So-net無料ブログ作成

感想&レポート「真・三國無双 声優乱舞 2013 春(昼の部)」*ネタバレあり [真・三國無双]

3/3にゆうぽうとホールで開催されました
“真・三國無双 声優乱舞 2013 春”の昼の部に参加してきましたので
感想とレポートを記します。

ライブビデオ 真・三國無双 声優乱舞 2013 春 [DVD]

ライブビデオ 真・三國無双 声優乱舞 2013 春 [DVD]

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモウェーブ
  • メディア: DVD


出演された声優さんはこちら。
神奈延年さん(曹丕)
伊藤健太郎さん(楽進)
鳥海浩輔さん(李典)
菅沼久義さん(孫権・姜維)
野島健児さん(陸遜)
小野坂昌也さん(趙雲・諸葛亮)
置鮎龍太郎さん(司馬師)
岸尾だいすけさん(司馬昭)

以下の記述にはネタバレを含みます。
イベントの内容については、
周囲に迷惑を掛けない程度に行なった走り書きのメモを元に
記しています。
その為、記憶が曖昧な部分がありますし、
もしかしたら間違ったりしている部分もあるかもしれません。


三國無双7については感想&プレイ日記を当ブロクに掲載中です。
【感想&プレイ日記 記事一覧「真・三國無双7」】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/smusou7
宜しければ、合わせてご覧下さい。


————

私は、戦国無双からこの無双シリーズを遊ぶようになりました。
戦国無双→OROCHI→三國無双……という
まさにコーエーテクモさんの狙い通りの順序ですw

三國無双については、6を今年の一月下旬から遊び始め、
「ヤバいなー。面白いわ、これ」と思っていたところに、
この“声優乱舞”のイベントがあることを知り、
迷った末にチケットを取った……という次第です。
好きなキャラクターが曹丕、鍾会、陸遜、趙雲なので、
いらっしゃる声優さんのメンツからして
今回は行った方が良いだろうと判断しました。

勿論、前回は行っていないので、今回が初です!
始まる前からドキドキしていました!!



開演前のアナウンスのご担当は、
諸葛亮(小野坂昌也さん)と姜維(菅沼久義さん)でした。
まず最初に「緊張している」と言った姜維に対し、
諸葛亮が「あなたは初めての参加ですね」や「これも経験のうち」、
「肩の力を抜いて〜」云々と助言します。
小野坂さんのゆっくりとした言い回しが
いちいち性的にいやらしい感じでしたww

二人の会話の後は、いよいよ諸注意の伝達へ。
姜維が「録音・録画は禁止〜」と言った直後、
諸葛亮が「見つけ次第、ふふふ……」と笑っていて、
この笑い声が何ともキモ怖く、会場から笑いが起こっていました。
また、非常口の案内において、
姜維が「我ら蜀と同じ(緑)色ですね!」とも言っていました。



その後、一階の左右の扉から旗を持った人が一人ずつ現れ
(アンフィニの二人)、
それとは別に、カーテン越しのシルエットでの演舞がありました。
この演舞、上演中に何度か行なわれたんですが、
ゲームで実際に演じられているモーションアクターさんが
今回、来て下さったそうで、本当に凄かったです。
そうであって当たり前ですが
「ゲームと同じだ!」と思いました。
「お見事!」としか言い様が無かった……!
素晴らしかったです。

そしていよいよ、声優さんたちのご登場です。
一人ずつ現れた後、
各キャラクターの決め台詞を生で言って下さいました。
順番はこちら。
神奈延年さん(曹丕)→伊藤健太郎さん(楽進)→鳥海浩輔さん(李典)
→岸尾だいすけさん(司馬昭)→置鮎龍太郎さん(司馬師)
→野島健児さん(陸遜)→菅沼久義さん(孫権・姜維)
→小野坂昌也さん(趙雲・諸葛亮)

