So-net無料ブログ作成

感想@宝塚歌劇 雪組公演「るろうに剣心」東京宝塚劇場*ネタバレあり [映画・舞台]

二〇一六年四月上旬。
東京宝塚劇場で開催中の雪組公演「るろうに剣心」を観てきましたので、
簡単な感想を記します。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/rurouni/index.html

原作基準での主な配役はこちら*敬称略
緋村剣心:早霧せいな
神谷薫:咲妃みゆ
加納惣三郎:望海風斗

相楽左之助:鳳翔大
高荷恵:大湖せしる
武田観柳:彩凪翔
斎藤一:彩風咲奈
四乃森蒼紫:月城かなと
剣心の影:永久輝せあ
明神弥彦:彩みちる

るろうに剣心 文庫版 コミック 全14巻完結セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

るろうに剣心 文庫版 コミック 全14巻完結セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)

  • 作者: 和月 伸宏
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/07/27
  • メディア: 文庫

原作は一通り読み、アニメは放送当時にちょこちょこ見ていました。
最愛は四乃森蒼紫様です!!!!!



ヅカ版の蒼紫様(月城かなとさん)のビジュアルにノックアウトしてしまい、
「でもチケットが取れないだろうな……無理だろうな」と諦めつつも臨んだ一般発売。
必死に頑張ったところ、なんとか一枚だけ取れたので、行ってきました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-02-29-1
01duka.jpg
その前に、ムラ(宝塚大劇場)での公演のお写真等も、
キャトルレーヴで先に買っていました。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2016-03-04-2
(とりあえず蒼紫さまが写っているものを一通り)



ここ五年ほどの舞台は、宝塚に限らず、二次元ものの成功が目立っています。
どの舞台も、まずビジュアルを原作のキャラクターに似せてきますので、
今回も、その点では全く心配していませんでした。
(個人的に、ドラマ「相棒」を違和感なくヅカ化できていた時点で
「宝塚なら何をやっても大丈夫」という安心感を持てています)

特に、この「るろ剣」の主人公・緋村剣心(早霧せいなさん)は、
原作で女顔で小柄な優男という外見をしているので、
ヅカにぴったりだったと思います。
ヒロインの神谷薫(咲妃みゆさん)も、彼女らしくてとても良かったです。
勿論、私が最も注目していたのは蒼紫様ですが、
二番目に惹かれたのは誰かと問われたら、咲妃さんの薫ちゃんを挙げます!
ちょっとハスキーボイスなところも可愛らしいし、
なにより、優しくて強い大和撫子なところがよく出ていて、素敵でした。


純粋に楽しみたかったので、ネットでネタバレを見ないように気を付けていたのですが、
それでも「御庭番衆の歌が滑稽らしい」「ガトリングガンの歌が凄いらしい」とは
聞いていました。
ただ、実際に観劇してみると、私の頭に最も強く残っていたのは、
斎藤一(彩風咲奈さん)の「悪・即・斬」でしたww
確かに、御庭番衆の歌も、武田観柳(彩凪翔さん)のガトリングガンの歌も
インパクトはありましたが……、
それ以上に、「悪・即・斬」のまさに「悪・即・斬」の歌詞のところが
頭にこびりつきました。

とはいえ、武田観柳の歌の中で登場する、
蒼紫さまがキメキメで踊る彼の妄想には大変ときめきましたので、
楽しい時間ではありました。


蒼紫さま+御庭番衆は忍者のような仕事を得意としますので、
銀橋の手前に潜んだ後(勿論、多くの客には見えていない)、
パッと上がっていきなり登場する演出など、
彼ららしい動きがあって、とても興奮しました!
とにかく蒼紫さまが格好良くて、彼が出ている間は目を奪われっぱなしでした……!!
素敵すぎて泣きそうでした。
大好き。


ただ、お話はというと、終盤が盛り上がりにやや欠ける展開でしたので、
(ガトリングガンを撃ちつくした観柳が捕まって終わり)
もうちょっと、殺陣とダンスによる見せ場が欲しかったです。
普段の私は、殺陣をメインとする舞台を主に観ていますので、
どうしても宝塚の殺陣については物足りなさを覚えてしまうのですが、
殺陣にダンスを組み合わせるやり方は好きで、評価もしています。
今回も、最後に華々しいシーンをもうちょっと付け加えてほしかったなぁと思いました。


最後に、特筆しておきたいのが加納惣三郎役の望海風斗さん。
歌やダンスが非常にお上手でびっくりしました。
元からお上手な方でしたが、組換えを経て、更に磨きがかかったのでは??
色気むんむんで素敵でしたヽ(o・ω・o)ノ



公演前に買ったもの。
公演のパンフレットと、お土産用のチョコレート。
02duka.jpg
パンフレットは、他の舞台で馴れていると(大体2000円強ぐらい)
ヅカの1000円という金額がむちゃくちゃ安く感じられます。
自社で作っているところはそういう点で強いのが有難いです。


後で、東京公演での舞台写真も買いに行く予定です!!


歌劇 2016年 04 月号 [雑誌]白井鐵造と宝塚歌劇: 「レビューの王様」の人と作品波瀾爆笑!?我が人生 2 (タカラヅカMOOK)波瀾爆笑!?我が人生 2 (タカラヅカMOOK)宝塚Stage Album 2015年 (タカラヅカMOOK)宝塚歌劇パンフレットセット (パンフレット古書セット)宝塚歌劇100周年 ファンも知らない!? タカラジェンヌのすべて




2016-04-20 20:59  nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です