So-net無料ブログ作成

鎌倉日帰り旅行2013 [日常生活]

もうすぐ一年が経ってしまいますが、
去年の秋(2013.10.27)に、
お世話になっているOさんと
鎌倉へ日帰り旅行をしてきました。
00top.jpg
自分用の記録(日記)も兼ねて、ご紹介します。

ことりっぷ 鎌倉 湘南・葉山 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)

ことりっぷ 鎌倉 湘南・葉山 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


————

私が鎌倉に行ったのは、なんと、小学校の修学旅行以来です。
その頃の私は、今で言う「歴女」として目覚めたばかりで、
源義経に強い憧れを持っており、
彼の異母兄である源頼朝に所縁のある地へ赴けるということで、
非常に興奮していました。

その修学旅行では、クラス毎のバスで移動しており、
観光名所の位置が全く分からなかったのですが、
電車でも楽に行ける(駅から近い)場所が多いんですね!
こうして、大人になってから簡単に来られたことが
感慨深かったです。



友人とは鎌倉駅の改札で待ち合わせの約束をしていましたが、
その前に、駅のホームでばったり遭遇ww
01.jpg

JR鎌倉駅!
02eki.jpg
改札を出たあと、後ろを振り返ってこの駅舎を見ただけで
興奮しました。
「憧れの鎌倉〜! やっと来られた!!」という感じで。



人で賑わっているらしい小町通りを気にしつつも、
とりあえず、メインストリートらしい若宮大路を歩きました。
03torii.jpg



十分前後で、最初の目的地である鶴岡八幡宮に到着。
https://www.hachimangu.or.jp/
この日は十月最後の日曜日ということで、参拝客が多かったです。
04.jpg

舞殿では結婚式も挙げられていました!
以前、厳島神社に行った時も見かけたことがあるのですが、
どきどきしました。
全然関係ないのに、嬉しくなっちゃったなぁ。
05wed.jpg

そして、いざ、鶴岡八幡宮の大石段へ。
06.jpg
ご存知の通り、ここは源実頼が暗殺された場所です。
彼を殺めた人が隠れていたという大銀杏は、
残念ながら強風で倒れてしまいましたが、
「これが!!」とときめきながら、ゆっくり上りました。
07.jpg



鶴岡八幡宮の本宮です。
08hachimangu.jpg

絵馬にお願いごとを書き、奉納しました!
09ema.jpg
字が汚いのは許してください(駄目)。



お守りを買って、「鳩みくじ」を引きました。
10hato.jpg

その結果は……
11mikuji.jpg
左:Oさん(凶)
右:私(末吉)
(おみくじに鳩のストラップが付いています)

悪い運勢だった場合は、
境内にある矢鏑棒を握ることが推奨されています。
12.jpg
連れのOさんもしっかりと握っていきました。
13yabukara.jpg
凶運が強運に変わった……はず!!!!!

こちらに着いた時、
自分が家に忘れ物をしてきたことに気付き、
大きな後悔をしました。
それは、ご朱印帳です。
「また来なきゃ」と思いながら、大石段を下りました。
(約一年後となる先日、ご朱印を貰ってきました)



その後は、ちょっとだけ散策。
境内にはとにかく鳩がいっぱいいました!
14hato.jpg

源氏池には旗上弁財天社がありました。
15.jpg



帰りは、小町通りをぶらぶら。
お土産屋さんと食べ物屋さんばかりで、うはうはです。
私もお煎餅やお団子を食べながら歩きました。
16foods.jpg
一番下のお店・まめやさんは、凄く良かったです。
ほぼ全ての商品の試食ができるのが有難かった!
何より美味しい。



小町通りを終えて鎌倉駅前に戻ると、
次に行くつもりだった「大仏」と書かれたバスに遭遇。
慌てて乗りました。
17bus.jpg

所要時間は忘れてしまったのですが、
大体二十分ぐらいだったと思います。
最寄りのバス停からちょっと歩いて、
鎌倉の大仏様(鎌倉大仏殿高徳寺)に到着。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%BE%B3%E9%99%A2
18.jpg

その大仏様!!
こちらも、小学校の修学旅行以来です。
19daibutsu.jpg
再び訪れてみてとても驚いたことがあります。
上記の通り、大仏様はお寺の中にあるのですが、
記憶より敷地が狭かったんです(もっと広いと思っていました)。
「こんなに狭かったっけ……?」と
連れのOさんに何度も言っていたら、
「その時(修学旅行時)はまだ小さかったからだよ」と
笑われてしまいました。
まさに理由はこれですよね。

大仏様の中は空洞になっていて、
別料金で入ることができます。
一度に入れる人数に限りがありますので、
混雑時は少々待たされます。
20tainai.jpg



それから、最寄り駅である江ノ電の長谷駅に向かって移動。
お腹も空いたので、
通り沿いにあったお蕎麦屋さんで昼食を取りました。
21soba.jpg



憧れの江ノ電!
車体がかわいいです。
22enoden.jpg

0さんのリクエストで由比ヶ浜駅に移動し、
十分ほど歩いて鎌倉文学館へ。
この日は日射しが強く、
途中のコンビニで買い食いしたアイスに救われました。
http://kamakurabungaku.com/about/index.html

私は存在(建物の名前)すら知らなかったのですが、
こちらは旧前田侯爵家の別邸だそうで、凄く素敵でした!
23bungaku.jpg

むちゃくちゃ素敵な洋館の外観です!!
ロリ服(metamorphose temps de fille)着ていて良かったと
心から思いました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-11-13-7
24.jpg

庭(バラ園)からのぞむ洋館。
25.jpg
実のところ、展示品(鎌倉の文豪ゆかりの品)には
あまり興味を持っておらず、
ざっと見ただけで終えてしまいましたが、
内装も外観と同様に良かったです。

当然ながら中は撮影不可なので、
建物入口を撮りました。
28.jpg
中にはバルコニーがあり、
庭は勿論のこと、相模湾を眺めることもできました。



庭のバラ園。
十月下旬ですので、時期的に終わりだったのでしょうが、
まだそこそこ咲いていました。
26bara.jpg

薔薇の一部をご紹介します。
27.jpg
こういうものを撮る時は、やっぱり一眼レフが欲しくなります。
持っているんですが、フィルムなので今は全然使ってないんです。



そこから三十分弱ほどてくてく歩いて、海へ。
由比ガ浜海水浴場です。
http://yuigahama.sos.gr.jp/
29.jpg
私は生まれも育ちも海無し県(栃木)なので、
海を見ただけで、テンションが異常に上がります。
この時も興奮しっぱなしでした。



自分用に買ったおみやげは、
鎌倉といえばこれ!の鳩サブレと、
小町通りのまめやさんのりんご味の豆。
どちらも美味しかったです。
30.jpg

お疲れ様でした。
31.jpg
<○>!!



ことりっぷ 鎌倉 湘南・葉山 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)るるぶ鎌倉'14~'15 (国内シリーズ)とびっきりの鎌倉案内 (エイムック 2842)鎌倉・江ノ電さんぽ—また来たくなる、渋ゆるい心地よさ (散歩の達人MOOK)とっておきの鎌倉100 鎌倉に住む500人が選ぶ鎌倉おさんぽマップ (ブルーガイド・ムック)改訂版 鎌倉お散歩地図 (Gakken Mook)




2014-10-11 10:33  nice!(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1