So-net無料ブログ作成

プレイ日記&感想@逆転検事 第1話「逆転の来訪者」後編*ネタバレあり [逆転検事:プレイ日記&感想]

ゲーム「逆転検事」第1話「逆転の来訪者」後編のプレイ日記&感想です。

以下の記述には、多大なネタバレを含みます。
これから遊ばれる方は、閲覧をご遠慮下さい。

前編のプレイ日記&感想はこちら。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-28-5

「逆転検事」のプレイ日記&感想は、カテゴリで分けている他、
下記一覧ページにも各話のURLをまとめています。
【「逆転検事」プレイ日記&感想一覧】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-31-7



────

【プレイ日記】
優木によって執務室から追い出された三人が、
執務室前の廊下を捜査するところから始まりました。
御剣の書棚から一冊だけ失われていたファイルをソファの下で発見
→そこにしまわれていた一つの公判記録が盗まれていると判明
→隣の執務室(1203)を使っている検事が優木であるのが判明
→鍵を忘れた優木に頼まれてマコが彼の執務室を開けたと判明
→優木の執務室のドアからはマコの指紋が検出されず
→ドアのナンバープレートがスライド式+
廊下にあるバスケットボールのゴールが動かされていた事実から
優木がマコを偽り、自分のではなく御剣の執務室を開けさせたらしいと判明
→御剣と優木の対決
……という流れでした。

御剣の推理→優木の反論→御剣の尋問……と進む内に、
実はあの夜、御剣の部屋には侵入者が二人いて、
一人は優木(そこで彼が探し物をしているのを見たリョウが殺害される)、
一人はヤタガラスという義賊
(御剣に銃を突きつけ、威嚇射撃もした人物。0ファイルの書類も盗んだ)だと
判明しました。

また、この事件は、他の逆裁シリーズがそうであるように、
これから判明する大きな事件の一部に過ぎないようです。



【感想】
状況証拠ばかりで、このままじゃ危ういなーという時に
別の証拠(しかも、これさえ見せれば大逆転確実)がいきなり出てくるのは
ちょっとズルいです。
ビデオテープ無しで──それこそ御剣の推理でバシッと
優木を叩きのめしてほしかったです。
そりゃあ、証拠品の数が合わない矛盾を優木から引き出したのは、
御剣の推理なりロジックの結果です。
でも、ああいう“強い”証拠品をいきなり出して
相手をねじ伏せてしまう展開は、反則技のような気がしました。

でも!
推理→反論→尋問の流れは、逆裁シリーズのイイとこ取りというか、
これまでの反省を生かしたようなテンポの良さがあって、
非常に面白かったです。
さくさく進むし、「意義あり!」のやり取りも楽しかった!
法廷に負けない緊張感が、たっぷりとあったと思います。
無駄な回想シーンもないのでストレスが溜まりませんし
(逆裁4では、何かというと過去回想があったので、苛々させられました)
脇役のイトノコさんやマコちゃんもガンガン口を挿んできますし、
シリアスな部分ではガッと畳み掛けられるところもあって、
息吐く暇もなく、一気に遊んでしまいました。
いやー、いいですね!
言葉対言葉だからこそ出てくる、独特の緊張感を強く感じました。



さて。
廊下に何故かバスケットボール&ゴールがあるのを見て
私が「おいおい」とちょっと引いていたら、
手で頭をペチペチやっている眼鏡を掛けた中年男性の姿を発見!
スーツ+眼鏡+頭ペチペチのモーション+検事局にいる男とくれば
彼しかいません。
「え? そうだよね? 間違い無いよね」と思い、話し掛けてみたら、
台詞と共に表示される名前の欄に“ケンジ(検事)”と出た上に、
御剣には「誰だったかな、この人は」と言われてましたが、
亜内武文検事ですよね?!
うおー!!!! 亜内検事、会いたかったよー!!
こうやって、他のキャラクターもモブとしてちらりと出てくるのでしょうか。
嬉しいなぁ。
アウチに対して、御剣が片手を振り下ろす仰々しい挨拶もしていて
それを見られた事が嬉しかったです。
でも、別件の捜査で
イトノコ刑事がせっかく亜内検事の名前を挙げたのだから、
それがきっかけで御剣も彼を思い出してあげてよ……と思いました。
哀れなのが売りとはいえ、不憫だなぁ、亜内検事。
とはいえ、そういう彼だからこそ、私は彼が大好きなんですけど。

また、ソファで寝る云々の言葉で、
イトノコさんと御剣がなにげに
なるほどくんについて語っているのも嬉しかったです。
今回はなるほどくんの出番がないはずなんですが、
こうやって細かな部分でいちいち思わせぶりな言葉を発してくれるのなら、
ファンとしては感涙ものです。
本当に、すっっっっっっっごく嬉しかったです!
思わずニヤニヤしちゃいました。
必要ないのに、何度もそこを調べさせて、
イトノコさんと御剣にその台詞を語らせてしまいました。

御剣に尋問されるのが夢だったというマコちゃんが
昔の少女漫画のヒロインのように、目をキラキラさせているのが
かわいかったです。
そんなに嬉しかったんだー!って、よく分かりました。
成歩堂に世話になった時とは深刻さに差があるのも理由なんでしょうが、
(二件とも、殺人犯として逮捕、起訴されていたので)
それを差し引いても、御剣に対しては反応が違うっぽいのが面白いです。
警備員の帽子をちょっとだけ被ってましたね。
かっこいいい!



“義賊のヤタガラス”、“組織”という不穏な単語が出てきました。
優木が御剣の部屋に侵入したのは、
その組織とやらに頼まれた
(金で買われたか、弱味で脅されたか……)せいでしょうか。
ドロボウと言えば、新キャラ・一条美雲ちゃんの職業なので、
彼女がどう出てくるのかが楽しみです。
美雲ちゃん自身がヤタガラスという簡単な話ではない気がします。
他の家族(お祖父ちゃんとか)が実はそうで、
彼女が跡目を継ぐ……という展開もありきたりですよね。

それより、ちょこっとだけ出たヤタガラスのシルエットの髪型が、
なかなかのギザギザだったので、
またもや、なるほどくんを思い出してしまいました。
……そんな事を言っていたら、
美雲ちゃんだって、狼士龍だってギザギザなんですけど。



帰国早々に殺人事件に遭遇するとは、御剣も非運ですが、
その予兆は二日前にも出ていたそうで。
これが、次の第2話「逆転エアライン」の話だそうです。
あの変な客室をいよいよ見られるんですね!
前情報だと、御剣がスチュワーデス(キャビンアテンダント)から
犯人扱いされるらしいですし、
これまた遊ぶのが楽しみです!

捜査もロジックも、尋問も、本当に楽しい!






ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村

続きの第2話【逆転エアライン】前編 プレイ日記&感想も書きました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-05-28-7

宜しければ、合わせてどうぞ。


2009-05-28 20:01  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。