So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【討鬼伝 極】モノノフ初心者プレイ日記:その9(第八章)*ネタバレあり [討鬼伝]

PSVITA版「討鬼伝 極」の感想とプレイ日記を綴っています。
無印版は遊んでおらず、極から始めています。
新米モノノフ・さくら(女)、武器は太刀です。
touki.jpg

討鬼伝 極(通常版)

討鬼伝 極(通常版)

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game

以下の記述にはネタバレを含みます。
好きなキャラクターは大和と那木です。


前回の記事はこちら。
モノノフ初心者プレイ日記:その8(無限討伐任務1)*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-10-04-1

当プレイ日記はURLを一覧記事でまとめています
プレイ日記一覧「討鬼伝 極」
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/toukiden


————

今回から「極」で追加されたストーリーについて記述します。

まず、新キャラクターの三人が加わりました!
遊ぶ前に一番気になっていたのは相馬ですが
(声優の緑川さんが好きなので……)
実際に彼らと関わるようになってからは、
ホロウが特に好きです。
とぼけた(でも本人はいたって真面目)な言動が可愛い!
食べ物ネタに文字通り「食い付く」のも魅力的です。
でも名前といい外見といい、彼女には、
「極」の目玉となるような秘密があるようで……。
追加武器である銃についても、
とても気になっているので(私自身も使ってみたい)
戦闘でも積極的に彼女を使おうかと思っています。

相馬は、安定のイケメンさんで嬉しかったです!!!
息吹とはまた違った感じで良いです(*´ω`)b
相馬の外見はまだ若そうですが、
八年前のオオマガドキの英雄という点を考えると
そこそこ年齢を重ねているのかなと思いました。
少なくとも、伊吹や那木よりは年上ですよね??
口が悪くて自信家だけど、それに遜色ない実力があるなんて、
まさに二枚目役のキャラだなと思いました。
ウタカタの里の女性が彼に浮ついているのもおかしいww

暦については……実を言いますと、
私、これまで訓読みで「こよみ」と思っていたので、
「あ、音読みで“れき”なんだ」と驚きました。
どう考えても彼女はシラヌイの里のスパイっぽいので、
この先、それがバレる展開を見られるであろうことが楽しみです。



かねてから、胡散臭いところがある描写が多い霊山でしたが、
ここにきて更にそれが強調されました。
でも相馬たちと共にやってきた九葉は、
実は良い人なんじゃないかと思えています。
一時的な感情に流されず、冷静な心を保ちながら、
ひたすら「鬼を殲滅する」ことを第一と考えているのではないかと。
感情的になりやすい人(まさにウタカタのモノノフたち)は
九葉を嫌うかもしれませんが、
頭として全体を見る必要がある大和は、
実は九葉をそんなに嫌っていない木がします。
(人間的に好きかどうかは別として、軍師として認めている)



次は、新たに登場した大形鬼について。

まずはカゼヌイ。
猫型の鬼というか、猫の擬人化っぽい鬼で、
これを最初に見た時に
「そういえば極のパッケージイラストの鬼も動物っぽかったなぁ」と
思い出しました。
パッケージイラストの鬼は、猫というより
天狐が化けた(成長した??)ようにしか思えませんが。
カゼヌイは、これまでの大型鬼とテイストが違い、
あまり和の要素を感じられないことから、
未だに「ポケモンと戦っているみたい」と思ってしまいます。
物凄く素早いですし、尻尾ビンタは強烈ですし、
タマハミ後の光学迷彩もとい透明化がやっかいで、
あんまり好きではないです。
(でも大嫌いなツチカヅキやホムラカヅキよりはましです)

次はオラビ。
発売前の特別任務で戦った大型鬼の一つです。
あの時は辛うじて一度だけ勝つことができて
「も……もういい。もう戦いたくない」と嫌気を覚えたものですが、
今はそれより少しだけ成長できたようです。
でも、空中からの急降下の攻撃を受けて一発で死ぬことが度々あり、
いつもひやひやしています。
特徴である鳴き声はかわいいと思います。
うるさいですがww

オンジュボウは「気持ちが悪い」に尽きます。
なんていうか、人間が鬼の仮面をかぶっているというか、
ナマハゲっぽい外見だなぁと思えました。
独特なステップも、見ていて嫌な気分になります。
タマハミ後に持つ球体は、まるで花柄の手鞠のようできれいですが、
早々に壊さないと面倒臭いことになるので、
「だ、騙されないわよ」と思いながら戦っています。

上記三体の印象が強すぎるからか、
最後に戦ったヨミトサエの印象は薄かったです……。
でも、ただでさえ不得意なクナトサエが
更に強くなっているということで、
手を焼かされたのを覚えています。
足による踏み付け時に炎が上がるのがいやらしい!!



無印版と同じつもりで進めていたので、
八章終了時には「え? もうこれで終わり??」と驚きました。
もしかして、極の追加ストーリーは全部短かめなんでしょうか。
(任務数も少ない??)



続きはこちら。
モノノフ初心者プレイ日記:その10(第九章)*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-10-05-1



討鬼伝 極(通常版)討鬼伝 オリジナル・サウンドトラック討鬼伝 公式設定資料集討鬼伝 ガイドブック 上討鬼伝 ガイドブック 下討鬼伝 極 ガイドブック 上討鬼伝 キャラクターFILE




2014-10-05 16:35  nice!(0) 

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です