So-net無料ブログ作成

感想@映画「清須会議」*ネタバレあり [映画・舞台]

映画「清須会議」をテレビで観ましたので
感想を綴ります。

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

主なキャストさんはこちら*敬称略
柴田勝家:役所広司
羽柴秀吉:大泉洋
丹羽長秀:小日向文世
池田恒興:佐藤浩市
お市の方:鈴木京香
寧(高台院):中谷美紀

私は原作の小説を読んでいません。
以下の記述にはネタバレを含みます。


————

偶然なのですが、
この映画が関東で放送された前日に、
私、清須城を初めて訪れたんですよ!
勿論、天守閣は新たに建て直されたものでしたが、
放送を見ていたら、ちょっと感慨深くなりました。



さて映画について。
私は三谷幸喜監督の作品と相性がよくありません。
どうも「面白いと思うギャグ」が違うようで、
映画や舞台、ドラマ……と、
この方が書かれるギャグで笑えることは滅多にありません。

それでもこの映画を見ようかなと思った理由は、
やはり題材です。
キャスティングは、
いつもの三谷作品常連の方ばかりで
新鮮さを感じることは無かったですが、
柴田勝家に役所広司さん、
羽柴秀吉に大泉洋さんを持ってきた点は、
素晴らしかったです。



清須会議と言えば、
三法師を抱いた秀吉が、
勝家たちを無理に平伏させる場面が印象的です。
この映画でも、それがクライマックスとして描かれていましたが、
最後まで見たところ、それは単なるエピソードの一つであって、
実は、勝家がお市を娶る点がクライマックスなのでは?と
思えました。

それまでの勝家は、
実に泥臭く、不器用な男として描かれています。
人の好さや真面目さには好感を持てるけれど、
小賢しくて要領の良い秀吉と比べると、
とても天下人の器があるとは思えません。
実際、清須城での会議は、
終始、秀吉のペースで進められてしまい、
勝家は地団駄を踏んで悔しがるばかりです。
そして、三法師の威光を利用した秀吉の策略に引っ掛かり、
彼に渋々と頭を下げる羽目になります。
そのなさけなさは、とても言い表せません。

そんな勝家が、最後の最後で秀吉を負かします。
二人が恋いこがれているお市を獲られたからです。
それまで勝家に全勝していた秀吉の、唯一の黒星です。
その事実はもう、秀吉にとって悔しくてたまらないことです。

ここはおまけのようにさらっと描かれていますが、
想い人を得られてはしゃぐ勝家が、
子供のようにかわいらしく、憎たらしくて、
私もつい笑ってしまいました。



その他の人々も、非常に魅力的だったと思います。
勝家も秀吉も良かったけれど、
一番好きなのは丹羽長秀(小日向文世さん)でした!

あと、お歯黒が怖い松姫を演じられたのが
あの剛力彩芽さんだったとは、
最後のスタッフロールを見るまで分かりませんでした。
そこで驚いてようやく、
劇場公開当時に彼女の出演が話題になっていたのを
ぼんやりと思い出しました。



途中、ちょっとだれる部分もありますけれど、
とにかく登場人物たちがいきいきとしていますので、
なかなかの良作だと思います。



清須会議 Blu-ray スタンダード・エディションオリエント急行殺人事件 ブルーレイBOX [Blu-ray]ドラマW 三谷幸喜「大空港2013」Blu-ray(特典DVD付2枚組)ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]




2015-01-31 20:43  nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0