So-net無料ブログ作成

映画「秘密」感想*ネタバレあり [映画・舞台]

「おくりびと」記念でテレビ放映された映画「秘密」を見ました。
以下は感想です。
大事な(映画の根幹である)ネタバレを含みますので
これから見る方はご注意下さい。

秘密 [DVD]

秘密 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


────

東野圭吾さんの原作は、未読です。
でも映画の最後に明かされる「本当の秘密」を知った状態で
見ました。


広末涼子さんについては、
まだ19歳だったらしいこの当時よりも、今の方が好きです。
なんか……記憶が朧げなんですが、
当時、物凄く人気のあった広末さんは、
今回のような背伸びをした役が多くて、
もっと年に合った役をやれたら良かったなぁと
思ったことがあります。



この映画には、
土曜日の夕方に自宅のテレビで見るのを避けたくなるようなシーンが、
二度ほど出てきます。
これについては、劇場公開当時の口コミで知っていたんですが
……え、エロかったです。本当に。
ちょっと家族とは見られないです。

特に藻奈美が「口でしてあげようか」と言うシーンと、
父親に藻奈美がパンツを脱がされてしまうシーン。
絶対にヤらないとは思いながらも
ドキドキしました。



当初、母親である直子の意識が藻奈美の身体にあると判明した時、
父親も母親も、娘の意識(魂)がどこかにいっちゃってるのに
全然惜しんでなさそうなのが、引っ掛かりました。
そりゃ、とんでもない状況に身を置かざるを得なくなっている
(学校生活など、娘の日常が始まっちゃっている)とはいえ、
ここら辺はもう少し描きようがあるのではないかと
思いました。

それと、私はテレビ版を見たので、
本来の映画版にはあるのかもしれませんが、
冒頭で母親が早々に亡くなってしまったので、
生前の彼女がどうだったかがよく分からず、
彼女に感情移入もできないどころか、
「直子よ」と言い張る藻奈美が本当にそうなのかが
視聴者目線でも全く伺えないところが気になりました。
仮に騙すとして、その相手である旦那のいないところでも、
藻奈美は学校で奇妙な行動を取っているので、
「あぁ、これは本当に直子かもしれないな」と思いましたが、
言動とか身ぶり手ぶりとか癖とか、
もっと些細なところで直子と藻奈美の違いを露にしてほしかったです。

藻奈美になった後の直子が見せた彼女らしさって、
服装のセンスがちょっと古い事と、
本気でセックスを迫る(とはいえ、決定権は旦那に任せてますが)ところと、
“本当の秘密”に関わる、剃り残しを確認する仕種ぐらい??



旦那が、藻奈美=直子だと本気で思うようになってから
二人の生活の幸せが崩れ始めて、
再び藻奈美が顔を出すようになるとその生活が安定し始めるのは、
皮肉だなと思いました。
藻奈美と服を買いに行く時に、
旦那は愛娘にメロメロになってましたが
ちゃんと藻奈美になりきろうとしていた母親の
必然性にも迫られた行動を見るのは、ちょっと辛かったです。
(自分の好みの服でなく、
この時の藻奈美が好きであろう服を新たに調達して着るのは、
しなければいけない事なので)

だから灯台でのシーンよりも
秘密が秘密として再び伏せられると分かる結婚式のシーンの方が
せつないです。
でも、いいのかな、あれで……。
ラーメン屋になった加害者の息子の方は藻奈美に惚れてますが、
あの顎の撫でっぷりからいって、
まだ直子が旦那を愛おしんでいるのは明らかですし。
でも、「きっと藻奈美なら彼を好きになった」と思って
(実際、ラーメン屋の彼も好い人柄のようですし)
これならいいと思って結婚したのかな。
でもこの先、何十年と生きていくんですよね……。
辛いなぁ。
旦那の方が先に死んだ時、
ショックのあまり直子が何もかもぶちまけるんじゃないかとも
思いました。

作中よりも、見終わった後の方がせつなくなる映画です。



そう、旦那と直子は本当に仲の良い夫婦なんですよね。
あの年頃にありがちなセックスレスでもないし。
そういう、最初に知っておいた方が良い事が
後から明かされたり、
直子と藻奈美の違いがあまりはっきりしなかったり……と、
(それが狙いだったのかもしれません)
ちょっと不親切というか、
客を作品に乗せない、勿体ない映画だと思いました。



後味があまり宜しくない恋愛は、
東野さんの他の作品でもよく出てきますので、
原作だったらもっと感動できたかなぁと思いました。
自分の好きな間で、このお話を味わいたいです。



入れ替わりと言えば、
大島弓子さんの名作漫画「秋日子かく語りき」が大好きです。
これは、「ちょっと待って、神様」というタイトルで、
NHKのドラマで映像化されています。
セーラー服を着た泉ピンコさんが出てくるんですが
それを思い出しただけで泣けます。
主演の宮崎あおいさんもかわいかったー。


感想は以上です。

内容よりも、
広末さんが濡れ場を演じちゃうんじゃないかという事の方が
話題になりそうな作品だというのが
全体の感想です。


秘密 (文春文庫)秘密 [DVD]白夜行 (集英社文庫)手紙 (文春文庫)正義の味方 DVD-BOX14才の母 愛するために 生まれてきた DVD-BOX女王の教室 DVD-BOX

────
ランキングに参加中です。記事がお気に召しましたらクリックしてやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村
上記でエラーが出る方はこちら【にほんブログ村】からお願いします。


2010年10月から放送が開始されました
テレビドラマ版(志田未来さん主演)の感想も書きました。
ドラマ「秘密」第1話:東野圭吾!! 伝説のベストセラー 心は38歳、体は16歳の妻

宜しければ、合わせてご覧下さい。


2009-02-28 17:29  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。