So-net無料ブログ作成

感想@ドラマ「臨場」第6話:罪つくり*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「臨場」の感想です。
今回は第6話「罪つくり」です。

臨場 DVD‐BOX

臨場 DVD‐BOX

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。

私は原作の小説を読んでいませんが
こちらのドラマをリアルタイムで視聴していました。
(内容はうろ覚えです)


前回の感想記事はこちら。
第5話:Mの殺人

各回の感想記事のURLは
こちらの一覧(インデックス)記事でまとめていきます。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

今回は、検視補助官である小坂留美さん(松下由樹さん)が
かつて関わった
桐岡家のお話でした。

心臓に持病がある男性が犯した殺人事件、
そして彼自身の死……と
こちらのお話は二つの事件が複雑にからみ合い、
その中心には、妻・素子の存在がありました。
私がこのお話を最初に見た時は、
冒頭、桐岡洋介がストレッチャーで運ばれてきた際に
何故か彼の身体が水に濡れていましたので、
終盤の種明かしでようやくその理由が分かり、納得できました。
また、このお話については、私もよく覚えていましたので、
今回の視聴では、真相を念頭に置いた状態で
素子の言動に注意する事ができました。

ホテルのトイレにある便座の蓋に残された指紋は、
確かに女性だと見落としがちですよね。
でもあれは、気付いた倉石が凄いと思います。



普通のドラマでは
継母と娘の関係が悪く描かれるのが鉄板ですが
こちらのお話では、
双方が相手を大事に思っているのが
逆に痛々しく感じられました。
妻にとって、大事なのは義娘だけで、
夫はもはや娘の幸せを脅かす敵だったんですね……。
母娘の強い愛情が深いと感じられた分、
やり切れない思いも強く感じました。




────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第7話:ユズリハの家
(4/8 追記)
原作の小説も読み、感想を書きました。
感想:小説「臨場」横山秀夫著

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-03-30 22:13  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。