So-net無料ブログ作成

須田亜香里さん:AKB48 41stシングル選抜総選挙〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜 [AKB48・SKE48・乃木坂46]

6/7(土)、福岡・ヤフオクドームで開催された
「AKB48 41stシングル選抜総選挙〜順位予想不可能、大荒れの一夜〜」が
終わりました。

私が推しているSKE48チームEの須田亜香里さん(あかりん)は、
43665票を獲得し、18位でした。

AKB48総選挙公式ガイドブック2015 (講談社 MOOK)

AKB48総選挙公式ガイドブック2015 (講談社 MOOK)

  • 作者: AKB48グループ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/13
  • メディア: ムック


以下、私が思ったこと(勝手な憶測も含みます)をつらつらと書きます。
あかりんの本意とは違うかもしれませんが、
「テレビに映る彼女を見て思ったこと」ですので、ご容赦ください。



選挙の開票が終わってほぼ一日が経った今でも、まだ少し動揺しています。
あかりんが選抜から落ちたせいではありません。
常にアイドルのプロのような振る舞いをする彼女が、
テレビに映っているにもかかわらず号泣していたからです。
s01.jpg

「私は、今日がずっと楽しみでした」
スピーチでのこの言葉が、私の胸に突き刺さっています。
努力の塊のような人に「私の努力不足でした」と言わせてしまったのが
とても辛かったです。



スピーチはこちら(http://www.oricon.co.jp/news/2053946/full/
 (涙を流しながら)去年の総選挙では10位に入れていただいて、でも皆さんからいただいた結果をこの1年、自分の力で守り続けることができなくて、16人選抜に選ばれなくなってしまいました。だから、今日きっとまた、選抜に皆さんがまた入れてくれるって、どこにいても皆さんは見ててくれると思ったんですけど、私の努力不足でした。
 私はずっと、自分の首を絞め続けることでしか頑張れなくて、何回も「もう限界だ」って思ったんですけど、皆さんの笑顔が見たいから、がっかりさせたくなくて、ずっと追い込んだら自分はもっと一生懸命になれるだろうと思いながら一つひとつのことをやってきたんですけど、楽しむってことを忘れてました。
 アイドルで大事なことは、自分が一番楽しむってわかってたんですけど、それができなかったのが、落ちてしまったこと(理由)だと思います。
これからも皆さんが一緒にいてくださる限り、すべてのことは絶対に笑顔に変えてみせるので、これからもお願いします。ありがとうございました。


ぶっちゃけて言えば、私は、あかりんの選抜落ちには驚きませんでした。
以前にも拙ブログに書きました通り、
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-05-22-1
一昨年や去年には確かに吹いていた
「あかりんがAKB48の選抜入りを果たしたら、面白くなるかもしれない」
という追い風がまるで無くなっていましたし、
ファンの間で「あかりんはまず大丈夫だろう」という
確証の無い変な安心感が漂っていたからです。

他のメンバーの獲得票数が前年比で伸びた中、
あかりんは大きく下げていました。
去年と同数の票を得られていれば選抜入りを果たせていたという事実は、
彼女にしてみれば、これ以上ないほど酷い結果だったと思います。



名前を呼ばれた後、テレビにちょいちょい映るあかりんが
まさに茫然自失といった感じでぼんやりとしていたようなのが、
私には衝撃でした。
この世の終わりを見て絶望した人はこんな顔をするんだろうなと思いました。
上記に転載したスピーチを聞いた時、私は涙が止まりませんでした。

あかりんも言っていた通り、総選挙ランクインの効力が薄れてきて、
自分の力だけではAKB48のシングル選抜に入れなくなった今、
彼女が再びのチャンスを求めて選挙に賭けていたのは分かります。
アイドルとしての一般的な知名度がまだまだ低く、
「SKE48の須田亜香里」ではなかなか芽を出せなかった彼女が、
「AKB48のシングル選抜メンバー」との肩書きを持てたことで
頻繁に焦点を当てられるようになり、
新しいことや責任が重い仕事を任されるようになったのを踏まえれば、
今回の選抜落ちは、
彼女にとって未来が閉ざされたと思えた瞬間だったかもしれません。
何より、次々以降のAKB48のシングルでの選抜入りも難しくなったのが
非常に痛いです。
SKE48内での序列が下がる可能性もあります。

