So-net無料ブログ作成

感想@映画「刀剣乱舞」ネタバレあり [刀剣乱舞-ONLINE-]

映画「刀剣乱舞」の感想です。

映画刀剣乱舞公式フォトブック

映画刀剣乱舞公式フォトブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 単行本

以下の記述にはネタバレを含みます。
私は原作のゲームを遊んでいます。


封切から一ヶ月半強が過ぎ……
ようやく地元の映画館でも公開が始まりましたので、観てきました!
映画「刀剣乱舞」!!!
skr_touken.jpg


まずは、帰宅直後の私のツイートを転載します。


語りたいことはほぼ上記のツイートで語ったので、重複しますが、
とっても良かったです、映画「刀剣乱舞」!

今から数ヶ月前に、
屋外(おそらく本丸の庭)で揃う刀剣男士の画像が
初めてネットで発表された時に、
舞台等では特に無かった違和感を強く覚えました。
まるで、コスプレ写真を見ているような気にもなりました。
また、特撮ものの作品を苦手としている私は、
ツイッターを中心としたネットでの評価で
この作品が特撮ものとして高い賞賛を浴びているのを知って、
「大丈夫かな」と不安にもなりました。

しかし、こうした懸念は映画の開始から十分もかからずに
きれいに消えました。
いつしか夢中になって観ていました。
見慣れた「刀剣乱舞」という世界に引き込まれていました。
決して短くはない上映時間、最初から最後まで楽しかったです。
刀剣乱舞の世界を堪能している一人のファンとして、
また、この映画版とは違う本丸の主(審神者)として、
幸せな時間を過ごせました。



当ブログの他の記事をご覧くださった方は、ご存知かもしれません。
私は元々、鈴木拡樹さんのファンです。
なので、刀ステの制作が初めて発表され、
「三日月宗近」を鈴木さんに演じて頂けると知らされた時は、
大好きな役(刀)を大好きな役者さんに演ってもらえることが
本当に本当に嬉しくて、キャーキャー騒いだ覚えがあります。
そしてこの映画……!
長い年月を静かに重ねてきた名刀そのもののように、
優雅な上品さを纏った鈴木さんの一挙一動は、
贔屓目無しで「見事」としか言いようのない美しさを伴っていました。
さすが、天下五剣の一振りの擬人化だと思わされました。
ユーモラスさやしたたかさも含んだ飄々としたところも、
ゆったりとした話し方も、
まさにゲーム「刀剣乱舞」の三日月宗近そのもので、
もし彼が本当にこの世に存在したらこうなるのだろうという
圧倒的な説得力がありました。
こんなふうに、強い実感を伴って
スクリーンでの三日月宗近を見られたのは、
鈴木さんの演技力のお陰であることは勿論ですが、
そのように撮ったり編集してくださったスタッフさんのお陰でもあります。
美しく、強くて格好良い三日月宗近をたくさん見せてくださり、
本当にありがとうございました。
心からのお礼を伝えたいです。
二次元のファンをやっていて、これほど幸せなことは無かったです。

三日月宗近については、
ゲームの「刀剣乱舞」を遊ぶ前に実際に見学したことがあり、
「ぞっとするほど美しい刀」という印象を抱いたのを
今でも強く覚えています。
安土城で他の刀剣男士を逃がした後、
血と土埃で汚れた姿で一人で奮戦した時の彼も、
私にはぞっとするほど美しく見えました。



ストーリーそのものも、最初から最後まで面白かったです。
現在でも理由が判明していない安土城消失の謎を
作品の肝としたのは、この上ない名案だったと思います。
今回の「歴史の中には間違った世間の認識を纏うものもあり、
織田信長の死に場所はその一つだった」という内容を通して、
「審神者と刀剣男士が守るものは、歴史(真実)である」という主軸を
改めて(そして丁寧に)観客に示したことにより、
映画だけでなくゲームや舞台等も含めた
「刀剣乱舞」という作品全体の世界観を
より強めてもらえた気がします。

映画を観ていてちょっと不思議だったのですが、
作中で刀剣男士の活躍や危機を目にする度に、
「うちの本丸ではこうだなぁ」とか、
「うちの××くん(刀剣男士)は既に極になっているから
もっと強い!」というように、
自分のプレイといちいち比べたことが、何回もありました。
ゲームのリリース直後から「刀剣乱舞」を遊び始めて四年強。
無自覚でも、相応の愛着はちゃんとあったのだと実感しました。

ちなみに、私が想定している自分の本丸は、
私自身が審神者なので、日頃からゲームばかりしているぐーたら者です。
長谷部からの煩い小言をはいはいと受け流しつつ、
日々をだらだらと過ごしている感じ。
冬の寒い時期は、コタツに深くもぐった状態で、
「長谷部、私の代わりにトイレに行ってきて」と頼み、
「それはどういうことです、主?」と彼を困惑させていることでしょう。
でも近侍は長谷部でなく、初期刀の加州清光ですww
あと、地元(栃木)にゆかりのある山姥切国広は、ちょっと特別。



