So-net無料ブログ作成

レポート&感想@イベント「戦国無双 声優奥義 外伝 〜出陣! 義の誓い〜」昼の部*ネタバレあり [戦国無双]

2013年3月30日、横浜BLITZにて、
イベント“戦国無双 声優奥義 外伝 〜出陣! 義の誓い〜”が
行なわれました。
昼夜二回公演の内、私は昼公演に参加しましたので
簡単なレポートと感想を記します。

出演者はこちら
・草尾毅さん(真田幸村 役)
・竹本英史さん(石田三成 役)
・高塚正也さん(直江兼続 役)

・山田真一さん(島左近 役)
・藤本たかひろさん(福島正則 役)

バラエティDVD+CD 戦国無双 武将遊戯

バラエティDVD+CD 戦国無双 武将遊戯

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモウェーブ
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
また、今回はメモを全く取らず、
帰宅してから内容を思い返してまとめましたので、
曖昧だったり間違ったりしている部分があるかもしれません。
(今回のイベントにはカメラ機材が入っておらず、
DVD販売といった映像化は無いそうです)


まずは、公式サイトより、当公演の内容を転載します。
http://www.gamecity.ne.jp/media/event/2013/sengoku-haru/
DVD+CD「戦国無双 武将遊戯」の発売を記念してイベント開催!
友情を誓った真田幸村、石田三成、直江兼続の“義トリオ”が熱きステージをお届けします。
新曲「草枕之夢」を生で初お披露目するほか、これまでのトリオ曲、ソロ曲を全曲歌唱。
3人の出陣にぜひ立ち会おう!


ご記憶の方も多いかと思いますが、
今回のイベントは、急遽、決定されたようで、
発表〜チケット発売〜当日の間が短く、あっという間でした。
また、本日は、
戦国BASARAのイベント・春の陣の初日と重なっており、
当然ながら、そちらはかなり前から情報が出ていて、
既にチケットも発売されていましたので、
「両方行きたかった」という方もいらっしゃったと思います。


私は元バンギャで、
オールスタンディングのライブハウスにも慣れているのですが、
さすがに最近は
「立ちっぱなしは疲れるなー」といった気弱なことを
先に考えるようになり、
BLITZ公演では二階指定席を選ぶようになっています。

でも!!
無双シリーズのイベントでのスタンディングライブは珍しいですし、
ステージがある前方に行くことができれば
声優さんを物凄く近くで観られるので、
悩みに悩んだ末に、一階のスタンディング席を購入しました。
しかし、イープラスの最速発売(web)で、
開始1分も掛からずに申し込み手続き完了できたのに、
整理番号が1200番台という悪さで凹みました。

コーエーさんのFC会員の方がまず優遇されるとは
事前に分かっていましたので、
良番は期待してなかったのですが、
ここまで悪いとは思っていませんでした。
しかも、数日後に行なわれた
コーエーさんのイベント・声優乱舞
(真・三國無双のイベント)の会場で
販売されていたチケットの方が良かった為、
更に凹みました。
しかも、会場で買えば、手数料が掛からないですし。
(後になって分かりましたが、
このイベントは1000番台からの入場だったようで、
落ち込むほど悪くもなかったみたいです)

加えて、当日は、
私の推しアイドル・SKE48の握手会が
パシフィコ横浜で開催されていました。
三月いっぱいで卒業される秦佐和子さんと握手できるのも
これが最後ということで、
ぶっちゃけ、BLITZに行くまでは全く気が乗りませんでした。
握手会に参加するだけで帰ってもいいけれど、
高いチケット代が勿体無いから仕方なく行った
……という感じでした。



整理番号が遅いので、早く行って待つのも無駄だと思い、
開場時間12:30を少し過ぎてから会場前に到着。
この時点で……人がいない! 待機列も無い!
s1.jpg

チケットの売れ行きがあまり宜しくなさそうだとは
何となく感じていましたが、
これはちょっと予想外でした。
会場内の通路にはコインロッカーがありまして、
季節や公演の内容によっては、すぐに埋まってしまうのですが、
今回は非常に余裕でした。

私はぐるりと回り、ステージ下手側からホール内に入りました。
既に二柵目にも人がいましたけれど、
一柵目(前のブロック)もまだまだ余裕だったのでそこに行きました。
そしてびっくり!!
今回は、ステージ正面の中央部分に、
六畳程度の張り出しステージがあったんです。
凸みたいな感じだと言えばお分かりでしょうか。

