So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想@逆転検事 第5話「燃え上がる逆転」後編1*ネタバレあり [逆転検事:プレイ日記&感想]

ゲーム「逆転検事」第5話「燃え上がる逆転」後編1のプレイ日記&感想です。
本来ならば一つにまとめるべきでしょうが
長くなりそうなので、二つに分けました。
こちらは後編1──前半です。


以下の記述には、多大なネタバレを含みます。
これから遊ばれる方は、閲覧をご遠慮下さい。

第5話「燃え上がる逆転」前編のプレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-8
第5話【燃え上がる逆転】中編1 プレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-01-3
第5話【燃え上がる逆転】中編2(2〜3) プレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-01-5


「逆転検事」のプレイ日記&感想は、カテゴリで分けている他、
下記一覧ページにも各話のURLをまとめています。
【「逆転検事」プレイ日記&感想一覧】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-7



────

【プレイ日記】
冥が犯人ではないかと狼士龍に疑われる
→その捜査の為、アレバスト大使館に再び入る
→美雲ちゃんが得た簪がトケイソウの支柱である事が判明
→ダイカイ像が入れ替わったトリックが判明
→レプリカ品のダイカイ像の中から偽札の原版を発見
→カーネイジを真犯人(密輸組織の首謀者)として挙げる
→馬堂刑事から預かった切り札の証拠品を使用するか否かを選択

悩んだ末に、私は「使う」を選択しました。

切り札のカードとビデオをカーネイジに見せて
車に乗っているのがカーネイジであると指摘する
→カーネイジが治外法権を唱える



【感想】
話の大詰めという事で、この後半からいよいよ
トリック解明&真犯人の追求が始まりました。

主要キャラクターの中で、
これまでほとんど関わりがない+偉い立場を利用できる事から、
カーネイジが真犯人であろう事は私も想像していましたが、
ダイカイ像の中に偽札原版がある事までは考えてなかったので、
レプリカ像がアレバスト側にある事に、物凄く納得しました。
それまでは、片方に二体あったらまずいから
(本物にのみ価値があると思っていたので)
偽物を仕方なくアレバスト側に送ったのかと思っていたんです。
寧ろ、カーネイジは、
巨万の富を生む偽札の原版が入っているババル側のダイカイ像に
価値を見い出していたんですね。



「価値を見い出す」と言えば
未だに天野河丈一郎の話があまり出てきてないのが気になります。
ここまで話を詰めておいて、
彼を野放しにする事はないので、
これから先において、御剣は彼を追求するのでしょうか。
御剣は「恩は恩、罪は罪」と割り切っていたけれど、
昔からの知り合いで
「丈一郎さん」と下の名前で呼ぶほどだったのに
彼と袂を分かつような事があったら
やはり御剣も辛いですよね……。
でも、膿を全部出し切ってほしいです。



話が逸れましたが。
偽札の原版を見つけた時の狼士龍の心境を思うと、辛かったです。
あれが、西鳳民国を貶めた元凶の一つじゃないですか。
西鳳民国内で、紙幣の本物と偽札の区別がつかなくなっている事が
世に知られているのって
(警察や検察の一部の人間だけかもしれませんが、それでも)
かなりの非常事態ですよね。
西鳳民国のお金に価値や信用がないと
世界の皆が思うようになります。
いえ、一部の人間にこうして知られている以上、
既に世界的信用を失っています。
となると、貿易で西鳳民国のお金は積極的に使えません。
偽物かもしれないと思えるお金での支払いを歓迎する相手国など
あるわけがないので。
となると、西鳳民国の経済が大打撃を受けます
そのうち、西鳳民国内でも外貨での支払いを歓迎されるようになります。
カーネイジが原版を持っていたり、
マニィが未だに偽札を作っていたのを思うと、
まだ辛うじて西鳳民国のお札には価値があるようですが、
こうして偽札が横行すれば、その内、
それが紙屑同然になるのは目に見えています。
まさに、狼にとってカーネイジは
国を蝕む害虫のような存在です。
よくあそこでカーネイジを殴らなかったなぁと、
狼の心の強さに感心もしました。



シーナもとい葛氷見子から貰った簪が
実はトケイソウの支柱だったという事実は
もうもうもうもうびっくりしました。
その前に、“トケイソウ”が証拠品としてどのように使われるのかが
疑問だったので、
花の数が足りない→引っこ抜かれた→用があったのは花ではなく支柱
……の流れに、思わず頷いてしまいました。



カーネイジが治外法権を挙げて「自首する」と言った時は
思わず「狡い」との声が出てきました。
ここから先も、引き続き正念場が続いて、
御剣は更に苦しい思いをするかもしれませんが、
頑張って進めていくつもりです!



ところで、私は切り札を「使う」を選びましたが、
たとえ使わなくても、同じ着地点だったのでしょうか。
二周目を遊ぶ時は、「使わない」を選択してみようと思っています。


────

第5話「燃え上がる逆転」後編1のプレイ日記&感想は以上です。
後編2に続きます。

第5話【燃え上がる逆転】後編2(2〜3) プレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-02-2


2009-06-02 00:51  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。