So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「八日目の蝉」第3回:悲しき女たち*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

NHK連続ドラマ「八日目の蝉」の感想です。
今回は第3回「悲しき女たち」です。
私は原作の小説を読んだ事がありません。
以下の記述にはネタバレを含みます。


前回の感想はこちら。
第2回:エンジェルの家

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめていきます。
テレビドラマ感想一覧:2010年春 放送開始作品


────

今回のお話は胸にくるものがありました……。
泣くほど辛くはないのですが、
悲しみややり切れない気持ちを、じわじわと感じました。

まずはあらすじから。

 エンジェルの家で三年がたった。希和子(檀れい)は野菜を作り、パンを焼き、移動販売車に乗って売りに行く。穏やかな暮らしは心地よいが、薫(小林星蘭)と引き裂かれた暮らしはつらかった。
 ある日、久美(坂井真紀)が、息子を夫の家からさらって逃げるための逃走資金を得るため教祖エンゼル(藤田弓子)の部屋からお金を盗み出そうとする。しかし、現場をサライ(高畑淳子)に見つかってしまう。かろうじて許されるものの、久美は息子への執着を捨てきれず、行商に出たとき希和子といっしょに会いにいく。しかし、息子は久美のことをまったく覚えていなかった。  一方、ホームは、逃げ込んできた17歳の少女の出産をきっかけに社会的糾弾を受けるようになっていた。教祖エンゼルは、マスコミの要求をいれ、ホームを公開すると宣言。自分の素性がばれる恐れを抱いた希和子は、脱走を決意する。

[NHK 公式ホームページ]より転載。


今回のお話は、
“エンジェルの家”の中で本当に親しくなった二人の母親
──野々宮希和子(檀れいさん)と沢田久美(坂井真紀さん)が
深く描かれました。

その前に、このエンジェルの家について。
赤ん坊の薫を誘拐した事で、
警察の指名手配を受けた希和子が
勢いで飛び込んだ、この宗教施設ですが、
決して天国ではありませんでした。
皆、ここに身を置かざるを得ない事情を持つからか、
教育を担当するサライ(高畑淳子さん)でさえ、
子供と男に対する歪んだ感情を持っていました。
サライ関係のエピソードは、見ていて辛かったなぁ。
精神的にきつかったです。



さて、まずは沢田久美について。
二歳の時に別れた息子に会いに行く〜その後のエピソードが
せつなかったです。
・自分がお腹を痛めて産んだ子と離れ離れになるのを強いられている
・その息子に自分がすっかり忘れられていた
この現状だけでも辛いのに、
その後、とどめのように
・自分の息子に対して他の女が母親面している
・その女は息子の味の好みもよく分かっていない
・実質的に、今、息子の母親であるのは、その女であって久美ではない
……という出来事までありました。

特に最後。
久美は、去っていく自分の息子とその女に向かって、
「自分こそが母親だ」「あんな女、母親じゃない」と罵りますが、
当の息子や家族、そして世間的に見たら、
久美が罵った女こそが息子の母親で、
彼女自身は“母”とは思われていない現状が
なんとも言えなかったです。
久美の中の認識と現実が、大きくずれてしまったのが
よく表れていました。
久美は、あの閉鎖的なエンジェルの家で長く過ごしたせいで、
奪われた息子に対する固執が逆に強くなった部分も
あったかもしれません。
(他に考える事がないので)

息子を連れた女が「パンをください」と声を掛けた時には、
久美も必死に耐えて、大人な対応をしていたのに、
徐々に感情が乱れ、興奮していく様は
見ている私も大変緊張しました。



主人公・野々宮希和子について。
当初は、教祖エンゼルの金を奪って逃走しようとした沢田久美を
諌める立場だったのに、
エンゼルの家(ホーム)内がマスコミに公開されようとしたのを受けて、
逆に希和子が逃げる立場になり、
それを久美が幇助する展開になったのは、
皮肉だなぁと思いながら見ました。
逃げる際に、久美から実家の住所のメモを渡されたとはいえ、
希和子が「ここから逃げよう」と決意した時は
行く当てすらまるでなかったのを思うと、
彼女がよほど切羽詰まっていたのだとよく分かります。

でも、ああしてマスコミ報道で希和子の顔が出た事で、
かつての不倫相手以外にも、
希和子に気付いた人がいるかもしれません。
なにより、彼が警察に届けたら、
希和子がエンジェルの家にいたと判明
→そこでの交友関係が洗われ、久美の実家も捜査対象に
→警察の目が小豆島に向く……のは
自然な流れです。

個人的には、希和子が警察に捕まるのではなく、
逃亡生活に疲れた上での自首でもなく、
今後の薫の為を思って
(このままでは真っ当な生活すら送れない彼女の幸せを望んで)
希和子が自首すると良いなぁと思っています。

次回が楽しみです!




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村



2010-04-14 21:57  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。