この時点で「あぁ、今回は一階席で大成功だな」と確信しました。
二階席も、ステージはそう遠くなさそうなので、
もしそこで見たならば、それなりに満足したと思いますが、
この張り出しステージがあるお陰で、もう近い近い。
最終的には、張り出し部分の柵の2~2.5列目ぐらいで見られました。
(半分、隣のお客さんの体がややかぶっていたので)

この状況に、整番の悪さにへこんでいた気持ちも、
一気に吹き飛びました。
また、ギュウギュウにはならなかった為、
お客さん同士で後ろや横から強く押すこともなく、
実際、公演中は快適に過ごせました。



イベントは、定刻の13時半に開演。
初っ端は、アンフィニさんによるダンス。
音楽は戦国無双3のテーマソングでした。

アンフィニの四人がステージから退場すると、
まず草尾毅さん(真田幸村)が最初にご登場!!
竹本英史さん(石田三成)、高塚正也さん(直江兼続)も現れました。
立ち位置は、中央に草尾さん、
ステージ向かって左(下手側)に高塚さん、
向かって右(上手側)に竹本さんでした。

そして、「義トリオと言えばこれ!」な
“義の誓い”のショートドラマ再現を行なってくれました。
忍城攻め直前に、三人が交わす会話です。
具体的に書きますと……
長篠での手痛い敗戦に落ち込む真田幸村の元に、
石田三成を連れた直江兼続がやって来ます。
三成は秀吉の子飼いの将でありながら、
彼が行なう“数の力で敵を負かす戦”に不安を覚えている様子。
そこに、幸村が義の大事さを口にします。
気が合った三人は改めてそれぞれ名乗り、友情を深めます。

はい、せんむそ屈指の名場面
「義……ではないでしょうか」です。
「真田幸村!(ノリノリ)」→「直江兼続!(ノリノリ)」→
「石田……三成……(小声)」も再現されました。
熱い二人に面喰らいながらも
まんざらでもなさそうな殿(三成)が可愛かったです。



そして曲へ。
「仰ぎて天に愧じず」
草尾毅(真田幸村)/竹本英史(石田三成)/高塚正也(直江兼続)

歌詞一番のサビの最後「光る光る光る……」で、
高塚さんが「光る」を一回多く言ってしまうミスがあり、
笑いが起きました。

「明鏡止水 〜もののふが道〜」草尾毅(真田幸村)

「物申す」竹本英史(石田三成)

「日輪に誓う 〜愛と義の太陽!〜」高塚正也(直江兼続)



義トリオの曲そして三人それぞれのソロ曲を
一つずつ披露したところで、最初のMCへ。
曲の順番からして当然なのですが、
最後に歌った高塚さんが
「一人、取り残されてしまいました」と言って、
やや不安げに最初のご挨拶などをされていました。
「そろそろ来てくれないかな」と助けを呼ぶと、
ようやく、草尾さんと竹本さんも再登場。
草尾さん曰く、「ツッコミどころが無かった」そうです。
↑多分、再登場のタイミングが無かったと
言いたかったんだと思います。


この時に明かされたことによると、
今回のイベントは、元はと言えば
横浜BLITZさんから持ちかけられたお話だそうです。
どうも、急遽、この日が空いたらしく、
コーエーさんに「如何ですか」とお話が行き、
じゃあ「ネタがある人たちで(by竹本さん)」ということで、
義トリオが選ばれたらしいです。

時期が時期なので、
私はパチンコ絡みのイベントかと思っていましたが、
イベント中にパチンコのパの字も出ませんでした。
当然、ちんこの話もありませんでした。
DVDの宣伝も兼ねた内輪話はちょっとだけありましたが、
気にならない程度でした。


また、今回は初めて衣裳さんが付いて、
三人のステージ衣裳を作ってもらったそうです。
三人とも、黒と白を基調としたオサレ系の服で、
(でも私の好みじゃなかった……)
ライトがよく反射するようにと
スパンコールがたくさん使用されていました。
他、差し色で赤が使われていたり、
光り物のネックレスをしていたり。
そして、草尾さんには上着のひらひらとした裾近くに「焔」、
竹本さんには上着の背中に「策」、
高塚さんにはズボンの太股辺りに「愛」という
金色の文字の刺繍もなされていました。

