So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「言の葉の庭」感想*ネタバレあり [映画・舞台]

映画「言の葉の庭」をDVDで観ましたので、感想を記します。


以下の記述にはネタバレを含みます。


「秒速5センチメートル」を観た時の衝撃と感動が薄れないうちに、
「言の葉の庭」のDVDを借りて視聴しました。
映像美は勿論のこと、雨上がり後の爽やかさを感じられるようなお話しも
大変素晴らしかったです。


人との関係(生徒とのトラブル)で職場(学校)に行けなくなってしまった先生と、
靴職人になるという未来に希望を抱いて頑張る生徒。
なんということもなかった出会いが、度重なる再会と会話を介したことで、
お互いにとって大事な時間をはぐくむきっかけとなり、温かな感情を生む……
とても素敵なラブストーリーでした。

最も好きなのは、ユキノ先生の家で、
二人がほぼ同時に幸せを強く感じた瞬間です。
特別なことは何も起こっておらず、ごく普通のことをして一緒に過ごしただけなのに、
あぁ幸せだとお互いに思っていたなんて、
まさしく彼らは幸せの中にいたんでしょう。
観ていた私も、そのおすそ分けを貰えた気分になれていました。

あの公園で「歩く練習をしていた」かもしれないユキノ先生に向けて、
タカオが初めて作った靴をプレゼントしたという展開も素晴らしかったです。
心まで包む込むような、足に優しそうな靴で、しかも履きやすそうで、
タカオの気持ちがよく表れていたと思います。


ユキノ先生と言えば、先日から劇場にて公開されている「君の名は。」で、
ユキちゃん先生として元気そうに教壇に立っていたのを見られたのが
とても嬉しかったです。
具体的に描かれることはもうないでしょうが、
タカオとの再会も想像できそうだったことに、にやっとしました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-09-01

その「君の名は。」を特集したテレビ番組にて、
何度も何度も、この「言の葉の庭」の雨のシーンが取り上げられていましたように、
ここで出てくる雨の映像美は本物以上に凄いです。
それもあって、濡れるのが嫌で憂鬱だった雨の日も、
少しだけ好きになれました。
こんな素敵な雨なら、喜んで迎えられると思います。



個人的には、「秒速5センチメートル」の残酷さ、時の流れの無情さの方が好きなので、
この「言の葉の庭」には胸に突き刺さる衝撃(ショック)が無い分、
しんみりと「いい話だったなぁ」で終わってしまった感も無くはないですが、
良質であるのは間違いないです。
まだ観ていない方には強くお勧めします。


劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD秒速5センチメートル [Blu-ray]劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]劇場アニメーション『星を追う子ども』 [Blu-ray]小説 言の葉の庭 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)言の葉の庭 (アフタヌーンコミックス)




2016-09-11 16:50  nice!(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です