So-net無料ブログ作成
検索選択

感想&プレイ日記「戦国無双4-II」その31:DLC夢幻の章「有岡城推理戦」*ネタバレあり [戦国無双4-II:プレイ日記]

ゲーム「戦国無双4-II」の感想とプレイ日記を綴っています。
今回は、DLCとして新たに追加された
夢幻の章のシナリオ「有岡城推理戦」についてです。


以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
【その30:DLC夢幻の章「色男名誉挽回戦」*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-25-6

プレイ日記&感想記事のURLは一覧ページでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/sengoku4_2


私は佐和山主従(石田三成+島左近)推しですヽ(o・ω・o)ノ


————

戦国無双4-2では
半兵衛にこれといった出番が無かったので、
(出陣できるシナリオは勿論ありますが)
有料とはいえ
彼メインのシナリオの登場がまず嬉しかったですヽ(o・ω・o)ノ

半兵衛が自称名探偵となってパートナー
(羽柴秀吉・加藤清正・藤堂高虎)を引きずり回し、
黒田官兵衛失踪の謎を解いていくという内容でした。
半兵衛を担当されている声優・庄司宇芽香さんの声質もあって、
ちょっとかわいいコナンみたいです。
また、戦闘前後のイベントが
テレビ番組の前フリ(アバン)+次回予告になっていて、
凝ってるなと思いました。
何より、半兵衛がノリノリで楽しそうなのが良いです。



半兵衛とパートナーが
味方の織田軍の武将(明智光秀や松永久秀)や
敵武将(雑賀孫市)に一人一人話を聞きに行く形で、
お話は進んでいきます。
「実はこうで……でも真の黒幕はこの人で……」という感じで
真相が明らかになり、
官兵衛も無事救出されてめでたしめでたしとなるのですが、
他のシナリオの一部のぶっ飛び具合が半端ないので、
インパクトはちょっと薄いかもしれません。
とはいえ、キャラクターの言動や性格がまともな
ごく普通の外伝シナリオであるという点は、
良い特徴でもあると思います。

勿論、半兵衛と官兵衛の絆の深さも伺えます。
「でも、半兵衛はこう言っていても
そう遠くないうちに逝っちゃうんだよなー」とか考えると、
余計にせつないです。



一週目のパートナーは秀吉で、
二週目では清正を選択しましたが、
お話の流れは変わらず、
一つ目の真相の中心人物がその人に替わるだけでした。
パートナーによって後半の謎解きが全然違っていたら
もう最高なんですけれども、
それを望むのはやはり贅沢でしょうか。


続きの感想とプレイ日記はこちら。
その32:DLC夢幻の章「偽史・本能寺の変」*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-26-1

宜しければ、合わせてご覧ください。



戦国無双4-II コンプリートガイド 上戦国無双4-II (初回封入特典(井伊直虎 “アイドル風戦国無双4 (通常版)戦国無双 Chronicle 3戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version戦国無双 Chronicle 2nd




2015-02-26 11:09  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。