ゲストの方がいらっしゃらなかった時のMCだったので、
多分、この時だったと思うのですが、
草尾さんが、京都で二人(草尾さん+竹本さん)で始めたイベントが、
こうして横浜BLITZで三人(+高塚さん)でできるなんて……!と
感慨深く仰ったあと、
「次はどこで」という話題になり、
客席からは「武道館!」との声が一番多く飛びました。
高塚さんは、大坂夏の陣・冬の陣として
大阪城ホールでやりたいそうです。
でも史実では、大坂の役の時には三成がもう亡くなっているので、
竹本さんが「僕、いないんだけどなー」と拗ねたように言い、
やっとそれに気付いた高塚さんが苦笑いをされてました。
(多分、これも高塚さんだと思うのですが、
「でも戦国無双はIFの話があるので〜」とフォローされていました)

お酒の話になったのもここだったと思いますが……
(DVDで高塚さんがベロベロに酔っぱらっていた云々)
草尾さんが「今はどれくらい(酔ってる)?」との質問に対し、
高塚さんが「全然ですよ」と慌てて答えた後、
「お客さんに酔ってます」とイケメンな答えで
切り返していました。
で、サービスで同じ台詞を草尾さんも言った後、
鉾先が竹本さんに代わり、
「……俺を早く酔わせてくれ」的なことを言ってました。
これにはファンも大歓喜!!
ちょっと照れ気味な竹本さんが素敵でした。

それと、高塚さんはよく呑まれるそうで、
テーブルに突っ伏して寝ちゃうことが多々あるみたいです
(ご本人談)。


高塚さんと言えば……雨!ということで、
実は私もお天気を心配していたのですが、
この日は、夜から朝方にかけてちょっとだけ降ったものの、
日中は大丈夫でした。
MCでも草尾さんが笑いながらこの点について触れてらっしゃって、
高塚さんも「大丈夫でした?」とお客さんに聞く場面も。
「でも晴れてはいないですよね」と苦笑もされたり、
「傘、邪魔でしょう?」とお気遣い下さったりしていました。
他にも、「(雨は)夜に取っておきますから」という不穏な発言もあり、
客席ではずっと笑いが絶えませんでした。



「青冥之鷹」草尾毅(真田幸村)
私、この曲が凄く好きなので、
生で聴くことができて嬉しかったです。感動しました。
メロディも歌詞も清々しくて、
無双幸村にぴったりの曲だと思います。
(ある意味「死にたがり」の彼ですが、
こんなに爽やかに歌われてしまったら、
本懐を遂げさせてあげたいと思ってしまうなー……と)


「狭霧之彼方」竹本英史(石田三成)
「え……これ『feat. 島左近(山田真一) 』だよね。
ここで山田兄さん登場? フューチャリングするの?」と
期待しながら待っていたら、その通り、
間奏で山田さんが上手から登場!
でもその格好にびっくり!
大正浪漫系の黒服
(ケープ付きコートとズボンのセット/模様が入ってました)に
赤い番傘——しかも“大一大万大吉”の文字入り——を持つという
趣向でした。
一瞬で、客席がどよめきました。
殿の素敵な持ち歌なのに、左近が全部持っていきましたww

歌い終わった後に、竹本さんが
「左近、頼りにしている」と言ってくださったのが
とても嬉しかったです(´ω`*)


「侍魂〜KIZUNA〜」山田真一(島左近)
こちらも『feat. 石田三成(竹本英史) 』なので、
間奏で下手から登場した竹本さんが
三成の台詞を言って下さいました。
以前の声優奥義でも思ったことなんですが
この曲での山田さん、ちょっとタメが長過ぎる気がします。
CD収録のように、普通に歌ってくださる方が私は好きです。

この曲の終わりでも、山田さんが左近として、
「殿の為に天下餅をついてさしあげましょう」みたいなことを
仰ってました。


「風雨同舟」山田真一(島左近)
先に「侍魂」を歌われたので、
この曲は無いのかなと思っていたのですが、
(義トリオは、トリオ曲・ソロ曲を全て歌うとしても、
ゲストはあくまでゲストなので、そうじゃないのかと……)
無事に聴けて良かったです。
左近の歌としては、こちらの方が好きなので。



左近が二曲続けて歌った後で、殿(三成)が登場。
「殿!」「さこ~ん」とお互いに名前を呼び合って
山田さんと竹本さんが抱擁していました。
また、竹本さんはすぐに「これ、どうしたの」と言って、
番傘にツッコミを入れてました。
そこにある“大一大万大吉”の文字は手書きだと
山田さんが言ってました。

二人のだらだら主従トークを聞いていると、
何故か、ステージ後方にマイクスタンドが二本用意されました。
「あれ? 二人で歌う曲ってあったっけ」と
ステージ上のお二方がすっとぼけた感じで言うものの、
客席も分からず、「???」の状態でいたら、
聞き覚えのある激しいイントロに加えて、
福島正則役の藤本たかひろさんが登場!!!

