So-net無料ブログ作成

感想@舞台「弱虫ペダル」IRREGULAR 〜2つの頂上〜ライブビューイング*ネタバレあり [弱虫ペダル]

舞台「弱虫ペダル」IRREGULAR 〜2つの頂上〜の
千秋楽公演のライブビューイングを観てきましたので、
簡単な感想を記します。

主なキャストさんはこちら*敬称略
巻島裕介:廣瀬智紀
東堂尽八:北村諒

小野田坂道:小越勇輝
今泉俊輔:太田基裕
鳴子章吉:鳥越裕貴
田所迅:章平
金城真護:郷本直也
福富寿一:滝川英治
黒田雪成:秋元龍太朗
真波山岳:植田圭輔
水田信行:桝井賢斗
糸川修作:大野瑞生

舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~ [DVD]

舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD

舞台「弱虫ペダル」IRREGULAR 〜2つの頂上〜
http://www.marv.jp/special/pedal/index.html

以下の記述にはネタバレを含みます。



東京公演のチケットは今回も当たらず、一度も行けなかったのですが、
福岡公演の千秋楽のライブビューイングのチケットがようやく買えたので
(前回まではライビュすら先行優先の抽選で落選していました)
映画館に行ってきました。
私が選んだ会場は、イオンシネマ越谷レイクタウンです!
01eaon.jpg
レイクタウンは大好きな商業施設なので、ここでライビュがあるととても嬉しいです!
この日のコーデはこちら。
20151108(Emily Temple cute:童話pt SK)
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-11-11-6



買い物をしたりご飯を食べたりした後、開始十分前に着席。
前から後ろまでお客さんがびっちり入っていました。

始まってすぐに、やっとやっとライビュの大画面で観られている現実に感動し、
ちょっと涙ぐんでしまいました。
公演の内容は、総北の巻島裕介(廣瀬智紀さん)と
箱学の東堂尽八(北村諒さん)のライバル対決を主軸に、
番外編「SPARE BIKE(スペアバイク)」に掲載された彼らの過去や、
彼らを取り巻く生徒たちの交流、活躍などが深く描かれました。
弱虫ペダル SPARE BIKE(1)(少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル SPARE BIKE(1)(少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 渡辺 航
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2014/12/08
  • メディア: コミック


まず、帰宅直後に感情のままに吐き出したツイートを転載します。

……というわけで、初のペダステライビュに大興奮しつつも、
改めてチケット取りに負けた悔しさで激しく落ち込んだ夜でした(´ω`;)


作中で最も好きだったのは、巻ちゃんと東堂さんの最後の対決シーンの演出です。
ここ、普段はよく喋る東堂さんが珍しく無口になっていて、
風の音と二人の息遣いしか聞こえない状態(舞台上もやや暗めのライティング)でした。
余計なものが無かった分、
あの瞬間の二人の想いの強さ、真剣さがひしひしと伝わってきました。
その前の、小野田坂道(小越勇輝さん)の百人抜きシーンにて、
以前の演出が生かされていたのも、良かったです。
(キャストさんが「またやるの?」と苦笑しながら言った点も含めて)
それと、やはり最後です。
一つの頂上を目指す(登りのタイムを競う)のは一旦置いておいて、
今後はそれぞれの頂上の高さ(後輩たちの成長と彼らが出す結果)を競うという点は、
まさに彼らが後輩たちに「繋ぐ」「託す」ことで、
「二つの頂上」というサブタイトルは、
去っていく彼らに相応しい言葉であり、内容だと思いました。



あと、こう書いたら怒られるかもしれませんが、
巻ちゃんって美人さんなんだ……と、改めて思いました。
同人設定では、よく、巻ちゃんは綺麗で美人さんで……ということが多いものの、
原作では(もしそういう設定だったとしても)あまり強調されていないですよね。
この舞台でも何度かありましたように、笑顔なんてキモいと描写されていますし。
でも、つい先日、「The Second Order」の録画を観ていて
初めて「あ、巻ちゃんが美しい……!」と驚いたのを機に、
彼に対する見る目が少しだけ変わったのですが、
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-10-29
今回のライビュで更に背中を押された気がします。
時々、思わず目を奪われるような美しさがあって、
心臓を持っていかれたような気分になりました。

それと、北村さんの肌の白さと格好よさも反則だと思いました。
めっちゃイケメンの東堂さんに、私も応援でキャーキャー言いかったです。

上記ツイートと重複しますが、
今回から加わった小越さんも、とても素晴らしかったです。
キラキラ輝いていて、首がすらっと長くて、きれいな撫肩で、
「少女漫画版の坂道くんだ!」と何度も思いました。
ヒメヒメでぴょんぴょん飛ぶところは、飛び方が見事なだけでなく、
頂点のところで両足を深く折っていて、高さも尋常じゃなく出ていて、
身体能力の高さを見せつけられたような気がします。



ただ、「ん?」と思った点も幾つかありました。
これはテレビ放送の録画(BSスカパー)を観た時も感じたことですが、
全体的にちょっと間延びしていると思えました。
シリアスシーンはともかく、ギャグシーンの一つ一つがちょっと長いなと。
今回で言うと、鴨ネタは一度でいい気がします。
二時間半ぶっ通しというのは、観る側にすると長い方なので、
休憩無しで進めるならば、
キャストのアドリブ等でだらだらしがちなシーンほど、
テンポよくさくさくやってほしいです。

それと、客席とのコールアンドレスポンスは、
ペダステのお約束なんだとは重々承知していますが、
ライブじゃない~云々の郷本さんのは不必要かなと思います。
どうしてもやりたいなら、だらけず、
一回のみ応答でちゃんと成功するようにしてほしいです。
東堂さんの時のは、「東堂さんと観衆のファン」という関係が成り立っていましたし、
一回できっちりと成功していたので、良かったです。



途中、金城真護(郷本直也さん)と福富寿一(滝川英治さん)が
「今までありがとう」みたいなことを言って握手をするシーンがあり、
そこはギャグパートでしたので、笑いが方々から生じてしましたが……
これ、今回で現三年生の出番がとりあえず終了なのを思うと、
そういう意味での舞台上での挨拶にしか受け取れなくて、
私はしんみりしてしまいました。

今回の舞台の主題が、「次に繋ぐ」「次に託す」なのもあって、
作品そのものに随所で泣かされたのは勿論ですが、
そういう「次からはもう違う」点を何度も突き付けられてしまったことで、
感情が変に揺さぶられていました。



そうそう、ペダステは、ライビュ用の映像が流れるんですね!
全キャストさんが集合した状態で
「ご来場ありがとうございました」などのご挨拶をしてくれただけなのですが、
嬉しかったです!
そして、終演後の楽屋からの生放送も!!!
これらが毎回行なわれているかどうかについては、私は知らないのですが、
是非、この先も続けて頂きたいです。



シリーズが続いていることで、
キャストさんの演技も、スタッフさんの演出も磨きがかかっており、
今回も非常に質の高い舞台だったと思います。
次世代編となる次回作も楽しみです!
*ツイートで触れた野獣覚醒編につきましては、
弟がちゃんと録画してくれたので、後でまた感想記事をアップする予定です。


舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNER [DVD]舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The First Result [DVD]舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇~野獣覚醒~ [DVD]舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The Second Order [DVD]舞台『弱虫ペダル』 箱根学園篇‐眠れる直線鬼‐ [DVD]舞台『弱虫ペダル』【DVD】舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR~2つの頂上~ [Blu-ray]



2015-11-11 13:13  nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1