鳥海さんが途中で噛んでしまい、一度戻って
鳥海さんの最初から(出てくるところから)
やり直すというハプニングがありました。
後のトークで鳥海さんが言い訳を言ってましたが、
小野坂さんのツッコミで
「一度戻るのは止めてね」という言葉に対する返答として、
DVD用の編集をしやすくする為に
最初からやり直した方がいいかなと思ったのだそうです。
また、ご結婚を発表された置鮎さんに対しては、
会場から「おめでとう」コールが結構飛んでいました
(置鮎さんからは、その点についてはノーリアクションでした)。

声優さん全員による
「真・三國無双 声優乱舞 2013 いざ、開幕!」コールでスタート。



まず最初は“真・三國無双7 名シーンPART1”。
ゲームで出てくるムービーに合わせて、
今日いらっしゃった声優さんの部分のみ
生で演じてもらえるという
ファン垂涎のコーナーです。

このパート1では、
私の三國無双における最愛キャラ・曹丕がメインの
「反逆の刃(やいば)」という話が披露されました。
ゲームでは「許昌政変戦」だそうです
(私はこれをまだ遊べていません…… orz)。

ムービーが終わると、
その話に合わせた曹丕のモノローグが語られました。
それも終わると、今度は歌!
曹丕の新曲「LAST FOREVER」が披露されました。
アップテンポで格好良い曲です。
途中、神奈さんが曹丕っぽい声で
「二階の者、見えているか。こちらからも見えているぞ」と言っていて、
私は二階席でなかったのにキャーと言ってしまいました(´ω`)ゞ



続いて、“真・三國無双7 名シーンPART2”。
タイトルは「共に天命を」で、
登場キャラクターは司馬師・司馬昭でした。
ゲームのシナリオ名は「赤壁決戦」です。
但し、司馬昭役の岸尾さんは途中で退場されたので、
モノローグは置鮎さん演じる司馬師のみでした。

パート1と同様に、
司馬師の新曲「Blade of Fate」も披露されました。
最後、置鮎さんが司馬師っぽく何かおっしゃるかな?と思いきや、
ちょっとおどけた感じで「ありがとうございました」と
お礼を発せられただけだったので、
客席がわずかにずっこけた感がありました
(この点について、後で小野坂さんがツッコミを入れていました)。



ここで唐突に、
「春になったら義トリオに会いにいこう」という文章が
舞台上のスクリーンに出され、
今月末に発売される戦国無双の義トリオ
(真田幸村・直江兼続・石田三成)DVDのCM映像が流れました。
三成ファンで義トリオ推しの私はもうびっくり!!
嬉しいハプニングでした。



次は、キャラではなく声優さんの素を楽しむコーナー
“壮絶 シチュエーションゲーム”でした。
ここで、司会ご担当の小野坂さんを始め、
声優さん全員が舞台上に登場して下さったのですが……
小野坂さんが、自腹で作ったという趙雲のコスプレ衣裳姿でした!!
凄かったww

このゲームはチーム戦で、
ご担当されているキャラクターで分けられました。
チーム魏:神奈さん(曹丕)/伊藤さん(楽進)/鳥海さん(李典)
チーム呉:菅沼さん(孫権)/野島さん(陸遜)
チーム晋:置鮎さん(司馬師)/司馬昭(岸尾さん)
ここで注目して頂きたいのが、
菅沼さんが孫権として参加されていることです!
この後で歌を披露されましたが、そちらは姜維としてだったので、
わずかですが、孫権としての喋りを聞ける貴重な機会でした。
また、蜀の趙雲・諸葛亮役の小野坂さんが司会で、
姜維役の菅沼さんは、上記の通り、蜀チームに入りましたので、
小野坂さんが「蜀は揃いませんでした〜」と言っていました。


さて、このゲーム。
小野坂さんも言っていましたが
ルールがちょっとややこしかったです。
まず、1チームごとにシチュエーションがお題として出されます。
そして、チーム内で助言者と解答者に分かれ、
助言者のみに台詞のお題が与えられます(解答者は知らない)。
そして助言者は、解答者に台詞のお題を言わせる為に、
あれこれとヒントを出し、
時間内に解答者から正解の台詞を引き出せたら成功!という内容です。