スピーチの時に、あかりんは泣くまいと思って必死だったのか、
ずっと目を瞑りながら喋っていたのが印象的でした。
よく頑張ったなと思いましたが、
次にスピーチを始めた兒玉遥さんの後ろで、
しゃくりながら泣いているあかりんの姿を見ていたら、
いたたまれない気持ちになりました……。



これは、アンダーガールズと呼ばれる17〜32位のメンバーの集合写真です。
s02.jpg
あかりんがどこにいるかは敢えて書きませんが……すぐに分かりますよね。

これは取材陣に対するお披露目なので、笑わないのは非常に失礼です。
アイドル失格だと思います。
でも!!
いつもなら感情を殺してでもにっこりと明るく笑うあかりんが、
この時だけはとても笑う気になれなかったんだなぁと思うと、せつないです。
また、これでも自分では笑っているつもりだった
……写真を見たら全然笑ってなくてびっくりした!なんていう真相だったなら、
もっと辛いです。
アイドル・須田亜香里の汚点と言っても構わないほどの失態ですが、
ずっと彼女を見守って応援してきた底辺のいちファンとしては、
彼女の心の脆さを見たことで
「こんな一面もあるんだね」と親近感をより覚えたと同時に、
彼女が言う「自分の首を絞める」努力がいかに辛いのかの片鱗を
知れたような気がしました。



あかりんは、下(端)にいた経験が長いので、
そうしたことには心を強く持てるのでしょうが、
上から落とされた経験は無い(もしくは極端に少ない)はずなので、
泣いていた時は感情が爆発してしまったのかなと想像しています。

あかりんは、SKE48に限らず48グループ全体の中でも
成り上がりの象徴でした。
あかりんが再び這い上がっていく様を見られるかもしれないと思うと
今後が非常に楽しみですし、
彼女がまだ頑張ると言えるのなら、積極的に応援します。



もし宜しければ、あかりんが開票後に書いたブログ記事を読んでみてください。
【須田亜香里|SKE48オフィシャルブログ Powered by Ameba】
http://ameblo.jp/ske48official/entry-12035916040.html

無理しているのがひしひしと伝わってきて、読むと辛いです。
もう既に充分頑張っている人に「頑張れ」と言っていいものか……迷います。



最後に。
もう、ね、あかりんのスピーチをテレビで見た時は号泣でした。
大好きな女の子が泣いているのを画面越しに見て、
何もできない自分が歯痒くて辛かったです。
家族や友達、恋人がこんな状態なら、
傍にいたり話を聞いたりすることで力になれますが、
アイドルと末端ファンの関係ではとても無理です。

他の芸能人が——もっと言えば、
48グループのメンバーがこんなふうに号泣するのを目の当たりにしても、
私の心は動かなかったと思います。
でも、これが握手会の功罪だと思うのですが、
なまじ握手で直に触れあったり、話をしたりするので、
あかりんには情が移っているんですよ……!

「泣かせてしまってすみません」と詫びると同時に、
好きな子が辛そうに泣くのをもう二度と見たくない、
笑顔でいてほしい!と思いました。
こういう感情が悪い大人のお金もうけに利用されている点が
気にならないでもないですが、
48グループがそういうものであるのはずっと前から分かっており、
彼女らのファンになった時点で抵抗を諦めなければいけないので、
自分の行動については問題だと思っていません。

ちなみに、近しい人なら知っていると思いますが、
私は、手元に置く一枚を残して、
重複して買った分のCDは全て、
欲しいと言ってくれた友人・知人に無料で渡しています。
なので、捌けきれない分までは買っていません。



総選挙開票後に更新されたぐぐたすの画像です。
撮った角度のせいかもしれませんが、やつれてる……?
s03.jpg

あかりんには、後で手紙を送る予定です。
亜香里さん。あなたの後ろには、
嬉しい時に共に笑い、辛い時に共に泣くファンがたくさんいます。



2015-06-07 20:31  nice!(0) 

nice! 0