So-net無料ブログ作成

感想:ドラマ「ライアーゲーム シーズン1」第9〜10話*ネタバレあり [テレビドラマ感想]

連続ドラマ「ライアーゲーム」シーズン1の感想です。
昨年末(2009年)の再放送で視聴しました。
今回は
第9話「密輸ゲーム!! 謎の強敵が新たに出現
勝てるか!? ナオ・秋山新たな闘いが始まる」と
第10話「狂乱の展開!!ヨコヤの正体に愕然、怒号の秋山!!
大号泣のナオ!!息もつかせぬ大波乱」です。

ライアーゲーム DVD BOX

ライアーゲーム DVD BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

以下の記述にはネタバレを含みます。
私はこのシーズン1の総集編と
セカンドシーズンのドラマを最後まで視聴済みです。
(第2期の感想記事は[こちら]でまとめています)


前回の感想はこちら。
第7〜8話

各回の感想記事のURLは、他作品と合わせて
こちらの一覧記事(インデックス)まとめています。
テレビドラマ感想一覧:再放送 視聴

────

今回から三回戦です。
母親をマルチに殺された秋山にとっての仇敵・ヨコヤが
登場しました。

見ていて思ったのですが、
ゲームとしての面白さは弱冠省かれていて
(確かに面白いのですが、
これまでのゲームより意外性などが落ちる)
その分、
対決する秋山とヨコヤの心情がメインに描かれたと思います。
ここでの不足分を補う為に、
シーズン2の準決勝では
ゴールドラッシュゲームと題して
このゲームが再び行なわれたのかもしれません。



ちびきのこ……もとい、大野の策は駄目駄目でしたね。
いかにも「裏切ってま〜す」と言ってるようなものでした。
冷静に場の状況を観察していた秋山は、さすがだったなぁ。
女性プレイヤーに「一万円多く」というメモを渡した際に
大野には見せなかったのも
上手いなぁと思いました。
そして、最初は偉そうにしていたキノコが
あっさりとプライドを捨てて
ちびきのこに従っていたシーンは
何度見ても笑ってしまいます。
いいなぁ。
大好きです、キノコ。



その後の「ヨコヤァァァァァァ」から始まる
秋山の演技ですが、
最初の憤慨ぐらいは本気だったんじゃないかなぁと思います。
でも、最初に見た時は
秋山に対して本気で「おいおいおいおいおい」と
心配になりましたww
これが秋山の策だと分かっていると
「あ、始まった」と思うだけで終わりますが
これ、初見の時は多くの人が騙されたのではないでしょうか。
直の涙も良い感じで効いていました。
床に座るやさぐれ秋山は格好良いと思えるので
あそこを見る度に、私はドキドキしてしまいますww







────

感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


続きの感想も書きました。
第11話(最終回)

宜しければ、合わせてどうぞ。


2010-01-31 22:55  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です