So-net無料ブログ作成
検索選択

感想&プレイ日記「戦国無双4-II」その6:忠節の章*ネタバレあり [戦国無双4-II:プレイ日記]

ゲーム「戦国無双4-II」の感想とプレイ日記を綴っています。
今回は、無双演武の忠節の章についてです。


以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
【その5:反逆の章(松永久秀+柳生宗矩)*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-13-1

プレイ日記&感想記事のURLは一覧ページでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/sengoku4_2


私は佐和山主従(石田三成+島左近)推しですヽ(o・ω・o)ノ


————

今回は、
理想の章を終えたことで新たに遊べるようになった忠節の章を
プレイしました。
待望の藤堂高虎+大谷吉継の話です!
・【小谷城の戦い】
メイン:藤堂高虎/パートナー:大谷吉継

・【長篠の戦い】
メイン:藤堂高虎/パートナー:お市

・【賤ヶ岳の戦い】
メイン:藤堂高虎/パートナー:大谷吉継

・【九州征伐】
メイン:藤堂高虎/パートナー:大谷吉継

・【関ヶ原の戦い】
メイン:藤堂高虎/パートナー:加藤清正

理想の章のプレイ日記にて
吉継さんと高虎の話をもっと見たかったと書きましたが、
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-11-1
「そうだった、この忠節の章があったんだ」と
思い出しました。
この戦国無双4-2の完成発表会に行かせてもらった時から
楽しみにしていたのに、
すっかり忘れていました(´ω`;)
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-01-08



満を持してというか、
早々に好物に手を出してしまうことを
ちょっと勿体無いなぁと思いながら遊び始めたこの章。
前作の戦国無双4では、
高虎が悲痛な叫び声をあげて吉継さんを介錯しようとするシーンがあり、
私も涙なくては見られなかったので、
今回はどんなふうに感動できるのかと期待したのですが……
まず最初に思ったのは、
「遊ぶ順番は大事だな」ということでした。

私は佐和山主従が大好きなので、
最初に理想の章を遊んだ時は、本当に感動したんです。
もし、この忠節の章もそう遊べたなら、
期待した通りにもっともっと感動できたのかもしれません。
勿論、忠節の章の解放条件が理想の章のクリアですので
実質的にまず無理なことだとは分かっていますが、
それでもこう言いたくなりました。

というのもですね……
ここまでのプレイで強く実感するようになった通り、
この戦国無双4-2は使い回しが多いんです。
忠節の章も例外ではありませんでした。
最初の小谷城シナリオは、前作4からの使い回し。
長篠と九州征伐は4-2の他の章でのそれらと同じ。
関ヶ原は、辛うじて最後だけ違いましたが、
それに至るまでは新星の章のそれと同じ流れでした。
唯一違っていたのは、
高虎とお市の描写を強く出した賤ヶ岳のみでした。

私は、4から強化された高虎とお市のビミョーな関係
(ねねと子飼いのようなベタベタな疑似親子にならず、
また、恋愛にも絶対に発展しないところ)が
とても好きです。
なので、今回のお話でそれが重点的に描かれたのも
とても嬉しかったですし、ありがたかったのですが、
それと同じくらい、
吉継さんとの交流もゲーム上で描いてほしかったんです。
彼とのことは、イベントムービーこそちゃんとありましたが、
肝心の関ヶ原があれで終わりであることにがっかりしました。
賤ヶ岳なみに、独自のストーリーで遊びたかったです。

そして上記のことに戻るのですが、
もし忠節の章を最初に遊べていたなら、
使い回しの連続でもう飽きつつあるシナリオを
新鮮味を感じながら遊べますので、
最後の関ヶ原も普通に楽しめたのかなぁと思えてなりません。
尤も、そうなったらそうなったで、その時は、
理想の章に感動できなくなるジレンマがありますので、
何だかなぁと思ってしまいます。

あ、でも、関ヶ原にて高虎で島左近を倒しに行くと、
高虎が左近に辛辣な嫌みを言い、
左近が苦笑しながらそれを認める会話を聞けるので、
そこだけ左近に萌えました。
左近は本当に殿(石田三成)が好きなんだなと。



この戦国無双4-2では、
個々の武将にスポットライトを当てたということで、
ごく一部の武将だけが優遇され、取り上げられています、
この高虎に関しては、私はかなり物足りないと思いました。
お市との描写が良かっただけに、
こう感想を綴るのが悔しいです。

うん……お市と高虎の話は、本当に良かったんです。
高虎を叱咤するお市も素晴らしかったですし、
浅井長政とお市の示した道を進む高虎も素敵でしたので。



使い回しの多さに嫌気を覚えた今になってみると、
去年発売された戦国無双Chronicle3は、
とんでもない設定や珍妙なシナリオが賛否両論だったものの、
「戦国無双で新しい話を作ろう」
「新しい歴史を作ろう」という点で非常に積極的でしたので、
スタッフさんのやる気はちゃんと見えていました。
結局、戦国無双4-2では、
納期の短さや人員不足が全ての原因になっているのでしょうが、
使い回しの多さからは、
スタッフさんが「もうこれでいいや」と思ったであろう手抜き感を
激しく感じてしまい、
遊んでいて萎えることが多いです。
選べるキャラクターが違うだけという状態ですと、
フリーシナリオ(模擬演武)とほぼ変わりが無いですし、
何より、やらされているという作業感が強くなるので、
疲れます。
ゲームとは楽しく遊ぶためのものであるはずなのに、
全然楽しくありません。
複数の章で使い回しをしているシナリオは、
ミッションをまるっと変えるだけでも印象が違ったはずなので、
そうしてほしかったです。

この章に寄せた期待が大きかっただけに、
もう本当に残念でたまりません。


続きの感想とプレイ日記はこちら。
その7:絆の章*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-14-1

宜しければ、合わせてご覧ください。



戦国無双4-II コンプリートガイド 上戦国無双4-II (初回封入特典(井伊直虎 “アイドル風戦国無双4 (通常版)戦国無双 Chronicle 3戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version戦国無双 Chronicle 2nd




2015-02-14 09:30  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。