「男・一番槍」藤本たかひろ(福島正則)
中央に藤本さん(ハンドマイクと棍棒)、
その後ろ——ステージ向かって左側(下手)に竹本さん、
右側(上手)に山田さんという立ち位置です。
後者のお二方はマイクスタンドを使用していました。
通常は、応援団よろしく、両手を後ろで組んで直立不動。
でも、サビの部分は、
メロディに合わせて左右の拳をそれぞれ前に突き出す振り付きで
バックコーラスを担当されていました。

曲が終わった後に草尾さんも仰ってましたが、
この曲、本当にライブ向きで、楽しかったです。
ぶっちゃけ一番激しかった……面白かった!!
それと、1番、2番のBメロ「ガキの頃から~」の部分で、
藤本さんが三成役の竹本さんにちょっと絡んでいたのが
嬉しかったです。
本来なら、この曲のバックコーラスは
三成と清正が務めるべきなんでしょうが、
左近でも充分でした。
歌が終わった後に、藤本さんが山田さんに向かって
「ありがとうございました」と
わざと仰々しく頭を下げていた記憶があります。

藤本さんは、登場時から黄色の棍棒を持っていましたが、
舞台用の、当たっても痛くない素材の物でした。
歌が終わった後のMCでは、
何故かそれを草尾さんがずっと持っていて、
「これ、いい加減に返してもいい?」みたいなことを言って
笑いながら藤本さんに返すと、
藤本さんが「これが無いと駄目なんですよー
(正則になれないみたいな意味合い)」と、
やはり笑いながら仰ってました。

また、曲の間奏や、歌の後に、
赤い布に包まれたボール(テニスボールぐらいの大きさ)が
客席に投げ込まれました。
間奏では藤本さんご自身が、
歌の後は、藤本さんが「忘れてた」と言って
竹本さんと山田さんに手渡され、
お二人が客席に向かって投げました。
藤本さんいわく、それらのボールには、
お三方のサインがなされていたそうです。

藤本さんが着ていた長ラン(背中に正則の家紋入り)は
自前でご用意したそうです。
長ランは元々持っていて、
今朝、家紋を縫い付けた(貼り付けた?)らしいです。
この直後から、嘘の話で盛り上がった
(嘘をお客さんが簡単に信じてしまうことに対して
出演者たちが感心していた)ので、
どこまで本当なのかがちょっとビミョーなのですが、
この話は真実……なんですよね??
でもこうやってレポを書いていたら、
これも嘘(長ランも衣裳さんが用意されたもの)のような
気がしてきました。

藤本さんは、髪型もリーゼント風で格好良かったです。
エロ眼鏡も素敵でした。

草尾さんが藤本さんに「これで味をしめて是非~」と
次回以降の打診をされたら、
曲が無い!→新しい曲を作ればいいじゃんという
冗談ながらもファンには嬉しい流れになりました。
今ある唯一の曲が「一番槍」の歌なので、
二番槍、三番槍……と作ればいいと、
竹本さんがお上手なことを仰ってましたww


この時のMCで、何故か、
今回のイベントに合わせて発売された
パンフレット(リーフレット)の話になり、
そこに「これから始めたいこと」という質問に対する
答えが載っているそうなのですが
(私は買わなかったので、詳細が分かりません)
その流れで、山田さんが
「イリオモテヤマネコが泳いでいる魚を捕まえる物真似」を
披露して下さることになりました。
なんでも、ご自宅のお風呂場で練習していたら、
シャッと魚を捕まえるところで、片手を壁にぶつけてしまい、
「もういいや」と思ったそうなのですが……。
竹本さんとの会話で、
「80パーセントの仕上がり」との言葉が出た通り、
多分、お上手なんでしょうが、あまり実感できない……という
ビミョーな物真似でした。
そして、山田さんのこれを受けて、
竹本さんが愛猫みかんちゃんの真似をし、
草尾さんも高塚さんも猫の物真似をする羽目になりました。
特に高塚さんは、前振りが長かったけれど、面白かったです。
困っている高塚さんは非常に愛らしいですね!!


