So-net無料ブログ作成

感想@BLCD「三百年の恋の果て」*ネタバレあり [BLCD感想]

BLCD「三百年の恋の果て」の感想です。

1.jpg

キャストは
・秀誠:小西克幸さん
・紺:神谷浩史さん
・祥真:三木眞一郎さん
・緋耀:平川大輔さん   です。

原作の小説は未読です。
以下の記事にはネタバレがあります。


BLCDの感想記事のURLは、他作品も含めて
こちらの一覧ページでまとめています。
BLCD感想一覧


────

BL作品についての私の嗜好をまとめてあります。
個人的嗜好のせいで、感想=正しい評価とならない時もありますので
その目安にして下さい。
【初めにお読み下さい*BLCD感想について】
http://himezakura.blog.so-net.ne.jp/2009-04-08-2



主要カップルが二組……という事で、
狭い世界の中でゲイカップルが乱立する世界を苦手とする私には
聞いていてちょっと辛い話でした。
一枚目のメインカプ(秀誠×紺)の時は
「多分そうだよなぁ」と思えても、まだ平気だったのですが
実際に二枚目(祥真×緋耀)が始まってからは
「やっぱりあなた達もそうなのね」と、食傷気味になりました。
これは、BLの世界ではごくごく自然な事らしいので
私が文句をつけるのは筋違いですし、
そもそも、それが嫌なら聞かなければいいのですが……
誰も彼もが男同士でカップルにならなくても良いと思うんですが
そういうわけにはいかないんでしょうね。お商売的に。
主要人数が少ないからこそ
敢えて主人公たち以外をカップリングにしない、または、
そこはかとなく関係を臭わせる程度で終わらせて
主要カップルにより焦点を当てさせる方法も良いと思うので、
たまにはそういうお話も読んでみたいのですが
……BLの世界で男が四人いたら、普通、
二組のカップルか、一対三のハーレム状態になりますよね orz



最初の秀誠×紺については、
私が、紺役の神谷さんの癖が合わないらしく
(この方が少年役をなさる時はほぼ間違いなくそう感じる)
大人が少年役を演じる時に出てしまう特有のわざとらしさを
今回も強く感じてしまったので
彼が秀誠に甘えるシーンはちょっと苦手でした。
でも私は、秀誠役の小西さんのお声が好きなので、
それで誤魔化されて聞けた部分もありました。

紺の、永く待ち過ぎたせいで
愛情が恨み辛みに変わってしまったのも、
偉大な祖先と否応無しに比べられる秀誠の苦悩も
よく伝わってきたので
上記の点が気になった以外は面白く聞けました。
紺が封じられていた真相や、
実は秀誠に復讐をする為だったという顛末は
妖怪ものとしては王道すぎる展開ですが
BLとしてはあまりないと思うので、良かったと思います。



祥真×緋耀については、
上記の通り「またか」と呆れながら聞いていたのもあって
(それと、聞いてからこれを書くまでに一ヶ月ぐらい間があったので)
内容をあまり覚えてません。
すみません。
でも、緋耀の思考がちょっと女々しくて苦手だったのは覚えています。
緋耀は人ならざるものなので
人より感情の起伏が激しいのは当然ですが、
情念の強い女性みたいだなと感じられました。



絡みについては、二組とも普通だったと思います。
収録時間の割にはちょっと短いので、
期待していた人には物足りなさを覚えるかもしれませんが、
最近のBLCDの平均が低い(エロ度が薄めで時間が短い)ので、
これで普通なのかもしれません。

四人ともがっつり台詞がある役なので
ファンの方なら買っても良いとは思います……が
こちらは二枚組でお高いので、
好きな声優さんがお二人以上ならお勧めすると致します。





────
ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらバナーを押してやって下さい。
*別窓でランキングサイトが開きます
にほんブログ村


2009-09-07 11:02  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
記事の追加情報を
告知用Twitterでもお知らせ中です