So-net無料ブログ作成

アニメ「アイドリッシュセブン」感想 #03:それぞれの気持ち*ネタバレあり [アニナナ感想]

テレビアニメ「アイドリッシュセブン」の感想です。
元となったスマホアプリゲーは未プレイですが、
アニメを第15話まで見た上で、初めから感想を記しています。

今回は第3話「それぞれの気持ち」についてです。

【PSVita】アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!

【PSVita】アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • メディア: Video Game

前回・前々回の感想はこちら。
【#02:はじまりのステージ*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-13
【#01:shaking your heart*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-04-18

以下の記述にはネタバレを含みます。



第3話は、第2話までのダイジェストから始まりました。
それを観ていて思い出したのですが……
というか、前回の感想記事で触れるのを忘れていたのを思い出しました。
第2話で最も好きなのは、
ファーストライブ直前にあった気合い入れのシーンです。
リーダーの二階堂大和さんの手が底(一番下)にあるだけでなく、
彼のみ掌を上に向けていて、
そこに被さっている皆の手を下から押し上げるという描写。
まさにリーダー!という感じで、とても好きです。



初回放送(第1話+第2話)では六弥ナギくんが気になった他、
逢坂壮五くんと四葉環くんにも注目していましたが、
この話のまじこな関連の話で、ナギくんがちょっと苦手になりました……。
嫌いではないけれど、引いてしまって、
「あぁ、彼はないな」と思ってしまいましたww
(その後、彼のいい人っぷりを何回も目の当たりにして、大好きになります)

その代わりに急上昇したのが、
この回でぐっと登場回数が増えた和泉一織くん。
彼の口から「パーフェクト高校生」という自称を耳にした瞬間こそ、
「えええww ちょっと凄いなww」と笑ってしまいましたが、
彼が紡ちゃんに明かしたアイドルになった理由や、
IDOLiSH7の未来を誰よりも真摯に、しかも具体的に考える姿を見て、
きゅん……と胸がときめきましたヽ(o・ω・o)ノ
また、七瀬陸くんは気にしていたみたいで、
実際、陸くんに対する一織くんの言葉は厳しいものが多いですけれど、
彼がぼそっと漏らした「可愛い人だな」という言葉に、
本当の気持ちが集約されているところがとっても素敵です!
そして私は、NLでもBLでも生意気年下攻めが好きなので、
紡ちゃんへの厳しい言葉からの「たまには甘やかして」のギャップに
大変萌えました……。
なんだこの可愛い生き物は!

その和泉兄弟(三月くん・一織くん)以外みんな
アイドルになる理由に一癖ありそうだったのが
初見当時から興味深かったです。
ただ全員が全員、「実は~」という暗い理由ですと、
どんな内容でも一人ずつ明かされていく内に食傷気味になったでしょうが、
そうでない普通の和泉兄弟の理由がアクセントになっていて、
いい塩梅だなと思っています。

和泉三月くんは、外見が小さくて可愛いのに、
性格は誰よりも男っぽいのが良いですね!
ナギくんに対して面倒見が良いところにも好感を持ちました。
いいお兄ちゃんだ……。
一織くんが何でも出来る分、もしかしたら三月くんは
兄としての不甲斐なさを常々感じているのかもしれないけれど、
きっと一織くんにしてみれば、全然そんなことはなくて、
三月くんは常に「頼れるお兄ちゃん」なんだろうなと思えます。



アニメ第15話で出たゴシップ記事の内容が
ほぼほぼ合っているのを踏まえると、
ナギくんはやっぱりノースメイア国の王子様なんですかね??
だったら、寮の部屋割りの際に独り占めしようとしたのも、
自分の好きにすることが皆の幸せであるいう考え方をすることも、
ごく自然なものかと感じました。

あと、この頃は、
まさか陸くんが九条天くんと双子の兄弟だったとは思いもしなかったです。
作中でその事実が明かされ、私がアイナナに本格的にハマった後、
オフィシャルブックのカード絵をぼんやりと眺めていた時に、
陸くんと天くんの髪型が左右逆で描かれているとようやく気付いた時は、
びっくりして興奮しました!
テーマカラーも、赤とピンクと似てますしね。
実は色んなところに小さなヒントが隠されていたんだなぁと、
しみじみ思いました。