それと、山田さんが履いてらした靴の話題にもなりました。
側面に羽がついている仕様で……
CCさくらの木之本桜ちゃんが変身後の衣裳で履いているような
(つまりCLAMPさんの漫画に出てくるような)黒の靴でした。
山田さんは足を上げてそれを見せて下さったんですけども、
客席の後ろの人からは「見えな~い」との声が上がったので、
必死に片足のみを上げたり、
パッとジャンプして片足蹴りみたいなことをしたりしていました。
竹本さんが冷静に「それは見えないよ」とツッコミを入れてました。




その後、高塚さんが、また一人でステージに取り残されました。
ただ、今度は、次の曲のサビの部分で
お客さんにも一緒に踊ってもらう為に、
その振付け講座を行なったからです。
でも、ここでもハプニングが……!
一通り終わった後、じゃあ確認しようとしたら、
高塚さんが振りを間違えていたことが判明。
高塚さんは苦笑い+恐縮されていました。

「愛と義の嵐!」高塚正也(直江兼続)
曲は勿論、これです!!!
ぶっちゃけネタ曲だと思うんですが、
ライブだと凄く盛り上がりますよね。楽しい!!
四、五回練習した甲斐あって、私もばっちりできました。
私の周りは、全員やってましたよー。
草尾さん曰く、イベントの開催が決まった時に、
高塚さんが最初に「やりたい」とおっしゃったのがこちらだそうです。
念願が叶ったんですね……!!
高塚さんは嬉しそうでしたし、
他のお客さんも楽しそうでしたので、良かった良かった。

この曲のみ(振付け講座も含めて)
アンフィニの四人もバックダンサーとして参加していました。



草尾さんと竹本さんもステージに戻ってこられた後は、
電子ピアノがステージ後方に設置されました。
イベントならではということで、
この後に初披露される新曲“草枕之夢”のピアノ部分が
生演奏される他、
歌の前に、義トリオ三人によるショートドラマが
特別に挿入されることになりました。
ピアノの演奏は、
コーエーさんで音楽関係を担当されている方だそうです。

歌の前に行なわれたショートドラマの内容はこちら。
戦の大勝利に湧く幸村と兼続。
三成も喜びを露にしていて、
「もっともっと二人と語っていたいが、
今夜はもう皆が疲れているし、これで切り上げよう」
というようなことを惜しみながら言い、
他の二人も納得して別れる……というものでした。

「草枕之夢」
草尾毅(真田幸村)/竹本英史(石田三成)/高塚正也(直江兼続)

私はDVDを買っていないので、
この歌を聴くのも初めてでしたが、
穏やかで優しい歌だなぁと思いました。
好きです。



草尾さんが歌(ショートドラマ)の前に
「これが最後の曲……」と言っていたように、
この“草枕之夢”で本編が終了。
客席から手拍子と「アンコール!」の声が掛かり、
「天」「晴」「!」のTシャツを着たお三方が再登場!

歌の前だったと思うんですが(違っていたらすみません)、
イベントが無事終わったことに対して
お三人がキャラクターとして感謝の意を述べて下さいました。
それと、「エイエイオー!」の勝鬨も一緒にあげました!

「天晴!」
草尾毅(真田幸村)/竹本英史(石田三成)/高塚正也(直江兼続)

ラストは勿論、この曲!!
声優さんもお客さんも本当に幸せそうで、
その場に自分も客として居られたことが嬉しかったです。
楽しかった!!!



最後に、出演者全員がステージ上に揃ったんですが、
ここでも山田兄さんが持っていきました。
ベージュっぽい地の色のウサギの着ぐるみを着用してて、
竹本さんに「みかん~」と言われながら頭を撫でられてました。
(かぶりものの耳が縦に長かったので、ウサギだと思います)
山田兄さん、さすが!!



