So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「SUMMER NUDE」第6話「さよなら大好きな人…運命の再開と10年愛の結末」*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

2013年夏のフジテレビ月9ドラマ
「SUMMER NUDE(サマーヌード)」の感想です。
今回は第6話「さよなら大好きな人…運命の再開と10年愛の結末」についてです。

主なキャストさんはこちら(敬称略)
三厨朝日:山下智久
千代原夏希:香里奈
谷山波奈江:戸田恵梨香

矢井野孝至:勝地涼
桐畑光:窪田正孝
谷山駿:佐藤勝利
堀切あおい:山本美月
米田春夫:千葉雄大
石狩清子:橋本奈々未
一瀬麻美:中条あやみ
一倉香澄:長澤まさみ
小南文博:斉木しげる
下嶋勢津子:板谷由夏
下嶋賢二:高橋克典

前回の感想はこちら。
【第5話「友情と恋…あなたはどちらを選びますか」*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-08-06-1

以下の記述にはネタバレを含みます。


————

まずは、番組公式サイトより第六話のあらすじを転載します。
http://www.fujitv.co.jp/SUMMER-NUDE/trailer/index06.html

 波奈江(戸田恵梨香)に告白しようと思った矢先、香澄(長澤まさみ)の姿を目にした朝日(山下智久)は動揺する。状況を察した香澄はその場を立ち去るが、朝日は後を追わない。しかし、その後も香澄のことが頭から離れない朝日に、波奈江は香澄に会って来い、と言う。

 朝日は、香澄の姿を求めて、夜の町を探し続けるが、香澄を見つけることはできなかった。ところが翌日、写真館にいた朝日のもとへ香澄から電話がかかってくる。
 香澄が戻ってきた、というニュースは、たちまち町の人々の噂となった。
 その頃、東京に戻ると決めた夏希(香里奈)の送別会が開かれることが決まる。それを孝至(勝地涼)から聞いた朝日は、自分が知らないうちに夏希が決断していたことに驚く。

 勢津子(板谷由夏)から香澄のことを聞いた夏希は、波奈江の家を訪ねる。波奈江は、気丈夫に振る舞いつつも、内心では大きなショックを受けていた。

 別の日、東京での仕事の面接を終えた光(窪田正孝)は、神宮球場の外観を撮影すると波奈江に送った。

 夏希の送別会が始まり、「港区」に朝日、孝至、駿(佐藤勝利)、あおい(山本美月)、賢二(高橋克典)、勢津子らが集まった。朝日と顔を合わせる自信がない波奈江は、風邪を理由に欠席していた。朝日は何度も波奈江に連絡するが、電話はつながらなかった。

 その頃、波奈江は東京にいた。

 孝至とともに自宅に戻った朝日は、香澄か波奈江か、自分の決心を明かすが・・・。



今回の放送もリアルタイムで視聴していたのですが、
夏コミからの帰宅後で、ぼーっとしていた為、
日を置いてから、録画した分を改めて見直してみました。

今回、物語の台風的存在である香澄(長澤まさみ)が
あの海に帰ってきたわけですが……
潮風ビールの看板が無かったことにショックを受けていたり、
朝日(山下智久)からの祝いの言葉に対して
複雑そうな表情をしていたりしたのは良かったと思います。
でも、夏希(香里奈)の自覚により、ようやく、
波奈江(戸田恵梨香)+夏希+朝日による
三角関係ラブが始動したばかりの今回は、
ぶっちゃけ、彼女は要らなかったなぁと思いました。

後先考えず、勝手な好みから言いますと、
朝日が夏希とくっつくとして、
波奈江の問題をようやくクリアした後に
ラスボス的な感じで香澄に登場してほしかったです。
香澄の存在については、
好きな人(朝日)の元カノということで、
夏希も、一応、気にしていたようですが、
波奈江ほど深刻な問題ではなかったらしいのは明らかです。
夏希にも、香澄の存在を自分の問題として、
もっとショックを受けてほしかったなぁと思いました。



さて、朝日について。
前回のラスト&今回の冒頭で、
朝日は波奈江に告白しようとしていましたが、
しなくて正解だったと思います。
自分の傍にはいつも波奈江がいた……と気付いた時から、
朝日は彼女に対する見方を少し変えたようですが、
どう見ても、あれは恋じゃないですよね。
波奈江に対しては、元々、友達として凄く好きで、
良い人だと思っている彼女にとても良いことをされたから、
うわぁと感動した勢いで、ここまできちゃっただけかと。
もし、あのまま告白をして付き合っていたら、
朝日もいつかそれに気付いたでしょうが、
彼は優しい人なので、きっと気付かない振りをして、
波奈江と付き合い続けたのではないでしょうか。
でも波奈江は、ずっと朝日を見続けてきたので、
彼がどんなに隠そうとも、彼以上に彼の本音を知ってしまい、
いつか、今回のラストのように自分から彼を振ったと思います。

ただ、朝日が波奈江に恋していないように見えるからといっても、
香澄に対する気持ちは、前とは大きく違っていたようでした。
突然、香澄が現れたことで、朝日は相当驚いていましたし、
彼女が結婚するという話に動揺していたらしいですが、
以前の彼だったら「おめでとう」とは言えなかったと思います。
(朝日の性格からして、香澄を罵ることもしなかったでしょうが)
それは絶対、波奈江のお陰ですよね。
あと、夏希を少し気にしているせいでもあると思います。



さて、波奈江。
冒頭で、香澄の元に朝日を行かせたあたりは凄く好きです。
彼女なりに、良い女として格好つけたつもりのようですが、
ああいうことができるなんて凄いですし、
本当に格好良かったです。
最後に「朝日を諦める」宣言をしたのも良かった!
波奈江の場合、まだ無理をしていると思うんですが、
ぶっちゃけ、朝日の気持ちは彼女にこれ以上向かないので、
このまま進んだ方が、彼女の為だと思います……。



夏希については……一応、メインヒロインなのに
今回は波奈江と香澄に焦点が当てられていたので、
完全に脇役でした。
でも、駅のホームで偶然会った香澄に、
ビールの看板がつい先日まで残っていたことや、
朝日がその看板に向けて毎日欠かさず挨拶をしていたり、
DVDを延滞していたりしたのを教えてあげたのは
凄く良かったです。



中盤、波奈江が、
助っ人外国人がそのまま居着く云々の例を挙げていたので、
夏希も近い内に帰ってくるのかなぁと思っています。


続きの感想も書きました。
(第7話は視聴していません)
【第8話「好きになってるじゃん、俺」*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2013-08-26-1
宜しければ、合わせてご覧下さい。



2013-08-15 23:56  nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0