So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

感想@大河ドラマ「真田丸」第2回:決断*ネタバレあり [NHK大河ドラマ感想]

NHK大河ドラマ「真田丸」第2回「決断」の感想です。

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: ムック

主なキャストこちら*敬称略
真田信繁:堺雅人
真田信幸:大泉洋
真田昌幸:草刈正雄
松:木村佳乃
薫:高畑淳子
とり:草笛光子
武田勝頼:平岳大
穴山梅雪:榎木孝明
小山田信茂:温水洋一
小山田茂誠:高木渉
北条氏政:高嶋政伸
徳川家康:内野聖陽
上杉景勝:遠藤憲一
織田信長:吉田鋼太郎

以下の記述にはネタバレを含みます。
前回の感想はこちら。
【第1回:船出】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-01-16-2



今回も大変面白かったです。
四十五分という放送時間が、あっという間に過ぎていきました。

今回は前回にも増して、登場人物それぞれが深く、魅力的に描かれていたと思います。
岩櫃城へと急ぐ真田家の道中は、本来はもっと悲惨で辛かったと想像できますが、
真田信幸(大泉洋さん)、信繁(堺雅人さん)兄弟は勿論のこと、
女性陣の憎めない描写のお陰で、気楽に観ることができました。
また、絶体絶命のピンチに駆けつけた真田昌幸(草刈正雄さん)の偉大さったらもう!
彼が登場しただけで「あぁ、もう大丈夫」と一瞬にして安堵できただけでなく、
すっきりとした気分になれました。


すっきり……と言えば、織田が下した小山田信茂(温水洋一さん)への処遇。
この時代、家臣が主を裏切るのは珍しくない上に、
戦に勝つためならば、使えるものは遠慮なく使うのが当たり前でしたが、
最後の一線は超えないというか、
人としての思いは一番大事にされることが出てきたのが、
見ていて嬉しかったです。
家臣は最後まで主に忠節を尽くすというのは、美徳で理想ですけれども、
やはり、最低限守るべきものというか、基本だと思うんです。
時に、賢い家臣が愚かな主をきっぱりと見限るのが良い場合もありますが、
これはあくまで例外だと思います。
しかも、この「真田丸」での主(武田勝頼)は、本人に才が無かったというより、
周りに恵まれなかったという描かれ方をされている分、
余計に、裏切者が悪という印象を受けます。
松(木村佳乃)の気持ちを思うと、少々複雑にもなりますが、
いけしゃあしゃあと挨拶をした信茂のふてぶてしさは本当に憎らしかったので、
あのシーンは見ていてすっきりしました。


今回は、真田家の仇敵となる徳川家康の登場も多かったです。
なんとも愛嬌たっぷりな言動で、好ましく思えました。
登場人物ひとりひとりがいきいきと描かれていて、少しも目が離せないのは、
さすが、三谷さんだなぁと思いました。


さて、今回の最後で織田につくと決めた真田家。
真田家面々の賢さは勿論、会話での微笑ましさが面白く、大変見応えがありました。
特に昌幸さんの一筋縄ではいかない性格が、強く出ていて、引き込まれます。
戦国一の智将の一面がよく表現されていたと思います。

次回も楽しみです!
【感想@大河ドラマ「真田丸」第3回:策略】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-01-30


真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 真田丸 (NHKシリーズ)2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)マンガで読む真田三代NHK大河ドラマスペシャル るるぶ真田丸 (JTBのムック)NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (東京ニュースムック)NHK大河ドラマ真田丸プレミアムBOOK (カドカワムック)




2016-01-18 10:27  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です