今回もTRIGGERがちょこっと出ていて、
現在最愛の推し・八乙女楽くんがやっぱり格好良かったのが嬉しいです。
マネージャーの姉鷺カオルさんは、この回が初登場だったんですね!
当初はIDOLiSH7に厳しい言動ばかりだったこともあり、
私はカオルさんを(勿論、八乙女社長も)苦手としていましたが、
今は両者とも大好きです。
この頃のカオルさんがIDOLiSH7に対してキツい言い方をしているのは、
自分が深く関わるTRIGGERが大事でたまらないからだと思って、
にやにやしながら観ています。

そして、この回は、
IDOLiSH7とTRIGGERの現状と、仕事に対する意識の差が
よく表れていたと思います。
片や路上無料ライブ+インディーズCDを手売り、
片や全国アリーナツアーですもんね。
IDOLiSH7はここから駆け上がっていくかと思うと、非常に感慨深いです。
私も元バンギャで、
幾つものバンドが大きくなっていくのを一緒に感じましたが、
アイドルでもバンドでも、人気が急激に高まっていく時は、
追っている方も楽しいです。
(ただ、ふと冷静になってしまうと、
チケットが取り辛くなった、前方の席で見辛くなった等、
対象の人気・知名度がアップしたが故の障害を強く感じて、
降りるきっかけになったりもしますが)

仕事への姿勢(気持ち)の件でギスギスしたIDOLiSH7の雰囲気は、
今でも見ていてちょっと辛く、気分が落ち着かなくなりますが、
それぞれのキャラクターの本質がよく出ているので、
これはこれで興味深いです。
そして、隠れている「実は~」の要素が多い壮五くんの一片が、
ここで既に出されていることに、笑ってしまいます。
壮五くんもいいキャラだ……!



この第3話は、EDが通常のOP曲「WiSH VOYAGE 」でした!
WiSH VOYAGE (特典なし)

WiSH VOYAGE (特典なし)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2018/02/14
  • メディア: CD

第1話で観るのがなんだか気恥ずかしかったPV風のOP映像も、
この時は画面が小さかったからか、
普通に視聴することができました。

特に好きなのは、
サビの「声が響くなら~」でナギくんが一瞬カメラ目線になるところ。
こういう細かい点は、さすが神風動画さんだなと思いました。
また、滑走路で整備のおじちゃんが映り込んでいるところと、
最後、一人一人の顔が順々に映っていくところも好きです。
というか、空港内でのシーンは割と普通に観られるのですが、
後半の滑走路のシーンは、上記で挙げた部分も含めて、
全体のダンスシーンも目が離せないというか、
もう何度も何度も観ているのに、未だに集中して見入ってしまいます。
それぞれの顔や身体の動き、表情の繊細な変化、
衣装の裾のひるがえり方とか、
挙げていけばキリが無いので、
もう全部と言えるぐらい、どこも大好きです。

整備のおじちゃんがノリノリで映像に入ってしまっているのは、
第15話のOPのアレをやりたいが為でもあったのでしょうが、
それを抜いても好きです。
彼がまさに私の心の代わりというか、ファン代表のように思えます。


続きはこちら。
【アニメ「アイドリッシュセブン」感想 #04:プロの覚悟*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2018-05-13-2
宜しければ合わせてご覧ください。


アイドリッシュセブン 1 (特装限定版) [Blu-ray]アイドリッシュセブン 2 (特装限定版)  (1st LIVE Day.2 最速先行抽選申込券付) [Blu-ray]アイドリッシュセブン 3 (特装限定版) [Blu-ray]【PSVita】アイドリッシュセブン Twelve Fantasia!アイドリッシュセブン オフィシャルファンブックアイドリッシュセブン オフィシャルファンブック2アイドリッシュセブン 5 (花とゆめコミックス)





2018-05-13 14:18  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0