So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想@逆転検事 第3話「さらわれた逆転」中編1*ネタバレあり [逆転検事:プレイ日記&感想]

ゲーム「逆転検事」第3話「さらわれた逆転」中編1のプレイ日記&感想です。
一つにまとめたかったのですが
中身が濃かったので、今回は二つに分けます。
今回は、中編1──前半です。


以下の記述には、多大なネタバレを含みます。
これから遊ばれる方は、閲覧をご遠慮下さい。

【第3話「さらわれた逆転」前編のプレイ日記&感想】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-29-6

「逆転検事」のプレイ日記&感想は、カテゴリで分けている他、
下記一覧ページにも各話のURLをまとめています。
【「逆転検事」プレイ日記&感想一覧】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-7



────

【プレイ日記】
新システム“ぬすみちゃん”が登場しました。
美雲ちゃんが機械に入力した情報を、3Dで具現化するシステムです。
これまでの「逆転裁判」では、捜査や公判で得られた地図を元に
2Dで犯人や被害者の位置を見てきましたが、
今回は3Dでした! 
しかも分かりやすい!
盗みのシュミレーションに使うという大前提が美雲ちゃんにあるのも、
話の流れを壊さず、ごく自然だったと思います。

その分、ちょっとパワーアップしたらしい茜ちゃんの足跡検出が
実際にできなかったのが、残念です。
科学捜査をやりたい!
息をフーッと吹き掛けたり、足跡に石膏を流し入れたいです。


追い出された御剣に糸鋸が進言→証言者を求めてステージエリアに移動
→宝月茜ちゃんと再会
→証人がタイホちゃんの着ぐるみを着ていたオバチャンだと判明
→血溜まりが無いこと+足跡検出の結果から
被害者が着ぐるみを着ていたと判明
→オバチャンの証言に矛盾が生じる→実は遠目だった事が判明
→今は片付けられているステージが設置されていた事も含めて情報を訂正
→狼登場→御剣達が立てていた仮説を唱え、原灰が犯人だと再び主張
→対決モードで、御剣がその仮説を訂正する
→誘拐されていた天野河光が登場


今回も、特に詰まるところなく楽に進められました。
でも、オバチャンの一挙一動に面白がって笑っていたせいで、
手が止まってしまいました。

それにしても、上でも書きましたが“ぬすみちゃん”は良いですね。
「逆転裁判」と違い、
法廷パート/捜査パートとはっきりと分けられていないので、
いつ対決パートになるかが分からず、
それなりの緊張感を味わいながらプレイしているのですが、
こういうメリハリも付け加えられた事で、
単純作業になりがちな捜査が飽きずに行なえています。



【感想】
宝月茜ちゃんの登場!に喜んでいたら
まさかまさかのオバチャン登場!
オバチャン、キター!!!!

原灰巡査といい、オバチャンといい、
皆、タイホくんシリーズの着ぐるみを着ている時は
仕事に徹するあまり、
本性を必死に隠しているんでしょうか?
ギャップがあり過ぎます。
オバチャンは、大好きなおしゃべりを禁じられているらしいのが
辛そうですね。
原灰の時もそうだったけれど、
私はオバチャンを見た瞬間に、本気でアハハと笑ってしまいました。

動揺する御剣に不穏な音階の音楽が合っていたのも、面白かったです。
この音楽はオバチャンのテーマなんでしょうか。
コミカルなメロディなのが
行く先々で迷惑を振りまいているオバチャンにぴったりだと思います!
まさか御剣も、彼女とはここまで長い付き合いになるとは
思ってなかったでしょうね。
逆裁4では出てこなかったので、
オバチャンの姿に懐かしさを覚えてしまいました。嬉しいなぁ。

でも、かわいかったタイホちゃんの中身が
茶色い声のオバチャンだと思うと、夢が壊れます……。
バンドーランドに遊びに来た子供達がこれを知ったら
ワーンと泣き出しそうです!
「今日は厄日だ!」と今さら気付く御剣が、とってもかわいい。

美雲ちゃんが屈託なく友好的に挨拶をしてきた一方で
興味のない相手だと冷たい反応を見せてくるオバチャンは、今作も健在です。
さすがだ、オバチャン。変わらないなぁ。

なるほどくんが聞き手(逆転裁判)だと、
オバチャンは最初から喧嘩越しな言動を見せてきて
本当に非協力的なので、なかなか上手いこと喋ってくれないのですが、
大好きなみっちゃんが聞き手だと
さすがの彼女も最初からベラベラと喋りまくってますね。
「オバチャン、飛ばしてるなーw」と、私はニヤニヤしっぱなしでした。

しかも、調子のいいところを見せてくるのは相変わらずでした。
今回も適当に証言してる……
でもそこがオバチャンの魅力なので、私は素直に楽しめました。
さすがオバチャンだ!と思いました。



今作の茜ちゃんは、「1」の蘇る逆転と「4」の間なので、
やや4寄りとはいえ、どちらでもない彼女を見られて、凄く新鮮でした。
女の子は本当に変わりますねー。
もうお姉さんの入口に立っている気がします。
女の子って呼んだら、失礼に当たるかもしれません。
真宵ちゃんは「1」→「3」では全然変わらなかったけれど、
茜ちゃんは外見も成長したんですね。
なんだか、自分が巴さん(茜ちゃんのお姉さん)になった気分になれたので
途中でホロリとしそうでした。



この中編1の冒頭で、イトノコさんがちらっと出てきたように、
彼が必死で御剣の役に立とうとしているのが、たまらないです!
そして、「逆転裁判」においては、
当初、勝手に助手として押しかけてきた真宵ちゃんが
自然になるほどくんの元ですっかり馴染んでいったように、
「助手!」と自ら志願してなった美雲ちゃんを
御剣が認めつつある様子に、和みました。
美雲ちゃんが“ぬすみちゃん”を使うくだりは
本当、助手っぽかったです。
真宵ちゃんとみぬきちゃんと同様に、
“その職業ならでは”の特性で主人公を助けているのは、
さすがヒロインだなぁと思いました。
イトノコさんは不利ですね! 頑張れ!



今回は、なんだかオバチャンのパワーに圧倒された話でした。
それでも、彼女に負けずにちゃんと存在感を出している茜ちゃんが凄いです。
ただ、この中編1での茜ちゃんは傍観者っぽかったので、
美雲ちゃんと協力して御剣を助けるシーンを見れないかなと
勝手に期待しています。
(この二人、結構、気が合いそうなので。
彼女らに限らず逆裁の女性陣は、皆、仲良くできそうで、良いですね)






ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの第3話【さらわれた逆転】中編2 プレイ日記&感想を書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-30-3

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-05-29 23:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。