So-net無料ブログ作成

感想@アニメ「テガミバチ」第16話:音楽家へのファンレター*ネタバレあり [アニメ感想]

アニメ「テガミバチ」の感想です。
今回は第16話「音楽家へのファンレター」です。
ネタバレがあります。
原作の漫画は未読です。


前回の感想はこちら。
第15話「愛の逃避行」

各回の感想記事のURLは、他作品も合わせて
こちらの一覧ページにてまとめています。
アニメ感想一覧:2009年10月〜2010年3月


────

前回に引き続き、今回もアニメオリジナル話のようです。
私は原作の漫画を読んでませんので、
オリジナルであるか否かに対してこだわりがなく、
面白ければどちらでも良いという考えを持っていますが、
以前もそうだったように
オリジナルとなった途端に
お話がこじんまりとまとまってしまうのが残念です。
その回だけできれいに終わらせなければならないのを
制作側が強く意識し過ぎているのでしょうか。
確かに、お話に起承転結はありますし、
作中で出てきた問題も解決しますけれど、
どこかで見聞きした事がある手垢のついた展開だったり、
早々にお話のオチが予想できる安易な内容だったり……と、
いまいち、面白味を感じられません。

今回も、ピアニストに迫る男性が
一見、格好良いけれど、実はちゃらんぽらんで、
ピアニストの傍にいる酔いどれマネージャーが
実は音楽に対して真摯でいる……事から、
最後には、この美人ピアニストは後者と結ばれるんだろうなとは
すぐに分かりました。
前者の男性の猛烈な恋心が、実は演技で
(そのうち本気になった?)というのには
意外性も持てましたが、
それまでの描写で、そのような事を描くシーンが一切無かったので、
視聴者に対してアンフェアであり、
制作者側もおまけとして付けた話である事を
自ら明かしたようになっていました。



そして、以前のお話でも問題になっていましたが、
テガミバチは郵便を運ぶ人で、
手紙の内容や、そこから派生する話に首をつっこんじゃいけないと、
私は思っています。
今回は大団円で終わったので良かったですが、
いつもそうとは限りませんよね。
オリジナルだからこそ、
制作側は、手紙に宿る人の想いに注目して
このような話にしたのかもしれません。
でも、逆に私は、オリジナルだからこそ、
ラグが“手紙の配達人”以上の事をするお話に
してほしくないと思いました。





────
感想は以上です。
ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
にほんブログ村

続きの感想も書きました。
第17話「テガミバチとディンゴ」

宜しければ、合わせてどうぞ


2010-01-30 23:47  nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 2

鬼平

こんにちは。
僕はアニメオリジナルストーリーはいまいち好きになれませんが、やっと次週はアニメオリジナルストーリーではないのがやります。
by 鬼平 (2010-01-29 19:45) 

さくら

■鬼平様
こんにちは。コメントありがとうございました。
by さくら (2010-02-11 10:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です