So-net無料ブログ作成

あしかがフラワーパーク2019 [日常生活]

今年も、地元の観光名所・あしかがフラワーパークに行ってきました。
21ashikaga_top.jpg

ふじのはな物語

ふじのはな物語

  • 作者: 田島 遼
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2019/04/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

関連記事
【日帰り旅行レポート&感想:あしかがフラワーパーク】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-05-07-1
【あしかがフラワーパーク2018】
https://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-04-22




去年に引き続き、今年もあしかがフラワーパークに出かけてきました。
地元の強みを生かして、メインの大藤が満開の日を狙ったものの、
一番良かったと思わしき日の天気予報が雨で、断念しました。
同行してくれる友人と改めて日にちを調整し、
結局、その二日後に実行に移したのですが、
公式サイトでは「満開」との表示があったにもかかわらず、
やはり最高の瞬間を逃した感は否めなかったです……。
(最初の予定日の雨は、夕方から降りだしたので、
夜のライトアップを捨てれば行けなくもなかったのでした)
藤の花の開花速度が早いとは知っていましたが、
この時期は本当にたった一日でも差が大きいようです。


最寄り駅であるJR両毛線のあしかがフラワーパーク駅。
22station.jpg
普段、日中は一時間に一本という鄙びた路線ですが、
この時期のみ臨時列車が出ます。
小さな駅なのでホームにお客さんを溜めることができず、
改札の外で待機させられる場合があります。



この「あしかがフラワーパーク」は
花の開花状況によって入場料が変わります。
GW前日までは大人1400円でしたが、
大藤が見頃になったこともあり、
GWに突入した途端に1800円に値上がりしました。
23enterance.jpg
地元では割引券付きの新聞広告が入ります。
今回は友人所有の割引券を利用して200円引き(1600円)でした。



お目当ての大藤です。
24oofuji.jpg
今回の目的はぬい撮りでしたので、
がつがつ撮影したものを、後日、別の記事でアップする予定です。




去年も撮ったオオデマリ。きれい。
25oodemari.jpg



この日は都内で雨が降ったそうですが、
ここでも午後三時前後から激しい雷雨が降りました。
雨が止んだあとも黒い雲は去らなかったものの、
とりあえず歩いて撮影できる程度に天気が回復しました。
26flower.jpg
藤以外にも花がたくさん咲いているので、見どころは満載です。



白藤のトンネル。
27shirafuji.jpg



ライトアップ開始後の大長藤と八重藤。
28fuji.jpg



ライトアップ開始後の大藤。
29oofuji.jpg


30oofuji.jpg


最高の日を逃したとはいえ、
見応えのある美しさは本当に素晴らしかったです。
また来年も行けますように。


ふじのはな物語気軽におでかけ!首都圏日帰り花景色12カ月 (JTBのMOOK)るるぶ栃木 宇都宮 那須 日光'19 (るるぶ情報版地域)栃木の怖い話旅行ガイド (ことりっぷ 日光・栃木・益子)おでかけ栃木2018-2019とちぎの山野草スポット150超!―花好きカメラマン必携の完全保存版ガイドブック (別冊趣味の山野草)




2019-05-09 00:58  nice!(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0