So-net無料ブログ作成

感想@映画「体脂肪計タニタの社員食堂」*ネタバレあり [映画・舞台]

映画「体脂肪計タニタの社員食堂」をDVDで観ましたので
感想を記します。

映画 体脂肪計タニタの社員食堂 (DVD2枚組)

映画 体脂肪計タニタの社員食堂 (DVD2枚組)

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD

主なキャストさんはこちら(敬称略)。
春野菜々子:優香
谷田幸之助:浜野謙太
谷田卯之助:草刈正雄
丸山:宮崎吐夢
福原:小林きな子
太田:草野イニ
光子:渡会久美子
信子:藤本静


以下の記述にはネタバレを含みます。
原作となった本
「体脂肪計タニタの社員食堂〜500kcalのまんぷく定食〜」は未読です。
体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

  • 作者: タニタ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


————

タイトルの通り、
体脂肪計を始めとする健康機器メーカー・タニタの映画です。
作中で会社の宣伝を行なうことはなく、
健康的に痩せるためのハウツー作品に徹していたのには
好感を持てました。



ただ、血糖値を上げない為に野菜から食べる、
野菜は大きめに切って、茹で方も固めにし、
歯ごたえを出してよく噛めるようにする。
味付けは薄め、濃い味に慣れた舌でも一週間で元に戻る……など、
ダイエットに関する情報は多かったですが、
世に知られていることばかりなので新鮮味はありませんでした。

また、主要人物四人が
数々の誘惑に負けつつも頑張っていくという話だけでは
作品を作れなかったのか、
「これ、必要?」と思えるくだらない映像が時々入り、
それがまた面白くないので、
見ていて退屈だと感じただけでなく、
つまらないので、
もうDVDの再生を止めたいなと思いました。



凄く気になったのが……
コミカルさを強調したかったのか
変に下品なシーンがあったのと、
副社長・幸之助の無能さが酷すぎた点です。
特に後者については、
「こんな駄目人間でも本気になれば痩せられる!」というのを
主軸としたかったのでしょうが、
本当に酷すぎて、見ていて不快でした。
部下の方々に同情します。

精神的に脆い人間が頑張るのは、物語の王道の展開です。
でも、それはあくまで
観客(視聴者)がその人物に共感して成り立つ事であって、
その人物の描写が悪いと、なまじ出番が多い分、
見ていてストレスが溜まります。
作中では間食や菓子パンなどを否定していましたが、
こういう嫌な描写を延々と見せられたら、
それらを食べて憂さを晴らしたくなりました。
本気でダイエット映画を作るなら、
飲食するのを忘れるほど夢中になれる内容にしてほしかったです。

あ、でも、壇密さんのシーンは好きでした。
看護婦だった彼女が社長の秘書となったオチも
おかしかったです。



作中で出てくる料理は、
実際のタニタの料理そのままらしいので、
非常に地味な見た目です。
タニタの映画ですから、これで良いのでしょうが、
華やかさに欠けた料理を見るのは、
映画としてはつまらないんだなぁと思いました。
茹でたサヤエンドウの青々しさなど、
「お!」と思えるシーンもあったのですが、
お皿の上に乗せちゃうと、
びっくりするぐらい地味で色褪せてしまっていて、
ちょっと勿体無かったです。



唯一良かったのは、
優香さんの特殊メイク(デブ仕様)です。
インドのきらびやかな衣裳で踊るシーンもあるので、
優香さんを好きなら、観ても良いかもしれません。

今なら安価でDVDも借りられますが、
それなら、原作の本や関連書籍を買った方が良いと思います。



体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~続・体脂肪計タニタの社員食堂丸の内タニタ食堂 ~行列のできる500kcalのまんぷく定食とお弁当~タニタとつくる美人の習慣量る・計る・食べるダイエット体脂肪計タニタのダイエット家計BOOK (SEIBIDO MOOK)タニタ式カラダのひみつ: 1定食500kcalおなかいっぱい食べて、太りにくくなる!




2013-09-28 12:32  nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0