So-net無料ブログ作成
検索選択

感想&プレイ日記「戦国無双4」その6:無双演武(徳川の章)*ネタバレあり [戦国無双4:プレイ日記]

ゲーム「戦国無双4」の感想とプレイ日記を綴っています。

今回は、無双演武の徳川の章を遊んだ件です。
(桶狭間の戦い/掛川城の戦い/姉川の戦い/三方ヶ原の戦い)


以下の記述にはネタバレを含みます。

前回の記事はこちら。
【その5:無双演武(近畿の章)*ネタバレあり】
観音寺城の戦い/金ヶ崎追撃戦/姉川の戦い/小谷城の戦い
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-03-29-4

感想&プレイ日記の記事は、一覧ページにてURLをまとめています。
【感想&プレイ日記一覧「戦国無双4」】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/sengoku4


私は佐和山主従(石田三成+島左近)推しですヽ(o・ω・o)ノ


————

今回は徳川の章です。
前回遊んだ近畿の章での藤堂高虎の奮戦振りを見たら、
無性に徳川家康で遊びたくなりました。
・【桶狭間の戦い】
メイン:徳川家康/パートナー:本多忠勝

・【掛川城の戦い】
メイン:井伊直虎/パートナー:服部半蔵

・【姉川の戦い】
メイン:本多忠勝/パートナー:稲姫

・【三方ヶ原の戦い】
メイン:本多忠勝/パートナー:稲姫


家康が最終的な覇者となって天下を取る様は
天下統一の章の「関ヶ原の戦い(東軍)」及び
最終戦「大坂の陣」で見ていますので、
この徳川の章の結末はどうなるのかと興味を持っていました。
なので、彼が大敗を喫する三方ヶ原シナリオで終わることには
なるほどねーと思いました。
史実の通り、家康は三方ヶ原で多くの家臣を亡くしたことで、
修羅となる決意をより固めたようだからです。

数人の忠臣が自ら進んで家康の影武者となり、
必死に囮を務めるところは、
ここでそうなるとは分かっていたものの、
じん……とくるものがありました。



目先の情や利に流されず、
戦乱の世全体を見て動くということは
本当に難しく、辛いことだと思います。
実際、他の作品でもこの戦国無双シリーズでも、
情に流されてしまうキャラクターの数は多いですし、
人気度も圧倒的に高い気がします。
外国人の方の物の考え方についてはよく分かりませんが、
日本人は情に厚い人を好む傾向にありますので、
これはこれで正しいことなんでしょう。
情をとても大事にする
(他人を捨てきれない)キャラクターは、
私の目にも非常に魅力的に映っています。

でも戦国無双シリーズの家康は、一人、
広い視野で物事を見る目を持っています。
今回の戦国無双4では、
主家の今川家没落を機に彼がそういう目を持とうと決意し、
実際に身に付けていく(=修羅となる)過程が描かれました。
家康のみではとっくに挫折していたかもしれない厳しい道でも、
全てを理解してくれる忠臣たちによって励まされることで、
彼が一歩一歩着実に歩み進んでいく様は、とても良かったです。
「家康様でないと駄目」と言って彼を励ました井伊直虎が、
家康自身より広い視野を持っているのも印象的でした。
ここの家信団はいつも熱く真直ぐですが、
稲姫よりもややお姉さんっぽい(?)直虎ちゃんが加わったことで、
軍全体の生真面目さに拍車が掛かり、
御殿の大望成就の為に頑張るという必死さが
更に強調されたような気がします。



直虎と稲姫は、イベントムービーの会話が好きでした。
あのオチは、稲姫にはちょっと可哀相でしたが、
この後で彼女が真田のお兄ちゃん(信之)と結ばれることを踏まえると、
こういう前振りがあるのも良いと思います。



続きます!
【その7:無双演武(関東の章)*ネタバレあり】
関東防衛戦/遠江防衛戦/駿河防衛戦/三増峠の戦い/忍城の戦い
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2014-03-30



戦国無双4 (通常版) (初回特典 真田幸村「戦国無双」衣装 ダウンロードシリアル同梱)予約特典「戦国無双4」オリジナル マイクロファイバータオル付戦国無双 10th Anniversary キャラクター全集戦国無双3 Z(通常版)戦国無双3 Z・猛将伝 公式設定資料集コミック 無双OROCHI2 スペシャルコマンダー (KOEI GAME COMICS)戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version戦国無双4  (通常版)(初回特典 真田幸村「戦国無双」衣装 ダウンロードシリアル同梱)予約特典「戦国無双4」オリジナル マイクロファイバータオル付





2014-03-30 00:05  nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。