上記に書きました通り、会場に着くまでは本当に気乗りしなくて、
「行かなくても別にいいんだけど……」と
ひねくれたことも思っていましたが、
予想に反して、すっごくすっごく楽しかったです。
行って良かった!!
何より、二階席じゃなく一階席のチケットを買った自分に
「GJ!」と褒めたいです(*´ω`)b
多分、歌う彼らをこんなに間近で観られることは
もう二度と無いと思います。
まるで、殿(三成)主催のカラオケ大会に
参加させてもらっている気分でしたww
それぐらい、張り出しステージ部分に声優さんが来て下さった時は
距離が非常に近かったです。
嬉しかったー。
興奮しまくりでした。
年も考えずにキャーキャー声援をあげていましたww


ちなみに、気になる新作
――戦国無双4の話題もちょろりと出ましたが、
草尾さんが高塚さんや竹本さんを見ながら
「我々も出られます……よね?!」とやや不安げに言ったり、
「是非出たいです」みたいな要望を口にされた程度で、
新情報と言えるものは何もありませんでした。



イベント終了後、外の物販ブースを覗いてみたら、
空いていたので、
悩んでいたアクリルキーホルダーを勢いで買ってしまいました。
殿(三成)と刑部(大谷吉継)の関ヶ原Verセットです。
s2.jpg
こちらはイベント限定でなく、先行発売だそうなので、
今後、各ショップさんでも販売されると思います。


そして、私は三成があれば良いので
刑部のみのお譲り先を募集中です。
私、刑部(史実の方)も好きなんですけれども、
“100万人の戦国無双”を遊んでなかったので、
もしお好きな方にお譲りできたらいいなと思いまして……。
s3.jpg
品物は未開封です。
定価(700円)+送料実費でのお譲りを希望しています。
お支払い方法は、ゆうちょ銀行への振込もしくは郵便振替です。
(振込・振替ともに所定の手数料が掛かります)
5/4のスパコミでのお渡し&お支払いも可能です。

お譲り先が見つからなければ、
自分で使おうかなと思うぐらいには好きなので、
お値下げ等は考えていません。

お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします。
http://my.formman.com/form/pc/5EUiJQDaix70rypQ/
*ブログ左側のリンク先から飛べるお問い合わせ用フォームと同じです
受付期間は、この譲渡のお知らせを消すまでです。



そうそう、会場入ってすぐのロビーには
出演者さんへのお花がたくさん飾られていました。
今回は普通のスタンド花が多かったので、
特に目に付いたもののみを画像でご紹介します。

まずは、戦国無双シリーズでは長宗我部元親役でお馴染みの
置鮎龍太郎さんからのお花!
s4.jpg
まめですねー。


そして、ファンから竹本さんへのお花。
s5.jpg
殿もお花も素敵です。



凄く凄く楽しかったのに、映像化されないとは何とも残念ですが、
草尾さんがおっしゃったように、
SDカード……いやUSBメモリを頭に差した気持ちで
必死に覚えつつ楽しみました。

イベントに行かれた方は勿論ですが、行かれなかった方にも、
拙ブログ・記事がお役に立てたなら幸いです。



今回イベントで披露された歌は、こちらに収録されています。
石田三成「物申す」/島左近「風雨同舟」
戦国無双Chronicle2nd斬・撃歌奥義

戦国無双Chronicle2nd斬・撃歌奥義

  • アーティスト: 石田三成(竹本英史),島左近(山田真一),直江兼続(高塚正也),藤堂高虎(松風雅也),柳生宗矩(宮崎寛務),森由里子
  • 出版社/メーカー: コーエーテクモウェーブ
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: CD


それ以外(ベスト盤)
戦国無双 ヴォーカル・ベストCD

戦国無双 ヴォーカル・ベストCD

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: コーエーテクモウェーブ
  • 発売日: 2012/03/28
  • メディア: CD

私はアルバムごとウォークマンに入れているので、
帰りの電車ではこれらを聴きながらにやにやしていました(´ω`)ゞ



記念に、帰宅直後の自分のツイートを転載しておきます。
https://twitter.com/sa9raribbon

お読み下さり、ありがとうございました。


バラエティDVD+CD 戦国無双 武将遊戯ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2012秋 [DVD]ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2011秋 [DVD]ライブビデオ 戦国無双 声優奥義 2010秋(初回限定版) [DVD]歴史秘話ヒストリア 戦国武将編 二 真田幸村 ザ・ラスト戦国ヒーロー 〜伝説に秘められた誇り〜 [DVD]戦国無双 Chronicle 2nd真・三國無双7(通常版)





2013-03-30 23:59  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0