So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想@逆転検事 第4話「過ぎ去りし逆転」中編*ネタバレあり [逆転検事:プレイ日記&感想]

ゲーム「逆転検事」第4話「過ぎ去りし逆転」中編のプレイ日記&感想です。


以下の記述には、多大なネタバレを含みます。
これから遊ばれる方は、閲覧をご遠慮下さい。

【第4話「過ぎ去りし逆転」前編のプレイ日記&感想】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-30-7

「逆転検事」のプレイ日記&感想は、カテゴリで分けている他、
下記一覧ページにも各話のURLをまとめています。
【「逆転検事」プレイ日記&感想一覧】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-7



────

【プレイ日記】
法廷でサイバンチョを相手に尋問するというシチュエーションが
とても新鮮でした。
でもBGMは、「逆転裁判」で使用された曲がアレンジされていたので
安心できる(懐かしいと思える)部分もありました。


葛弁護士・糸鋸から証言を聞く→糸鋸はあの廊下にずっといたらしい
→サイバンチョと馬堂刑事から証言を聞く
→イトノコが廊下のソファに座ってどら焼きを食べていた+
窓辺に置かれていたサボテンのせいで美雲の風船が割れたと判明
→サイバンチョがいたトイレの窓から死角になっていたせいで
そこからはソファに座っていた糸鋸の姿が見えなかったと判明
→銃砲の音を聞いたサイバンチョと馬堂刑事の時間の証言に食い違い
→サイバンチョが聞いたのは風船が割れた音だったと判明
→美雲登場→イトノコの500円と美雲の100円でどら焼きを買ったと判明
→イトノコが廊下にいた事実に対する証明が
彼以外に犯行を行えない事への裏づけに繋がってしまった



【感想】
冥ちゃんにムチでぶたれまくる御剣を見られるのは
この「逆転検事」だけ……
という売り文句をつけても良いかもしれません。
イトノコさんも負けるほどの打たれっぷりです。凄いです。

ここまで冥ちゃんが御剣を敵視(ライバル視)しているのを見せられると、
自分よりも先に御剣に土をつけた成歩堂を打ち負かす為に
冥ちゃんがアメリカからわざわざやってきたという心境が
よく分かります。
逆裁2を初めて遊んだ時は
ちょっと大袈裟過ぎるなぁと感じた部分もあったので
「そこまで思うものかな?」と疑問を抱いた事もありましたが
(二回、三回……と遊ぶ回数を重ねていく内に、自然に受け入れられましたが)
これなら納得できます。



小さい美雲ちゃんが、この話から本格的に登場しました。
イトノコさんとのエピソードは
前回の感想で記しましたように、私が予想した範疇でしたが、
微笑ましい話だったので、実際に読めた事がとても嬉しかったです。
「ノコちゃん」と言ってイトノコさんに懐いていた彼女が
とってもかわいかった!
イトノコさんについても、早速、
彼がそれなりに人望を持っている事への証明になったと思います。

それよりも、私が注目していたのは、
幼い美雲ちゃんに対する冥ちゃんの優しい言動です。
法廷に美雲ちゃんが現われた当初は、戸惑いもあったのか、
割と冷たくて(冥ちゃんとしては普通の)遠慮もない言動を
彼女に向けていましたが、
美雲ちゃんが父親の死を知っていると分かった途端、
優しいお姉さんの様子を見せています。
特に、“約束ノート”に書かれていた
“知らない人の前で泣いてはいけない”事に対して、
冥ちゃんが「(美雲ちゃんは)泣かなかったと証言する」と約束した事は
とても素敵でした。
美雲ちゃんも、すぐにお礼を言っていたように、
彼女が見せた優しさが、本当に嬉しかったんだと思います。

逆裁2だったか……はみちゃんに
「真宵さまをいじめる方」と言われた事がショックだったのか、
傍にいたなるほどくんだかイトノコ刑事だかに
冥ちゃんがムチで八つ当たりをするシーンがありました。
やはり冥ちゃんは、他人に対して(特に、自分より弱い者に対して)
優しい心を持っている女性なんだと思います。

ジャボ(三段のフリルタイ)を美雲ちゃんに貸してあげた御剣も
大変優しかったです。
機転を利かせて、「あげるのではなく貸す」と言ったところも
格好良かったです。



それにしても、イトノコさんが貰った初の賞与が五百円とは
世知辛いなぁ……。
賞与(ボーナス)を貰えるだけ、まだましなのかな。
あれ? 自販機の下を調べている捜査員に尋ねたら
「500円が落ちていた」とか言われませんでしたっけ。
(うろ覚えなので、間違えているかもしれません)
もしそうなら、それを拾えていたら幸せだったかもしれません。
(一応、刑事なので、拾得物には手を付けないかもしれませんが)

上でも触れましたが、二つあるどら焼きを、
一つは一条検事にあげる為に取っておき、
残りの一つを二人で半分に分けるなんて、良いエピソードですね。
どら焼きそのものも、凄く美味しいらしいですし
(冥ちゃんがやたらと食べたがっていたのが印象深かったです)
あんな事さえなければ、楽しい想い出のまま終われたはずなのが
残念です。

ところで、カプコンさんの事だからきっと、どら焼きも商品化しますよね??
私、宝月茜ちゃんのかりんとうは買えましたが、
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2008-07-06-1
とのさまんじゅうは買えませんでしたので(食べさせてもらいましたが)
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-01-17-1
ナマものの販売が難しい事を重々承知の上で
今度は、買いやすい方法で是非販売して頂きたいです。



事件は……やはり、馬堂刑事が絡んでいるんでしょうね。
このゲームは「逆裁」1〜4より後に作られたので、当然なんですが、
未来の(この第4話の七年後以降)イトノコさんが
馬堂刑事について全然語らず、
御剣の信奉者みたくなっている事から、
イトノコさんの気持ちが変わるような
(馬堂刑事を尊敬していると公言できなくなるような)出来事を
この次の後編で見聞きできるんだろうなと思っています。



────

第4話「過ぎ去りし逆転」中編のプレイ日記&感想は以上です。
後編に続きます。

第4話【過ぎ去りし逆転】後編 プレイ日記&感想
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-4


2009-05-30 23:55  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。