実際に使われた例を挙げますと、
シチュエーションが「虎牢関で」。
助言役+観客のみが教えられる台詞が
「りょ、りょ、呂布だ——!!」。
そして助言役は、解答役がこの台詞を思い付くように、
あれこれとヒントを出していくというわけです。
ちなみに、解答となる台詞は、
三国志および三國無双にちなんだものという建て前もありました。
(本当に建て前でしかなかったww)

また、このゲームでは
“オーディエンス”という特別な切り札も用意されました。
助言役が出すヒントの他、
客席のお客さんからも募るというものです。
もしかしたら声優さんが客席に下りてくるかもしれないという期待に、
会場が多大に沸きました。

三チームの代表者でじゃんけんが行なわれ、
呉→晋→魏の順に決まりました。


【一巡目】呉(助言:菅沼さん/解答:野島さん)
シチュエーション「石兵八陣のような迷路でさまよいながら」
台詞「諸葛亮の罠かっ?!」

最初、菅沼さんも野島さんも
それぞれのキャラになりきって喋られていたんですが、
タメ口で語る野島さんに対し、
菅沼さんが「陸遜、なんでタメ口なんだ」と言い、
「すみません、今は対等だと思っていました」と返されるシーンも
ありました。

これは、解答者の野島さんが
割と早く「孔明先生の仕業ですね?」と言われたので、
彼に「孔明(字)」を「諸葛亮と」言い直させることで
晴れて正解となりました。
(実際には「諸葛亮孔明」と言ってましたが)。
菅沼さんが孫権の口調で「孔明は誰だ」と
必死に言っていました。


【一巡目】晋(助言:置鮎さん/解答:岸尾さん)
シチュエーション「横浜中華街のど真ん中で」
台詞「肉まんが、大好きだ——!!」

司馬師と言えば肉まん……ですので、
岸尾さんも置鮎さんに向かって、司馬昭の声で
「肉まんが関係あるでしょう、兄上」と尋ねていました。
置鮎さんも「こう叫ぶ!」と言ったり、
叫ぶようなジェスチャーをしてみたりしたんですが、
残念ながら正解には至りませんでした。


【一巡目】魏(助言:鳥海さん/解答:神奈さん)
魏は唯一の三人チームということで、
解答者一人・助言者二人でいくのかなと思いきや、
それぞれ一人ずつで、残り一人はお休みというルールでした。
ここで必死に、助言者を二人にしようとして
(三人揃ってゲームに挑もうとして)食い下がる皆さんが
おかしかったです。
結局、小野坂さんが「駄目です」とばっさり斬っていましたww
今回は伊藤さんがお休みだったんですが、
その伊藤さんが、担当キャラ・楽進にちなんで
「一番鎗なのにお留守番です」と言い、
客席の笑いを誘っていました。

シチュエーション「今から一騎討ちをする二人の武将同士が」
台詞「トイレに行ってからでいいですか」

小野坂さんに煽られて、
一騎討ちよろしく向かい合う神奈さんと鳥海さん。
そして、助言役の鳥海さんが前屈みになり、
「のっぴきならない事情!!!」と言います。
これで神奈さんもピンときたらしく
「漏れそう?」→「ちょっとトイレ」
→「ちょっとトイレに行かせてくれ」で、正解。
厳しく言えば、少し合っていませんが、
台詞が意味する点が同じということで、大丈夫でした。


これで一巡目が終わりました。
二巡目では、全チームが“オーディエンス”の権利を使いました。

【二巡目】呉(助言:野島さん/解答:菅沼さん)
私は声優さんの事情に疎く、
また、三國無双にもハマったばかりですので、
知らなかったのですが、
野島さんって三国志(三國無双含む)の知識に疎いんですね(´ω`三)
曹操を知らなかった……って、逆に凄いww
なので、菅沼さんが野島さんを「大丈夫か」と
茶化しながら心配していました。

