So-net無料ブログ作成

感想:「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」第7〜8話「五月雨にクチナシは香りを放ち…前編/後編」 [アニメ感想]

アニメ「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-(第1期)」の
第7話「五月雨にクチナシは香りを放ち…前編」
第8話「五月雨にクチナシは香りを放ち…後編」の感想です。
DVDで視聴しました。
以下の感想には、ネタバレを含みます。


第5〜6話「災厄の紅き夢は東欧に消えて…前編/後編」の感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-10-21-2

各話の感想記事は、第二期「流星の双子」と共に
下記の一覧ページにてURLをまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/DTB


────

今回は、DVDの第三巻に収録されている
「五月雨にクチナシは香りを放ち…前編/後編」に対して
感想を記します。



実は、最初に第5話(前編)を見た時は
それほど面白いとは思えませんでした。
でも、続きの第6話(後編)を最後まで見た後で
改めて前編を見直してみたら、
伏線……というか、真実に繋がるネタがポロポロと出てきていたので
「面白い」と、感想の内容が変わりました。



前回の「五月雨〜前後編」から、一話につき一人ずつ、
主要キャラクターにスポットライトが当てられています。
前回は主人公の黒(ヘイ)、
今回は、動物への憑依能力を持つ猫のマオ、
次回は警視の霧原未咲……という感じです。

それに、賑やかしキャラクターとして、新しく
久良沢探偵事務所の二人(久良沢凱と茅沼キコ)が投入されました。
この前後のお話(5〜6話と9〜10話)の内容が重いので、
第一期全体から見ても、この二話にはちょっと息抜きできる軽さがあり、
良い構成になっているなぁと思いました。



今回のお話は、最後まで見てしまうと、
二つの小さな事件が絡み合っていただけ……と分かります。

まず最初は
久良沢探偵事務所に持ち込まれた黒ネコ・ミーコ探しの依頼。
これは、亡くなった旦那の前妻の死体を
一刻も早く誰かに見つけてほしかった……という
弓月亜璃沙の狙いが潜んでいました。
行き詰まった久良沢に向かって、
反論を許さない勢いで弓月亜璃沙が畳み掛けたシーンが鍵でした。

二つ目は
人間への憑依能力を持つ契約者を追う黒(ヘイ)とマオのお話。
この契約者が、
弓月亜璃沙の亡くなった夫が経営していた化粧品会社に潜入していたスパイを
次々に殺していったという、一つ目のお話との共通点があります。

失礼ながら、どちらも単独だと地味なお話ですが
それぞれが時系列にそって交互に描かれる事によって複雑化した事で、
ぐんと面白くなっているのが、興味深いです。
このお話は、本当、上手く作ってあるなぁと思います。

しかも、両方とも最後には
執着心が哀れさに繋がっているのが面白いです。
一つ目の黒猫探しは
亡き夫に対する弓月亜璃沙の愛情が表れれば表れるほど
かわいそうな感じがひしひしと出てきます。
二つ目の対能力者戦は、言わずもがな、
その男が生前の自分の靴下の匂いを嗅ぐ事に固執している点です。
特に後者は、哀れで哀れで仕方ありません。



新キャラの久良沢凱と茅沼キコについては……
久良沢を見ていると、
刑事ドラマ「相棒 Season5」の第10話「名探偵登場」で出てくる
高橋克美さん演じる私立探偵を、思い出してしまいます。
二人は、男としては全く種類が違いますが、
ハードボイルドが好きそうな当たりに共通点が見えます。
茅沼キコは、まぁ、“狙って作られたキャラクター”と呼ぶ以外に
何もないので、その程度の思いしかありません。
主要キャラクターの銀(イン)が無口な子なので、
そこをカバーする意味もあって、
キコは騒々しかったり、
変な腐女子設定があったりするのかなと思いました。






────
感想は以上です。
お読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの第9〜10話
「純白のドレスは、少女の夢と血に染まる…前編/後編」の感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-11-19-5

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-10-22 04:00  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。