So-net無料ブログ作成

感想「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」ネタバレあり [映画・舞台]

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」を観てきました!
04natume_movie.jpg

小説・夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~ (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

小説・夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~ (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)

  • 作者: 村井さだゆき
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2018/09/05
  • メディア: コミック


期待していた通り、素晴らしい作品でした。
泣きました……。


キーパーソンである津村楠雄があやかしであるだろうなとは
CMを見ただけで予想がつきましたが、
その理由や行動まではさすがに分からなかったので、
彼の思いに感動しました。
最後はああなるしかないとは分かっていましたが、
やはり淋しかったです……。

また、津村溶莉枝さんを通して、
物事を一方的に見ただけでは人の思いを正確に認識できない
(思い違いも充分にあり得る)という可能性が提示されたのも、
藤原家に引き取られるまで辛い思いを多々させられた夏目には
少し救いになったかもしれないと思うと、
ちょっとホッとしました。
今回の結城大輔くんのような例はまれでしょうが、
もしかしたら、夏目が「嫌われたかもしれない」と思っていた中にも、
彼に対して好意的な子が密かにいたかもしれません。

CM以外の事前情報を全く頭に入れていなかったので、
入場者特典のトリプルニャンコ先生クリアファイルを貰った時は
「ニャンコ先生……キャラ変?」と首を傾げました。
作中でその理由が分かった瞬間、つい吹き出しました……
まさかあんなことになるとは。
その他、夏目ワールドならではの微笑ましいシーンの数々に
にやにやしっぱなしでした。
だからこそ、夢とはいえ、
夏目が藤原夫妻から忘れられているシーンは、私もショックでした。



はらはらさせられることはあっても、絶対に不愉快にならない、
私にとって安心安全の「夏目友人帳」。
今回もまさにそうでした。
せつなくて哀しいけれど、優しくて暖かい、良い作品でした。


夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 22 (花とゆめCOMICS)小説・夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~ (花とゆめCOMICSスペシャルララノベルズ)夏目友人帳 21 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 20 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 5 (花とゆめCOMICS)




2018-12-12 17:19  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0