シチュエーション「憧れの軍師、諸葛亮の家の前で」
台詞「やっと会えたね」

小野坂さん曰く「会えたね」の「ね」がポイントだそう。
助言役の野島さんが一階客席に下り、
お客さんから「大好きな人と、久し振りに」というヒントを貰いました。
すると解答者である菅沼さんが、
孫権の声で「諸葛亮様、大好きです!」と叫びました。
でも結局、正解を出すことはできませんでした。


【二巡目】晋(助言:岸尾さん/解答:置鮎さん)
シチュエーション「ゆうぽうとホールで声優乱舞を見ながら」
台詞「僕もコスプレしてみたい」

“オーディエンス”を使った岸尾さんが客席に下りたのですが、
小野坂さんの説明にあった
「お客さんは声優さんに触っては駄目。
でも、声優さんはお客さんを触ってもいい」というルールを受けて、
一部のお客さんの頭を通りすがりに撫でていくという
凄いハプニングがありました!!
そうして引き出したお客さんのヒントは「小野坂さん」。
置鮎さんは、事前にNGとされていた
「小野坂さん、何をやっているんだ」という台詞を言ってしまい、
彼に蹴られていましたw


【二巡目】魏(助言:伊藤さん/解答:鳥海さん)
シチュエーション「スクランブル交差点の人ごみで」
台詞「じゃまだ——!!(もしくは「やまだ——!!」)」

“オーディエンス”のヒントは
(「やまだ」狙いで)「日本で多い名字を叫んでみて下さい」でした。
加えて、伊藤さんが
「俺は今、口に葉っぱをくわえている」と言ったところ、
鳥海さんは「いわき?」「とのま?」とビミョーにずれた答えになり、
そのままキャラクターの名前を挙げていった後、
ようやく「やまだ——!!」に辿り着きました。
そして、鳥海さんの前に伊藤さんが立って邪魔をすることで、
本当の正解の「じゃまだー!!」も言うことができました。


その結果、小野坂さんが判断するボケ点数も加えて、
晋:1点、呉:6点、魏:11点という成績になりました。
(正解に至ると5点、ナイスボケは1点)
このゲームは夜の部でも行なわれ、
昼の点数に夜の分を足した総合得点で結果を決めるそうなので、
夜の部に参加していない私には最終的な勝者が分かっていません。




それから、
入場券の半券のくじ引きによるプレゼント抽選会が行なわれた後、
小野坂さんと鳥海さんのみのトークがありました。
ここでは主に、鳥海さんが、
自キャラである李典の説明を小野坂さんにするという形でした。
鳥「(李典は)『悪い予感がする』が口癖なんです」
小「占い師なの?!」
と、小野坂さんが積極的にボケてくださったので、面白かったです。

話題が李典の武器の話になると、一段と盛り上がりました。
鳥海さんが、その形状を「ピザカッターみたい」と言うと、
小野坂さんが「ピザ屋とコラボできそうだね」と返し、
更に鳥海さんが
「でも、ピザじゃないんですよね」とまとめていました。
↑ピザでなく、あくまでピザカッターに似ている武器なので

で、三國無双全体の話になると、
古株の小野坂さんがここぞとばかりに、
呂布の恐怖についてを嬉々と語っていました。

話は、現在TBiグループと行なわれているコラボ企画の宣伝になり、
小野坂さんが笑いながら
「私のサインが入ったポストカードが当たるそうです」と
戸惑ったように言っていました。
「(その仕事について、まだ)聞いてないんですよね」とも。
サインについては、これからみたいです。



アンフィニの二人によるCDの宣伝が行なわれた後は、
“Ultimate Live”……歌のコーナーでした。

楽進(伊藤さん)「THE FORERUNNER」.、
李典(鳥海さん)「BAD INTUITION」、
陸遜(野島さん)「Blaze of Mind」、
司馬昭(岸尾さん)「Wake up my soul」、
姜維(菅沼さん)「No way back」の順でした。

特に印象に残ったのは、姜維の歌です。
サビのメロディがちょっとせつなくて好みでした。
また、李典役の鳥海さんが、
間奏で、観客に向けてご挨拶をした後、
「優しくしてね」と冗談っぽく言ったら、客席が沸き、
それを受けて「良い予感しかしなくなった!」と
李典の台詞を元にしたことを言っていました。



