So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想@逆転検事 第5話「燃え上がる逆転」中編2*ネタバレあり [逆転検事:プレイ日記&感想]

ゲーム「逆転検事」第5話「燃え上がる逆転」中編2〜3のプレイ日記&感想です。
本来ならば一つにまとめるべきでしょうが
長くなりそうなので、二つに分けました。
こちらは中編2〜3──後半です。


以下の記述には、多大なネタバレを含みます。
これから遊ばれる方は、閲覧をご遠慮下さい。

第5話「燃え上がる逆転」前編のプレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-8
第5話【燃え上がる逆転】中編1 プレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-01-3


「逆転検事」のプレイ日記&感想は、カテゴリで分けている他、
下記一覧ページにも各話のURLをまとめています。
【「逆転検事」プレイ日記&感想一覧】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-7



────

【プレイ日記】

アレバスト大使館のローズガーデンの捜査
→最初に現われたヤタガラスはシルエットのみだったと判明
→ババル大使館執務室の暖炉も隣室と通じている事が判明
→美雲が叫ぶまで隣室にいたというシーナを取り調べ
→隣室からシーナの所持品が出てくる
→コートを燃やした際の火の色から彼女も暖炉を通ったと判明
→シーナが葛氷見子(ヤタガラス)だと判明
→ヤタガラスは三人居り、馬堂刑事もそうだったと判明
→馬堂刑事から御剣に切り札が渡る


シーナに偽札を突きつけた後
何を突き付けるかで迷いました。
現場から不審な物が今さら出て来たことを証明すれば良いと分かったのは
あれこれと突きつけた後でした。
問われている事の意味を軽く読み違えていました。

ローズガーデンのシルエットも、少しだけ迷いました。
よく読まずに先に進めていた時だったので、
「多分、これ!」と、自信なく突きつけてしまいました。



【感想】
シーナの正体は、ショックでした……。
中編3の冒頭でシーナの口(げらげら笑う)を見た時に、
御剣たちと同様に
「あぁ、この人は間違いなく葛氷見子だな」と確信しましたが、
実は、本物のシーナは別にいて、
葛氷見子が彼女に化けている可能性もあるんじゃないかと
密かに期待していたんです。
まぁ、狼士龍の凄さを思えば、
始終一緒にいるシーナが入れ替わったら、絶対に気付くはずなので、
こんな事はあり得ないのですが……。
最初から彼女に裏切られていた狼の辛さを思うと
やり切れなくなります。
七年前の一条検事は、即死だった事から
葛氷見子に殺された事すら分からずに亡くなりましたが、
馬堂刑事は今の狼と同じ立場ですよね。
どれだけ無念で、悔しくて、憤ったかは、
私がいくら想像しても足りないと思います。

ヤタガラスが、一条検事・馬堂刑事・葛氷見子から成っていた事には
驚きました。
一条と馬堂がコンビを組んで名乗っていたかもしれない可能性ぐらいは
私も想像していましたが、
葛も合わせて三人で……というのは、
彼女が真犯人だと分かった時点でヤタガラス候補から外していたので、
私にとっては意外でした。
しかも、弁護士という職業・葛氷見子という名前さえ偽りだったとは。
そりゃあ、偽りの身分なら、
妹が殺されたとしても、その人は本当の肉親じゃないんですから
そのまま組織に居続けますよね。
ただ、一条検事を殺した事について、
そのような命令を組織から受けたからこそ、
余計な感情を入れずに実行したようですが、
そうしたくはなかったという本音が見えていたので、
彼女なりに思う事はあったのかなぁと思いました。
あくまで組織からの命令を第一に考えていた葛氷見子だったけれど
(おそらく、逆らうと自分の身が危なくなるので)
ヤタガラスとしての活動は、
それなりに充実していたのではないかと思います。
そうじゃなかったら
あんな顔は一瞬でも見せなかったと思うので……。

それにしても、検事・刑事・弁護士と、
三人は自分の職業をそれぞれ生かした上で、
ヤタガラスとして活動していたんですね。
そりゃあ……上手くいくはずだよ!と、納得できました。
そして、その内の二人の意思を継いで
美雲ちゃんはこれから頑張るんだなぁ……。
最後に御剣に預けた簪を、
この「逆検」の最後で素直に受け取る気になれればいいなぁと思います。



さて、シリアスな面ばかりを強調してしまいましたが、
今回も面白いネタがたくさんありました!
まずは、ローズガーデンの池から出てきて
再び池に戻っていった矢張。
最初に彼が出て来た時は、一体何事かと思いました。

続いて、自称スクープカメラマンのナツミさん!
彼女自身の絵はモブのみでしたが、
馬堂刑事の説明がおかしかったです。
彼女の「関西人がケチなんじゃない」ネタを
もう一度聞きたかったです。

そして、「サルマゲくん」とちゃんと言えるようになった御剣。
もう「サルマゲどん」とは間違わないのでしょうか。
ちょっと淋しいです。
(6/2追記)
……と書いてしまいましたが、
撮影所のマスコットの名前は“さるまげどん”が正しいので
御剣は間違って覚えているんですね。
私もすっかり忘れていました。
コメントでご指摘頂いたので、ここに訂正致します。
という事は、この時
御剣は美雲ちゃんにちょっと偉そうだったのですが
そもそもそれが駄目だったんですね。
さすが天然ボケな御剣です!


そういえば、「ぬすみ……ちゃん」と
変な間を開けて読んでいた彼が
今度は「ぬすみさん」と言っていました。
どうあっても、すんなりと「ぬすみちゃん」とは言えないらしいです。
そこがかわいい。

そうそうそうそう!
逆裁シリーズではおなじみ、ハシゴと脚立のネタも出て来ました!
お約束がちゃんと守られていたのは
ファンとして嬉しかったです。



────

第5話「燃え上がる逆転」中編2〜3のプレイ日記&感想は以上です。
後編に続きます。

第5話【燃え上がる逆転】後編1 プレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-06-02



2009-06-01 20:19  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

通りすがり

正:さるまげどん
誤:さるまげくん
by 通りすがり (2009-06-02 01:58) 

さくら

■通りすがり様

こんにちは、初めまして。
私の間違いをご指摘下さり、ありがとうございます!
私もすっかり忘れていたので、教えて頂き本当に助かりました。
その旨の記述を、記事に付け足しました。
by さくら (2009-06-02 15:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。