審神者の代替わりについて。
ストーリーの中盤を引っ張る謎であり、
三日月宗近に対する他の刀剣男士の不信感の原因であり、
世界観を説明するものでもあるこの設定。
へし切り長谷部を中心とする刀剣男士の苛立ちは、
充分に共感できる苦しみでした。
また、言えない三日月宗近の心境を思っても辛く……。
先に秘密を知った鶯丸や日本号の存在が、
とても頼もしかったです。

三日月宗近と審神者(老人)の会話で、
「これではまるで今生の別れではないか」と笑い飛ばすシーンは、
実は二人ともそういうつもりで話しているというのが
ひしひしと伝わってきて、泣きそうになりました。
審神者が消える直前、三日月宗近が帰還の旨を報告した際も、
ぎりぎりで間に合って良かったとホッとしつつ、
もう本当にこれでお別れというのが分かり、じんとしました。
それだけに、新たに幼い審神者をお迎えしたシーンでは、
梅の花の匂いのような、ふんわりとした柔らかみのある幸せを
刀剣男士たちが抱いたような気がしました。
その直後、三日月宗近が消えた審神者に向かって
「主……」と語りかけるところも良かったです。
刀剣男士にとって、審神者はいつまでも主。
審神者の代が替わっても、役目を終えて消えても、
刀剣男士が慕う気持ちに変わりはないようで、
審神者は果報者です。

パンフレットでも挙げられていましたように、
物語の終盤で三日月宗近が織田信長のプライドをくすぐり、
説得する(織田信長に「織田信長」として死ぬよう促す)シーンも、
非常に良かったです。
あれは他の刀剣男士では難しかったことでしょうから、
三日月宗近ならではの行動でした。
説得力も感じられて、
死を改めて受け入れられた織田信長の気持ちに
私も共感できました。

個人的には、このシーンの前の……
骨喰藤四郎が織田信長に捕えられてしまった際に、
それまで淡々と話していた三日月宗近が、
作中で初めて声を少し荒げて織田信長に返答するシーンが
とても好きです。
突然のことに驚いたせいもあるのでしょうが、
そんなふうになるほど、
まだ顕現したばかりの刀剣男士も大事にしているのだと分かり、
嬉しくなりました。

嬉しかったと言えば!
まさかまさかの刀剣男士の集合シーン!!
後ろ姿が主だったとはいえ、
他の刀剣男士も(しかも刀ステなどで演じてもらえた役者さんで)
見られるなんて、思いもしなかったので、
予期せぬ幸福でした!



そして映画の感想であるならば、
この件にも触れる必要があります……倶利伽羅江!
途中、敵の時間遡行軍の中で
「無銘」と名乗った彼だけが奇妙な行動を取ったり、
目の光が白く変わった後、
敵の大太刀(でしたっけ?)によって再び赤く変えられたりした辺りで、
「もしかして新しい刀剣男士がくる?」と想像できましたが、
本当に本当にゲームで未実装の刀剣男士が登場するとは!!!
驚きました。
めちゃくちゃ嬉しかったです。
映画館での公開が終わり、円盤が発売される頃に、
それを記念して倶利伽羅江がようやく実装されるのでしょうか。
そう遠くないであろう未来が楽しみです。



他に注目したのは、やはり殺陣です。
殺陣の経験を積まれた役者さんが多いからか、見応えがありました!
刀ステで実感できる生の迫力とは違った凄みや、
映画ならではの緩急の付け方、スピード感が味わえたのが
たまらなかったです。
舞台ではどうしても寝てしまうという方も、きっと大丈夫なはず!
一度の鑑賞では足りないので、
再び映画館に行くか、円盤を買うかして、
私も殺陣のシーンをじっくりと堪能したいです。



思ったことをそのままつらつらと書いてきましたが……
なんだかまだ全然書けていない気もしています。
とにかく、映画館で作品を夢中で見て、
終わった後は感動や興奮で胸がいっぱいになった状態で
同行してくれた友達と一緒に
ここが良かった、あそこはああだったね、びっくりしたねと
熱く語れたことは、
普段はなかなか得難い貴重な経験でした。
上記のツイートでも書きました通り、
特撮云々に縛られることなく、
いたって普通の……でも上質な
歴史系エンタメ作品の出来だったと評価できます。
楽しい時間を過ごせて幸せでした。
今回限りでなく、また映画館で観たり円盤を買おうと思えましたし、
できることなら続編の新作も観てみたいです。



映画刀剣乱舞公式フォトブック【amazon.co.jp限定】映画刀剣乱舞 オフィシャルガイド(「映画刀剣乱舞」特製フォトカード3枚付き) (日経BPムック)活撃 刀剣乱舞 4 (ジャンプコミックス)映画刀剣乱舞 公式シナリオブック映画 刀剣乱舞 (上) (サンデーうぇぶりSSC)映画 刀剣乱舞 (下) (サンデーうぇぶりSSC)刀剣乱舞-ONLINE- 2wayトートバッグBOOK (バラエティ)




2019-03-11 02:46  nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0