次は“真・三國無双7 名シーンPART3”でした。
タイトルは「仁への標」。
ゲームでは「新野の戦い」のシナリオです。

諸葛亮っぽいシルエットがカーテンに浮かび上がった
——と思ったら、なんと、
小野坂さんが諸葛亮のコスプレ姿で登場しました。
彼が諸葛亮の衣裳を着ることは、
公式HPなどで事前に告知されていましたけれど、
その迫力は予想以上でした。
得物である羽扇もありましたので、
それで顔を隠して黙って突っ立っていれば、
それなりに似ていましたが、
時々おどけた振りをすると途端にコメディになるので、
見ている私もちょっと複雑な心境になりましたww

引き続き、諸葛亮メインの「盟約の裏」。
ゲームでは「赤壁の戦い」です。
小野坂さん、琴も弾いてました。
最後に、舞台上のスクリーンに移る諸葛亮(ゲームのCGの顔)が、
コスプレ姿の小野坂さんのお顔に変わったので、
場内では失笑が漏れました。

そして諸葛亮の歌「 Awakening WoLong」。
冒頭で「東南の風、吹かせてみせましょう」と言う小野坂さんが歌い、
華麗に(?)舞いましたww
なんか、もう……ね、
諸葛亮のイメージが吹っ飛ぶような活動的な振りもあって、
The★小野坂昌也ワンマンショーみたいな感じでした。
最後、「風が、吹きましたね」と真面目なことを言っていたのに、
それまで散々やらかしてきたことや、
これ自体がちょっと吹きかけて言った台詞だったこともあり、
残念な感じになったのが惜しかったです。



そして、本編最後は“Farewell message”。
声優さん全員が舞台上に再登場し
(小野坂さんは諸葛亮のコスプレのまま)、
担当キャラクターの声で、親密メッセージを発してくださいました!!
これが……凄かった!!!
さすが、かつて元祖乙女ゲーのアンジェリークで
乙女の心をわしづかみにしたコーエーだわ!!と思えるような
甘い言葉ばかりでした。
愛の告白かプロポーズかっていうぐらい甘ったるかったです。
耳が痒かったww
でも幸せ(*´ω`*)

順番はこちら。
諸葛亮→姜維→陸遜→司馬師→司馬昭→李典→楽進→曹丕

生真面目な台詞が続く中、司馬昭が
「俺たち、いい感じじゃない?」って言ったのが、
チャラ男っぽくて可愛かったです。

陸遜は「あなたを知る(学ぶ?)ことができました」
「あなたをもっと学ばせてください」とか言っていて、
司馬昭とは逆に、生真面目なところが可愛かったです。
子犬っぽい。

曹丕は、私の最愛キャラなので、さすがにメモを取りましたww
(他のキャラは目を閉じて聞いていたww)
でも興奮し過ぎて、てんぱっちゃってました……。
「お前と私、共にここまで戦い来た。
最早、この絆は断ち切れまい。
お前は、この曹子桓が誇るまことの友だ」
みたいなことを言ってました。
聞き終えた瞬間は、「友かー」とちょっとがっくりww
私は甄姫ちゃん(曹丕の嫁)も好きなんですが
嘘でもいいから私も嫁にしてくれよーと本気で思いましたww
(3/9追記)
この台詞は、三國無双7の将星モードで聞ける親密会話のようです。
さっき、ゲーム中の曹丕でこの台詞を聞けて、びびりましたΣ(o・ω・o)
そして、己の記憶力の無さに愕然としましたww



その後、アンコールへ。
題して“Ultimate Live More”。

誰の曲を演るんだろうと思っていたら、
なんと、陸遜の「Crimson Wings」!!!
私、三國のキャラソンの中で(今回の新曲を除く)
この曲が一番好きなんです。
これを聞きたいが為に、この日ここに行ったといっても
過言でないほど!!
でも、陸遜はもう新曲を歌ってしまったので
これは聞けないんだー……と少々残念に思っていたので、
嬉しいサプライズでした。

