So-net無料ブログ作成

感想「アイドリッシュセブン」第4部 第9章:すべてを賭けて*ネタバレあり [アイナナ第4部 感想]

ゲーム「アイドリッシュセブン」第4部の感想です。
11i7.jpg
今回は、第9章「すべてを賭けて」について記します。
・第1話 準備
・第2話 テトラルキアニフルアメ
・第3話 最終審査
・第4話 夢の続き
・第5話 秘密の箱

私の推しメンは、TRIGGERの八乙女楽くんです。
以下の記述にはネタバレを含みます。


初回の感想記事はこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第1章:青空にかかる夢*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-02-27

前回の記事はこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第8章:心の扉*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-06-10


関連記事
【アイドリッシュセブン 感想記事一覧】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/i7

【レポート&感想:アイドリッシュセブン ファン感謝祭Vol.4「Welcome!愛なNight!」昼の部LV】
その1
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-04-21
その2
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-04-21-2



【第1話:準備】
前章(第8章)の六弥ナギくんのお話が印象深かったからか、
随分と久し振りという感じもしたTRIGGERの三人。
ゲン担ぎでトンカツを食べるエピソードは、
彼らの人間臭さが出ていて良かったと思います。

一番にやにやしたのは、姉鷺カオルさんと八乙女社長の愛!
19i7_gaku.jpg

たまにアニナナを見返す度に、
リアタイ当時は八乙女社長が嫌いだったなぁと思い出します。
今では大好きです。
楽くんとのことも、十龍之介くんや九条天くんの台詞ではないですが、
「やっぱり二人は親子だなぁ」としみじみしてしまいます。



【第2話:テトラルキアニフルアメ】
上記の1話でも登場したZOOL。
(グループ名の表記に環境依存文字が使用されているため、
ZとLをそれぞれ代用しています)

彼らをよく思っていないらしい記者が、
自分だけは本当のことを書く(ツクモの買収に負けない)と
喧嘩腰の態度を取ってきたにもかかわらず、
実際の彼らのステージを見た途端に手のひら返しをしてくるのは
お約束の展開でした。

ZOOLの唯一の良心・狗丸トウマくんは、私の中でずっと癒しでした。
彼が熱い気持ちを失わなければ
ZOOLもいつかよくなると思っていましたので、
その「いつか」がやっと来たんだと嬉しく思っています。

ところで、今回のタイトル。
「テトラルキアって何?」と首を傾げましたが、
そういえばZOOLのキャッチコピーが
「狂気と破壊の、テトラルキア」でしたね。
忘れていました。



【第3話:最終審査】
大作ミュージカル「クレセント ウルフ」のオーディション話でした。
面接に慣れていないせいか、緊張が伺えた三人は
若手アイドルという年相応の未熟さも感じられて、
微笑ましかったです。
私もちゃんと考えたことがなかったのですが、
かつてのTRIGGERのような大物アイドルともなると、
オーディションでわざわざ役を勝ち取る必要は無く、
まず彼らありきで制作が進められることがほとんどですものね。

三人とも揃って合格することは暗黙の了解でしたが、
不安が無いわけではなかったので、
私もホッとしました。
ただ、役名までその漢数字を使う必要は無いと思います。
ここまで具体的な役名が伏せられていたのも、
三人の合格を匂わせないためとは理解できますが、
せっかくの感動的なシーンなのに、
そのせいで特別な喜びが薄まったのは残念でした。



【第4話:夢のつづき】
カオルちゃーん.゜+.゜ヽ(´ω`)ノ。゜+.
TRIGGERが八乙女事務所を辞めたのに合わせて、
姉鷺さんも退社したらしいことも含めて、
以前から彼女(彼)のTRIGGER愛は重々伝わってきましたが、
ここでも一際強く感じられました。
TRIGGERが受かったことを知った姉鷺さんが、
大声で喜びながら嬉し泣きをするシーンは、
とってもとっても良かったです。

そして、もらい泣きをしてしまう龍之介くん……。
第三部での彼は、月雲了さんの策にハメられただけというのは
私の頭にも常にありましたので、
彼に対しては可哀想だとか大変だという思いこそあっても、
責める気持ちは全く無かったです。
なので、ここで彼が泣くほど自分を責めていたのだと知り、
「そっか……当事者はそうなのかもしれないね」と
そこまで気が回らなかった自分が少し恥ずかしくなりました。
同時に、龍之介くんの顔を見たくなかったことは一度も無いと
言い切った楽くんを、さらに好きになりましたし、
安堵からむせび泣く龍之介くんももっと好きになれました。
良かったです。
本当に良かった。


一方、月雲了さんの嫌がらせが続いているRe:vale。
千さんが百さんを疑似お姫様だっこしている写真……
私も見たかったです。



【第5話:秘密の箱】
Re:valeのデビュー前のことが
今さら世間に拡散されてしまいました。
以前も書きましたが、当時とは人気のレベルが全く違うとはいえ、
Re:valeの過去が今まで穿り返されなかったのが
逆に不思議でなりません。
今のネット社会なら、百さんがかつてファンだった件とセットで、
大神万里さんのことも知られて当然だと思うのですが……。

ただ、千さんが万理を捨てて百さんを選んだという誤解は、
Re:vale側からの説明がちゃんとなされていない以上、
こういう形で広まってしまったのは仕方がないと思います。
万理さんはもう一般人ですし、ここは千さんの頑張りどころですね。

ところで、和泉兄弟の不穏さがここで登場したことに、
私は少し動揺してしまいました。
そういえば、和泉一織くんがIDOLiSH7のプロデュースをしていることは、
二階堂大和くん以外にはまだ秘密だったんでしたっけ。
それをすっかり忘れていたのもあり、
「え? ここでこれが出る?」と面食らってしまいました。



次回は、御堂虎於くんによるお詫びですかね。
ナナライ前ですし、
ZOOLのマイナスイメージは払拭しなければいけないはずなので、
これまで以上に「実はいい人」的要素が入るのかなと思っています。


続きはこちら。
【感想「アイドリッシュセブン」第4部 第10章:あの時……。*ネタバレあり】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2019-07-01


アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray BOX -Limited Edition-アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day1アイドリッシュセブン 1st LIVE「Road To Infinity」 Blu-ray Day2アイドリッシュセブン Re:member 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン 6 (花とゆめCOMICSスペシャル)アイドリッシュセブン TRIGGER -before The Radiant Glory- (花とゆめCOMICSスペシャル)




2019-06-11 20:12 
共通テーマ:ゲーム