐萌えとかのレベルを超えてますよね、ここ。
人同士の愛だなぁとか、真面目な感想を抱きました。

また、自分の代わりに泣いてくれという壮五くんの頼みに、
余計なことを言わずにただ簡潔に返事をした環くんの実直さが
大変良かったです。
そうなったとき、環くんなら迷わず本当にそうしてくれるでしょうし、
きっと壮五くんはそれで救われるでしょうから。


だからこそ!!
この後に繰り広げられる理ちゃん関係の展開が辛いです。
実を言えば、
ここでMEZZO"の絆が強められるのをすっかり忘れていたので、
「あぁ……そういえば、ここで凄く良い感じになった後で、
すとーんと落とされるんだっけ」と思い出し、
なんとも言えない気持ちになりました。
これが、「ストーリーが面白い」と賞されるアイナナの醍醐味とはいえ、
やっぱり苦しいです。



【第4話:星空のモノローグ】
仕事で忙しい紡ちゃんを、言葉でしっかりと労わる環くん。
「自分がされて嬉しいと思ったことを、他人にもする」というのは、
幼さが言動に残る環くんならではのことでした。
壮五くんがこれを知ったら、感涙したでしょう、きっと。
環くん……壮五くんに「君を見てるよ」と言われたことが
よっぽど嬉しかったんだろうなぁ。

紡ちゃんから励まされた件もあって、
「自分はみんなに見てもらえている」という嬉しい認識が自信になり、
頑張れる原動力に繋がったことで言動にも余裕が生まれ、
最終的に仕事の成果として宜しく表れるだなんて、最高でした。
アイナナ1部での、スタッフさんへの暴力事件について、
進んで自分の非を認められるようになったところは、
「環くん、随分と大人になって……」と感動しました。


環くんが理ちゃんを想うモノローグの後で、
彼女が実は九条さんの家にいたと判明しました。
「お父さん……お父さん? ええええ?」と
テキストを初めて読んだ時は驚いたのを、思い出しました。



前回の記事の掲載から、三か月も間を空けてしまいました。
完走を目指して、これからも頑張りたいと思っています。

続きはこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第2部 第9章:大切なもの*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-05-2


アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day1アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day2アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン TRIGGER -before The Radiant Glory- (花とゆめCOMICSスペシャル)




2019-06-26 18:51 
共通テーマ:ゲーム