So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

感想@大河ドラマ「真田丸」第4回:挑戦*ネタバレあり [NHK大河ドラマ感想]

NHK大河ドラマ「真田丸」第4回「挑戦」の感想です。

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: ムック

主なキャストこちら*敬称略
真田信繁:堺雅人
真田信幸:大泉洋
真田昌幸:草刈正雄
松:木村佳乃
薫:高畑淳子
とり:草笛光子
きり:長澤まさみ
小山田茂誠:高木渉
北条氏政:高嶋政伸
徳川家康:内野聖陽
上杉景勝:遠藤憲一
織田信長:吉田鋼太郎

以下の記述にはネタバレを含みます。
前々回・前回の感想はこちら。
【第2回:決断】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-01-18
【第3回:策略】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-01-30



今週も大変面白かったです。
放送の最後ではもう本能寺の変が描かれたので、
あっという間に放送が終わった感じがしたと同時に、「早っ」と驚きました。


今回の目玉は、なんといっても
真田昌幸(草刈正雄さん)・信繁(堺雅人さん)親子が
織田信長(吉田鋼太郎さん)や徳川家康(内野聖陽さん)との対面を果たしたことでしょう。
特に家康は、将来、良くも悪くも真田家と因縁のある相手となるからか、
彼と信繁の初対面はとても丁寧な描写だったと感じました。
信繁が、矢を運ぶ台の下に車を付けて運びやすくした件について、
「私が考えました」と言ってふんぞり返るところや、
話していた相手が家康だと知らされた後の「もっと下の人かと思った」と
つい非礼な言葉で本音を漏らすシーンは、
彼の微笑ましい未熟さも感じられて、好ましかったです。
あの場は、昌幸さんも家康も本多忠勝もいい歳をした大人なので、
配役の都合で大人の堺さんが演じている信繁は、
見た目よりももっと若いんだと実感できました。

また、信繁の言動については、織田信長との初対面でも良かったです。
あの場にいる他の皆がきちんとこうべを垂れている中、
一人だけぽかんとしながら信長に見とれてしまうのは、
いかにも好奇心旺盛な彼らしい反応だと思いました。
昌幸と信長の対面は、
逆光の演出でもって、歴史の一ページを仰々しく見せたというか、
「運命の一瞬」を神々しく表現していたのが印象的でした。
あのお寺でのシーンのほとんどで、桜がひらひらと舞い散っていたのも、
非常に情感的で美しく、
信長の死によって彼らがもう二度と対面できないのを思うと、
昌幸さんや信繁が後になってこの時を振り返った際に、
「良いことばかりではなかったけれどまるで夢のようだった」と思うのではないかと
想像しました。
それぐらい、映像が大変綺麗でした。


とはいえ、今回、心に最も強く残ったのは、真田信幸(大泉洋さん)です。
松たちが必死に小山田茂誠(高木渉さん)を匿う様を見て、
呆れつつも、一度は仕方なく見逃しただけでなく、
安土に出す人質の一件では信繁や松の狙いをちゃんと見抜き、
嫌いだと言った彼らの小芝居に進んで乗る優しさは、
人の心を大事にしたという史実の信幸さんらしい言動で、
とても素晴らしかったと思います。
先週の一件(昌幸さんに騙された件)を見たばかりとあって、余計に、
それを強く感じました。

それと、踵の荒れできり(長澤まさみさん)の淋しさをさりげなく出していたところや、
上記の人質決めのシーンの面白さも魅力的で、好きです。


さて、信長が亡くなったことで、いよいよ天正壬午の乱になりますね。
まずは家康の伊賀越えがあるようで、放送が楽しみです。
【感想@大河ドラマ「真田丸」第5回:窮地】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-02-07-1


真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 真田丸 (NHKシリーズ)2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)マンガで読む真田三代NHK大河ドラマスペシャル るるぶ真田丸 (JTBのムック)NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)NHK大河ドラマ真田丸プレミアムBOOK (カドカワムック)




2016-02-01 10:23  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です