もう一曲は、曹丕の「Silent Phoenix」。
こちらも、曹丕ファンの私にとっては感涙ものでした。
良かった(´ωと)
真・三國無双6 王覇・響歌乱舞

真・三國無双6 王覇・響歌乱舞

  • アーティスト: 趙雲(小野坂昌也),司馬昭(岸尾だいすけ),曹丕(神奈延年),陸遜(野島健児),呂布(稲田徹)
  • 出版社/メーカー: コーエー
  • 発売日: 2011/05/25
  • メディア: CD

両方ともこちらに収録されています。
陸遜の「Crimson Wings」は名曲だと思います。



歌い終えられた後の神奈さんの呼び掛けで、
声優さんが舞台上に再登場。
小野坂さんは、今度もまた諸葛亮のコスプレのままでした。
アンフィニの二人や、
素晴らしい演舞を見せて下さったモーションアクターさんの
ご挨拶があった後、
声優さんたちも、お一人ずつご挨拶。
最初の神奈さんと伊藤さんは、ごく普通のご挨拶でした。

次の鳥海さんが、最初に噛んじゃったことに対して
「最初から悪い予感がしていたんですよー」と
李典を意識した言葉を発して下さった後、
観客と「ピザ」「カッター!!」のコール&レスポンスを
やっていました。

岸尾さんは、「今日はひなまつりということで
(イベント日は3/3でした)
ステージ上には男しかいませんが、
こちらからは雛人形が〜」と
チャラいことをまた言っていました。

置鮎さんは「次回は親子で」。
私も司馬懿との掛け合いが見たい/聞きたいです。

野島さんは、コスプレをしている小野坂さんを指して
「僕もこういう格好をしたいです」と発言。
小野坂さん曰く「コスプレは随時募集中」なので、
次回もし野島さんのご出演があれば叶うかもしれませんww
ちなみに、
「ヘソは出しません! お腹が痛くなっちゃうので……」だそうです。
置鮎さんか小野坂さんから
「乳首出せば?」「乳首はいいんじゃない?」との
ツッコミも受けていました。

菅沼さんは、「ゲームは1から出ているけれど、
まさか歌を歌わせてもらえるとは……」と感激した云々と
言っていました。

小野坂さんは、名シーン再現や歌のフォローをされていました。
「ゲームをやったら、
(そこは)泣けるところだったりするんですよ?」と。
でもあの時の小野坂さんには、笑わずにはいられなかったです。



終演後のご挨拶は、魏の三人(曹丕・楽進・李典)でした。
忘れ物をしないようにとか、アンケートを書いてくれとか
物販でグッズをいっぱい買ってくれ……とか言われました。
個人的には、曹丕が「いい子だ」って褒めてくれたことに
すっかり参りましたww



予定通り、午後1時に始まり、
アンコールを含めて午後3時半で終わりました。
声優さんたちがイベントを盛り上げようとして頑張ってらしたのは
私にもよく伝わってきましたし、
実際、楽しかったので、良かったです……が、不満もあります。

まず、別に名シーン再現にこだわらなくても良いので、
音声ドラマ(今回の名シーン再現)のコーナーでは
会場に来ている声優さんが全員参加できるようにしてほしいです。
キャラを二役演じられている方は、その二役とも。

上記のレポの通り、今回、名シーン再現コーナーに出演されたのは、
神奈さんと置鮎さん、岸尾さん、小野坂さんのみです。
しかも小野坂さんは二話もあって、どちらとも諸葛亮……。
小野坂さんの場合、コスプレの都合があったせいだとは分かりますが
だったら、曹丕と司馬氏の兄弟がやった前半戦で
趙雲のをやってくれれば良かったのにと思います。

