So-net無料ブログ作成

感想「劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES」 [アニメ感想]

「劇場版シティーハンター 新宿PRIVATE EYES」を観てきました!
https://cityhunter-movie.com/
9ch.jpg
ch.jpg

アニメ版 シティーハンター 冴羽獠ぴあ (ぴあMOOK)

アニメ版 シティーハンター 冴羽獠ぴあ (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: ムック

私もテレビでアニメのシティーハンターを見ていた世代です。
勿論、TM NETWORKの存在は、EDで掛かる「Get Wild」で知りました。
最初に買ったCDは、「Gift for Fanks」でした。

だからなのか、観る前からそうなると分かっていたのに、
最後、冴羽さんのモノローグに合わせて「Get Wild」の前奏が流れた瞬間、
うわぁぁぁとなりました!!
その後の「STILL LOVE HER(失われた風景)」も、
同じくらい好きな曲でしたので、感激がより募りました。
声こそ出しませんでしたが
口を動かしながら心の中で一緒に歌いました。
スタッフロールの流れ方や、
画面の下部に歌詞のテロップが出る仕様も嬉しかったです。
テレビシリーズを振り返る映像で、
槇村さん(香ちゃんのお義兄さん)が亡くなるシーンが出た時は、
泣きそうになりました……。



実際に観る前から、
「どうせ、ナイスバディの美女に依頼を頼まれた冴羽さんが、
もっこりちゃんを連発するとか下品な行動とかで顰蹙をかい、
呆れたりやきもちを妬いたりした香ちゃんに特大ハンマーで殴られつつも、
ここぞ!という要所ではめちゃくちゃ格好良いところを見せて
最後は大団円で終わるんだよね」と想像していた通り、
本当に、最初から最後まで徹頭徹尾「お約束」を貫き通した作品でした。
私もそうだったように、きっと観客が望むものがこれだったと思います。
原作やテレビアニメでたくさん楽しませてもらった
「シティーハンター」の楽しい世界が、
平成ももう終わろうとする現代に鮮やかに蘇っていました。

EPICソニー(レコード会社)全盛期だった当時のOPやEDの曲、
下ネタを含むギャグのセンス、
点(・・・・)を残しながら横に飛ぶトンボの絵といった表現など、
時代を感じさせる古いもののオンパレードだった演出も、
懐かしくて懐かしくてたまらなかったです。
これらといい、「Get Wild」のフェードインの演出といい、
当時のアニメ版のシティーハンターを見ていないと
興奮しなかったり感動できなかったりすることだと思いますので、
「世代で良かったな」と改めて感じました。



お話の内容は、いたってシンプルでした。
悪い人は最初の登場シーンから
「この人には何かありそうだ」と感じられますので、
推理といった頭を使う場面は皆無です。
その代わり、派手なアクションシーンがたくさんあり、
冴羽さんの華麗な活躍を堪能できます。
香ちゃんとの間柄も相変わらずで、
作中の彼女の心境と同様にやきもきしますが、
最後の最後で冴羽さん自身の言葉で締めてくれました。
終盤、香ちゃんが首を傾けるシーンでは、
これもお約束とはいえ、
阿吽の呼吸というか、以心伝心というか、
さすがパートナーというのを見せつけられて、嬉しかったです。

CMや封切前のネットニュースでは、
キャッツアイの来生三姉妹が登場することで話題になりましたが、
彼女らが出てくるのは僅かなシーンです。
これはあくまでシティーハンターの世界というのを
スタッフさんが徹底していたんだと感じられました。

ちょっと物足りなかったのは、御国さんの秘書さんです。
御国さん以上になにかをしてかしてくれそうな
いかにも悪人顔をしていたので、
「あれ? これでもう終わり?」と拍子抜けしました。



現実の新宿も、二十年前とは大きく変わっているように、
作中でも変化があれこれ起きていました。
その最たるものは、掲示板の電子化でしょう。
まさかあんなふうになっているとは思いもしませんでした。
(この辺は情報を集めていなかったので、
「今では誰も使わない掲示板がひっそりと置かれている」のかと
勝手に思っていました)
だからこそ冴子さんの粋なプレゼントが最高でした。
私も、やっぱりこうでなくちゃ!と思いましたので!!



大好きだったシティーハンター。
でも、今では完全にパラレル扱いになっているとはいえ、
週刊コミックバンチで「エンジェル・ハート」を読んだ時に
心が折れたような状態になっていました。
その悲しみが、今になってようやく昇華されたような気がします。
観て良かったです。

EDのスタッフロールで、
スペシャルサンクスとして、
「今までシティーハンターに関わってくださったみなさま」とありました。
私もこの方々にお礼を申し上げたかったです。
ありがとうございました。




2019-02-20 16:34  nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1