So-net無料ブログ作成
検索選択

感想&プレイ日記「戦国無双4-II」その4:情愛の章*ネタバレあり [戦国無双4-II:プレイ日記]

テストゲーム「戦国無双4-II」の感想とプレイ日記を綴っています。
今回は、無双演武の情愛の章についてです。


以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の感想はこちら。
【その3:新星の章(井伊直政+本多忠勝)*ネタバレあり】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-12-1

プレイ日記&感想記事のURLは一覧ページでまとめています。
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/sengoku4_2


私は佐和山主従(石田三成+島左近)推しですヽ(o・ω・o)ノ


————

昨晩遅くのこと。
「お風呂も入ったし、
寝る前にちょっとだけ進めておこうかな」と
軽い気持ちで手を付けた情愛の章。
他と比べてオリジナル要素が強く、
お話の先がどうなるのかが分からないせいで、
ぐいぐい引き込まれた結果、
一気に最後まで遊んでしまいました。
途中で切り上げることなんて無理でした。

まさかこの章で泣かされるとは思いませんでした。

・【松永久秀の乱】
メイン:小少将/パートナー:雑賀孫市

・【伊予侵攻】
メイン:小少将/パートナー:雑賀孫市

・【本能寺の変】
メイン:小少将/パートナー:ガラシャ

・【引田の戦い】
メイン:小少将/パートナー:ガラシャ

・【ガラシャ救出戦】
メイン:小少将/パートナー:ガラシャ

この章は小少将と雑賀孫市の話だということで、
組み合わせを彼ら二人に固定するつもりだったのですが、
第三話から孫市を選べなくなってしまったのを受けて、
代わりにガラシャを投入しました。
この時点で、もう最後に繋がっていたんですね(うωと)



まず最初に、遊び終えた直後のツイートを転載します(@sa9raribbon)


小少将と孫市が別行動を取る“本能寺の変”はともかく、
その後の“引田の戦い”と“ガラシャ救出戦”では
どうして彼をプレイヤーとして選べないんだろうと
不思議に思っていました。
話を作る重要人物であるにもかかわらず、
何故か彼が選択肢として登場しなかったんです。
ただ、話の流れでいうと、この辺から
小少将の中でガラシャの存在がとても大きくなっていて、
その無邪気さ、強さ、何気ない優しさに
彼女が救われている様子が
強調される描き方になっていましたので、
ガラシャに重きを置きたいからなのかな?と思っていました。
本能寺の変を機に、
孫市に対する小少将の復讐心
(彼を不幸にしたいとの思い)も
すっかり消えていたみたいですし。

なので……
最後のEDムービーで孫市の姿がぱっと弾けて消えた瞬間、
「あああ……!」と声が出ました。
これで上記の疑問の答えを得られましたので、
納得もできましたけれど、
悲しくてたまりませんでした。
孫市は、本能寺の変で死んでいたんですね。
小少将を助けに行こうとした際に受けた襲撃で。

私は普段から、
不幸ネタ・死にネタといった暗い話を特に好んでいます。
こういう展開に多大な萌えを感じるのですが、
孫市には生きていてほしかったなぁ。
孫市の言動があってこそ、
ガラシャが唯一の例外となったのは明確なので、
彼ら二人でガラシャを見守る様をもっともっと見たかったです。
良いお話でしたし、感動もしましたけれど、辛い……。

(追記)
この情愛の章をやり直してみて気付いたこと。
小少将に一人ぼっちだと言われたガラシャが、
彼女や元親の名を挙げているのに、
孫市の名だけ出さなかったり、
最終戦の最後、小少将が
「あの人も見ててくれたかしら」みたいな言葉を発していて、
今考えてみると、これって孫市のことだよねと分かったり……と、
せつなかったです。



ところで、史実の小少将は、
長宗我部元親との繋がりが強いとされていますので、
終えた時に「あれ? 元親は?」とも思いました。
天下の女好きと天下の魔性の女の組み合わせは
とっても良いと思いますし、
元親には明智光秀がいますので、
これで丸く収まるのかもしれませんが、
疑問は残ります。



ガラシャ救出戦は、
戦国無双での殿(石田三成)には珍しい悪人設定なので、
いつも違う意味で楽しんでいます。
史実を元にした設定ですし、
このシリーズで殿が悪く描かれることはあまり無いので、
「嬉しい」というと語弊があるかもしれませんが、
殿の別の一面を見られるのがありがたいです。
ここで、左近が小少将に誘惑されているのも良かったww
できれば殿の前でそうされてほしかったです。
目撃してしまった殿の反応を見たいww



転載したツイートにも書きましたが、
孫市も小少将も、技能獲得の恩恵で
初っ端から経験値をがんがん溜めることができましたので、
操作がとても楽でした。
戦国無双4の時も思いましたが、
本当に孫市は強くなりましたね!
まるで別人みたい。
小少将については、
独特の動きのせいでプレイ中に酔うことがあり、
苦手としているキャラクターなのですが、
今回は台詞や話の展開を追うのに必死だったからか、
それを味わわずに済んで助かりました。



普段は別キャラ・別の組み合わせで二周目を遊んでから、
このプレイ日記を綴っているのですが、
今回は我慢できずに早朝から書いてしまいました。
(起きてからすぐ、朝食も取らずに書いていますw)
これから二周目を遊んで、
また孫市と小少将に泣かされてきます!


続きの感想とプレイ日記はこちら。
その5:反逆の章(松永久秀+柳生宗矩)*ネタバレあり
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2015-02-13-1

宜しければ、合わせてご覧ください。



戦国無双4-II コンプリートガイド 上戦国無双4-II (初回封入特典(井伊直虎 “アイドル風戦国無双4 (通常版)戦国無双 Chronicle 3戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version戦国無双 Chronicle 2nd




2015-02-13 08:09  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です