比べてもしょうがないですけれども、
戦国無双のイベント・声優奥義ではそうしているっぽいので、
この声優乱舞もそうだと
私が勝手に勘違いしていたのもあり、
終わった後で「なんでやらないの?」という思いが強く出ました。
一度に全キャラ出すのは現実的に無理ですし、
変に長くなるでしょうから、
数人ずつの話×三〜四話ぐらいのオリジナルのミニストーリーで
キャラクター全員を出してほしかったです。

それと、上記と少し重複するんですが、
小野坂さんには趙雲としてもきちんと喋ってほしかったです……。
私、好きキャラの一人が趙雲で、
ぶっちゃけ、諸葛亮よりも趙雲の方が好きで、
趙雲の生台詞が聞けることを目当ての一つとしていたので、
全く聞けなかったのが残念でした。
趙雲の歌も無かったのは
しょうがないと割り切れるんですけれども、
台詞が発せられることが一切なかったのは、物凄く残念です。

同じ二役の菅沼さんは、
今回は姜維がメインだったっぽいですが、
シチュエーションクイズにおいて
孫権の口調であれこれ喋ってくれましたので、
ギリギリだったかな……と。
でも、孫権のファンには物足りなかったと思います。

小野坂さんと鳥海さんのトークコーナーも、
実際に聞いていた時は楽しめましたが、
終わってから全体を振り返ってみると、
どうせ新キャラについてなんて
分かっている人が大半なんですから、
基本的な説明は不必要だったと思います。
その分、李典メインのオリジナル音声ドラマでもやった方が
イベントの価値が上がるのでは?と思いました。



声優さんがコスプレをして盛り上げて下さるのは
見ていて面白いですし、場も熱くなりますけれど、
頑張る方向性がちょっと違うよね?と思えましたし、
もうちょっと、イベントの中身について練ってほしかったです。
一応、ゲームのイベントなんですから、
キャラクターの声だけを目当てに来ているお客さんも
大事にしてほしいです。
コスプレが苦手な人には、あれはなかなか苦痛だと思います。
公式のWebサイトで事前にちゃんと告知されていますし、
ちょっと見るのでも駄目な人はイベントに行かなければ良いので
やるなとは言いませんが
結果的に、そこばかり頑張っていると見えてしまうのは
いかがなものかと思います。



ところで、今回のイベントでも見事な演舞を披露された
三國無双のゲーム中のモーションを担当された方々が、
東京で公演を行なうそうです。
会場で配られていたチラシを見たところ、
演舞の発表会みたいなもの?のようです。
ご挨拶の時に、
この公演で三國無双の動きもやる云々と仰っていたので
リンクを貼っておきます。
【日月堂武術会 なるほど・ザ・カンフー】
http://www.geocities.jp/naruhodo_kungfu/index.htm
公演日は3/8〜9、会場は「座・高円寺2」だそうです。



イベント前にグッズを買いました!
去年秋の声優奥義(戦国無双)での物販でのぐだぐだっぷりが
本当に酷かったので、
今回も心配していたんですが、
大丈夫でした。

グッズは、三國7とコラボしていたアリナミンを買っても
全く当たらなかった
“みにきゃら 真・三國無双 ポストカードスクールカレンダー2013”と、
鍾会ちゃんの“みにきゃら 真・三國無双 アクリルキーホルダー”です。
声優乱舞お土産.jpg

キーホルダーは、最愛の曹丕はリアルCG版で欲しいので
今回は止めておきましたが、
後でアニメイト等でこのみにきゃら版を再び見たら
勢いで買ってしまいそうだと思いました。


そうそう、抱き枕……もとい、
ロングクッションカバーの見本展示・予約受付も
会場で行なわれていました。
makura.jpg
枕カバーを買うことに抵抗がある——でも欲しいという人は、
「これは布製のポスターよ!! だから普通!」って
心の中で唱えると良いと思います。



ライブビデオ 真・三國無双 声優乱舞 2011 秋 [DVD]真・三國無双7 オリジナル・サウンドトラックコンプリート盤真・三國無双6 王覇・響歌乱舞真・三國無双6 烈星・衝天煌舞真・三國無双 ドラマCDセット真・三國無双~群星翔舞~


2013-03-04 22:23  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0