So-net無料ブログ作成

アニメ「ハイキュー!!」 [アニメ感想]

BSプレミアムで再放送中のアニメ「ハイキュー!!」を、毎週楽しく観ています。

ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 古舘 春一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/02/04
  • メディア: コミック

アニメ版のハイキューについては、元々、
TBSの地上波で放送された第一期からBSに移った後の三期まで
リアルタイムで視聴していました。
原作を未読だったこともあり、とても楽しみにしていましたが、
当時はとても忙しい日々を送っていたせいか、
放送終了と共に興味も薄れていました。

しかし!!
去年、新聞のテレビ欄に番組名の文字を見つけた瞬間、
「え? ハイキューってあの『ハイキュー!!』?! なんでBSで?」と
不思議に思いながらも、再び胸が高鳴りました。
そうして視聴した「ハイキュー!!」の第一回は、やはり面白くて……。
今は、日曜日早朝の放送に加えて、
土曜日夜になされている再放送も、欠かさず観ています。



ハイキュー!!の面白さは、
キャラクター個々の成長であったり、試合運びであったりと、
一つ一つ挙げていったらきりがないくらい多々ありますが、
個人的に着目しているのは、バレー初心者にも優しい描写です。
序盤では、顧問の武田先生がバレーに明るくないということで、
彼が勉強するという形で最低限の説明が行なわれていました。
現在再放送中のアニメ第二期では
新たにマネージャーとして参加した谷地さんが、
先輩マネである清水さんから教わるという形で
視聴者にも分かるように優しい配慮がなされています。
他、専門的なことは、
鵜養コーチや菅原先輩を始めとする烏野チームの面々や、
試合を見学に来たチーム町内会の方々などが
細かく説明してくれますので、
視聴者が何の知識が無くとも、
「誰がどう凄いのか」や「今のプレイの注目ポイント」が分かります。

また、全般的に話がさくさく進んでいるのも良い点です。
話が丁寧であるのは視聴者にとって有難いことですが、
そのせいでテンポが悪くなると、観ていて疲れる原因になりがちです。
その点、ハイキュー!!については、
毎週、EDの曲を迎える度に
「あぁ、もう終わってしまった!」と思えています。
そのOP、EDの曲が、作品にぴったりと合っているのも素晴らしいです。



私が特に好きなキャラクターは、勿論、主人公の日向翔陽くん!
本来、囮役は裏方であるはずなのに、
彼が囮として活躍すればするほど皆の注目が集まるという
主人公が持たなければならない要因をしっかり得ているのが
もう、もう、もう、もう……凄いです。
何より、彼が持つバレーへの情熱が素晴らしい。
伸びしろたっぷりの彼の成長っぷりが、この作品のキモです。

異性キャラクターとして好きなのは、
影山飛雄くん、月島蛍くん、及川徹さん。
はい、「ハイキュー!!」に限らず、
屈折していたり(ひねくれている)、口が悪かったりするキャラクターが
特に好みですヽ(o・ω・o)ノ
この中でも、及川先輩は、キャラクターグッズを買うほど好きです。
格好良い外見+一見チャライ+バレーでは大真面目+高い実力+挫折あり
……と、私の二次元の好みのどストライクです。

でも、今、アニメでは夏合宿の真っ最中なので、
音駒の黒尾先輩と梟谷の木兎先輩(赤葦先輩付き)のことも
大変気になっています。
二人とも、面倒見が良くて優しい先輩!!



好きなシーンは、日向くんが活躍する場面全般なのですが、
一番好きな(興奮した)ところを挙げるとすると、
実は対白鳥沢戦での月島くんの活躍です。
牛島先輩とのアレを初めて見た時は、心が震えました……!
思わずガッツポーズをしてしまったぐらいです。
また、地道な努力を続けてきた山口くんが、
サーブで花開く場面も好きです。
苦労人の努力が報われるのは、誰であっても嬉しくなります。



昨年末には、アニメの続編(四期)制作の発表もありました。
今、とても注目している作品の一つです。
「ハイキュー!!」大好きです!!


ハイキュー!! 36 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 35 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 34 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 33 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 32 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 31 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 30 (ジャンプコミックス)




2019-02-11 15:24  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です