So-net無料ブログ作成
検索選択

感想&プレイ日記「戦国無双4-II」その11:好敵手の章*ネタバレあり [戦国無双4-II:プレイ日記]

ゲーム「戦国無双4-II」の感想とプレイ日記を綴っています。
今回は、無双演武の好敵手の章についてです。


以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
【その10:主従の章(伊達政宗+片倉小十郎)*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-16

プレイ日記&感想記事のURLは一覧ページでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/sengoku4_2


私は佐和山主従(石田三成+島左近)推しですヽ(o・ω・o)ノ


————

いよいよ無双演武も残り少なくなってきました。
今回は、九州勢メインの好敵手の章を遊びました。
・【岩屋城・立花山城の戦い】
メイン:島津豊久/パートナー:島津義弘

・【九州征伐】
メイン:島津豊久/パートナー:島津義弘

・【小田原征伐】
メイン:島津豊久/パートナー:島津義弘

・【杭瀬川の戦い】
メイン:島津豊久/パートナー:島津義弘

・【関ヶ原の戦い】
メイン:島津豊久/パートナー:小少将

本当は最後まで叔父・甥コンビで通したかったのですが、
最終戦の関ヶ原は島津義弘を選べなかったので、
このようにしました。
立花ギン千代でなく、小少将にしたのは、
まだ一度も使ったことがない彼女がレベル1だったからです。
前作のメイド衣裳を買っているのを忘れており、
「うぉぉぉおお! ナイスだ、過去の私!!!」と
滾ったものの、
レベル1の彼女を関ヶ原に出す勇気はありませんでした。



島津豊久と井伊直政の好敵手認定の件について、
以前、どこかの章で見た時は、
拙プレイ日記でも書きました通り、
随分と唐突だなと思いました。
でも今回、
島津義弘と高橋紹運の戦いに触発されて〜という
設定を見た後では、
「うん、まぁ……これなら……」と思えました。
でも当初は、好敵手の間柄というより、
豊久が直政を御主人様として
一方的にロックオンしたような感じだった気がします。
微笑ましさを感じられたと同時に、
ちょっと苦笑せざるを得ないようなビミョーな印象でしたが、
さすがに関ヶ原ともなると違いましたね。

ただ、EDムービーについては、
前作の戦国無双4の方が
格段に感動的で泣ける仕上がりだったと思います。
今回は清々し過ぎました。



個人的には、
豊久があの立花宗茂に好敵手の件を持ちかけていた件で
笑ってしまいました。
その時の宗茂のあしらい方が大人だったので、
「さすがイケメン様www」と彼に惚れ直しました。

あと、今回は、
もしかして“杭瀬川の戦い”が無いのかな?と思っていたので、
凄く凄く嬉しかったです!
ご存知の通り、この戦いは島左近がメインなので!!!
後で佐和山主従で遊ぶのが楽しみです!


続きの感想とプレイ日記はこちら。
その12:賢人の章*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-18

宜しければ、合わせてご覧ください。




戦国無双4-II コンプリートガイド 上戦国無双4-II (初回封入特典(井伊直虎 “アイドル風戦国無双4 (通常版)戦国無双 Chronicle 3戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version戦国無双 Chronicle 2nd




2015-02-17 18:23  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です