So-net無料ブログ作成

おおきく振りかぶって感想:月刊アフタヌーン2010年10月号*ネタバレあり [おお振り:アフタヌーン感想]

月刊アフタヌーンで連載中の高校野球漫画
「おおきく振りかぶって」の感想です。

月刊 アフタヌーン 2010年 10月号 [雑誌]

月刊 アフタヌーン 2010年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/08/25
  • メディア: 雑誌

今月号(2010年10月号)は勿論のこと、
単行本未収録分のネタバレがあります。


本誌感想はカテゴリでまとめてあります。
他の号の感想をご覧になる場合はこちらをどうぞ。
おお振り:アフタ感想

────

今回は、第80回「合同練習2」です。
合宿先での練習試合です!
西浦高校は、
怪我が完治していない阿部を欠いた状態で出場する予定の
新人戦を念頭に置いたオーダー、
対する桃李は、Bチーム(二軍)です。

前回で三橋にさりげないフォローを入れていた
気弱なピッチャー・上代祥馬君が先発で登場しました。
兵庫県大会の準決勝までベンチ入りしていたのに、
彼が何故Bチームに?と思っていたら
実は肘を痛めていたんですね。
どれくらい酷いのかは分かりませんが、
上代君が焦りを感じている分、見ていてちょっと怖かったです。
プロ野球と同様に、高校野球でも選手の怪我はつきもので、
特に投手は、一回の故障が後々に大きく響くので
上代君が焦ってしまう気持ちは私にもよく分かるのですが、
もう少し楽な感じでいられれば良いなぁと思います。
今、こうして投げられるのなら、
まだその程度の症状なのでしょうが、
目に見える怪我ではないので、無理は禁物です。

そして、西浦・田島が新人戦でもマスクをかぶる予定を受けて、
阿部が彼の配球を後ろで記録していますが……
途中でぼそっと呟いていたように、
野球が好きな阿部ですから
早く実戦をやりたくてやりたくてたまらないでしょうね。
仕方がないとはいえ──新人戦欠場は納得している事とはいえ、
これは本当に辛いと思います。
もしかしたら、合宿中の他の学校も
故障者を抱えているのかもしれないのを思うと
(桃李も、上代君だけとは限らないですし)
こういう選手のメンタルケアもなされるといいのになぁ。
モモカンは選手の気持ちを掴み、締め、煽るのが上手いですし、
シガポはスポーツ医学とかも勉強してるんですよね、確か。
皆、症状はそれぞれ違う上に、ちゃんと病院に通っていて、
医者からも適切な説明を受けているでしょうが、
現場の監督から、
気持ちを腐らせずに治療を頑張ることを説明され、励まされたら、
ちょっとは前向きになれるのでは?と思います。



さて、西浦の新人戦用のオーダー。
私はただの高校野球好きで、全然詳しくはないのですが、
田島を一番にしたのは、やはり、
阿部の欠場で弱くなった打線をカバーする為のものですよね。
田島の打率&出塁率&足の速さは、まさに一番向きです。
私は、花井が四番バッターとしてちゃんと育ったら、
田島は一番に転向した方が向いていると思っています。
で、田島で出塁して、二番の職人・栄口くんのバントで送り、
三番四番のヒットで点を取っていく──という
高校野球の定石なオーダーですが、
やはり、田島が先頭に来た分、
頭でっかちになっている感じがするのは否めないです。
巣山君も花井君もよく頑張ってますし、
下位打線の他の子に比べれば、バッターとしての能力は上ですが、
決定力不足ですよね。

そして、その問題の下位。
九番の三橋は仕方ないとして、七番、八番がもう……。
特に水谷くん!!!!!!!!!!!!!
以前から、めきめきと力をつけつつある西広君に対して
焦りを感じていて、
一方的にライバル視をしているような描写がありましたが、
自分が三振したからといって、
その後の西広くんもそうなったのを見てホッとしているようじゃ
本当に駄目でしょう。
今月号は、試合の描写しかないとあって
結構スラスラと読めたのですが、
(日常のシーンは、同人活動のネタ探しも兼ねているので、
いちいち反応してしまい、読むのが止まるんですww)
最後の最後、ここで「おいぃぃぃぃぃ」と止まってしまいました。
水谷くんのこの考え、モモカンたちも気付いているのかなぁ。
西広くんの成長は部員たちへの良い刺激になっているようですし、
もし西広くんがレギュラー入りしたとしても、
落ちるのが水谷くんだと確定したわけでもないのですが、
水谷くんが日頃からこういう考え方をしているとなると、
些細な言動にも感情が出ているんだろうなぁ。
以前あったようなチーム内での会話を
モモカンたちが偶然耳にして、
水谷くんへの注意に至るようになれば良いのに。

こう考えると、
田島の凄さを常に目の当りにしている花井くんは、
よくあの程度で済んでるなぁと思いました。
それは勿論、田島が圧倒的に凄過ぎて、
三振する事が少ないからでしょうが
(三振しても、それは相手バッテリー/投手が凄いと分かる)
花井自身の気質にも因るところがあると思います。
水谷くんも……手のマメをいっぱい潰している辺り、
努力もしているんでしょうが、
その精神面も早く何とか鍛えてほしいです!
頑張れ!


おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]おおきく振りかぶって ~夏の大会編~2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]おおきく振りかぶって~夏の大会編~オリジナルサウンドトラック

────
今月号の感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
おお振りアフタ感想:2010年11月号

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-08-27 22:03  nice!(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0