So-net無料ブログ作成
検索選択

プレイ感想:ゲーム「戦国無双4」*ネタバレあり [戦国無双]

PS3ゲーム「戦国無双4」のやり込みを終えましたので、
全体的な感想(総括)を記します。

戦国無双4 (通常版)

戦国無双4 (通常版)


以下の記述にはネタバレを含みます。


感想の詳細をご覧になるには、こちらの一覧ページから飛んで下さい。
【感想&プレイ日記一覧「戦国無双4」】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/sengoku4


————

まず、体験会の試遊でも驚かされたのですが
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-02-16
戦闘で爽快感を味わえるのがとにかく楽しいです!!
前作の戦国無双3が嘘のようで、
敵兵がたくさん出てくるだけでなく、
新アクションの神速攻撃が気持ち良いので、
雑魚との戦闘も飽きません。

参戦武将数が増えましたが、
戦国無双Chronicleのシステムを生かしたキャラクターの切り替えが
見事にハマっていたと思います。
忙しいですが、その忙しさが楽しい!!

また、過去の記事でも何度か書きましたが、
真・三國無双7や無双OROCHI2 Ultimateでも搭載された
自動馬乗りのお陰で、
終始、ストレス無く遊ぶことができました。
これは本当に嬉しかったです。



また、今回は史実を重視したシナリオが多く、
全体的に硬派な印象を受けました。
そのせいか、有料ではありましたが、
DLC配信の追加シナリオの内容はくだけたものばかりで、
落差を楽しむこともできました。
今回は勢力別にシナリオが用意されていたことで、
武将別にそれが用意されていた前回と比べると、
さすがに少ないと感じてしまいますが、
誰を出撃させるかで会話の一部が変わることから、
実際のプレイでは気になりませんでした。
特に関ヶ原の戦い(西軍)では、
出撃キャラクターの組み合わせに制限があった分、
それぞれのルートのお話が違っていて、大変良かったです。



私の最も好きなキャラクターは、
上記の通り、石田三成なのですが、
この戦国無双4で最も良かったと思えるのは、島津豊久です。
島津の章での成長振りが目覚ましいだけに、
関ヶ原の戦いでの最期は、悲しくて悲しくて泣きました。
また、お兄ちゃん(真田信之)も大変良くて、素敵で、
私も大好きなキャラクターなのですが、
あれだけ「幸村、幸村」と、
弟へのブラコンをこじらせていた信之が幸村と戦う道を選ぶのは、
史実重視の展開とはいえ不自然さを感じてしまいました。
兄弟の愛が重く、美しいからこそ、
最後の戦いがより印象的に映えるのでしょうが、
そのように描かれれば描かれるほど、
信之さんが取る選択に違和感を覚えるような気がします。



さて、とても楽しく快適に遊べたこちらのソフトにも、
不満を覚えた点はありました。
それは、DLCの追加衣装配信が
一部のキャラクターのみだった点です。
私は真・三國無双シリーズも遊んでおり、
特に三國6の学生服シリーズと三國7の職業シリーズは
嬉々として買っていましたので、
戦国無双4で全員分の追加衣装が無いというのが
今でも不思議でなりません。
同じ無双シリーズでも全然違うというのは分かりますが、
良い点は進んで真似をしてもいいのではないかと思います。
今からでも遅くないので、武器のように、
全員分の追加衣装の配信を心から望みます。



シリーズのファンという猛者なプレイヤーさんも、
「まだ戦国無双を遊んだことがない」というご新規さんも楽しめる
良ソフトだと思います。
お勧めです!



戦国無双4 (通常版)戦国無双4戦国無双4 公式設定資料集戦国無双 10th Anniversary キャラクター全集戦国無双~武士たちの関ヶ原~ (月刊マガジンコミックス)戦国無双4 キャラクターズ真書 西日本編戦国無双4  (通常版)(初回特典 真田幸村「戦国無双」衣装 ダウンロードシリアル同梱)予約特典「戦国無双4」オリジナル マイクロファイバータオル付



2014-06-16 14:26  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。